13:50  110番通報。

午前中から当社駐車場に停まっている車が2台。休日出勤の社員がいるのかと思いつつ昼食
済ませて会社に戻ってみると、2台ともまだ停まっているにも関わらず、会社には誰もおらず。
そこで通報に至りました。
逐一の通報は面倒です。特に敷地に入り込んでしまった車は、警察といえど民事なので
レッカーしてくれません。持ち主照会でおしまいです。でも近隣住民の車なら、警察官の警告
だけでも充分なプレッシャーになります。そこでこうして発見次第通報しております。
とりわけ今回の車のようにスモークのガラスで内装もいかつい車は、用心。直接注意すると
逆切れを起されるので、常に警察に立ち会ってもらいます。
c0032392_1448834.jpg
待っている間に設計部の社員が1名、出社。

14:00  警察官到着。

今回は、ひとり、徒歩で来られました。
ミニパトのときもあればチャリのときも。
早速スピーカーで車ナンバーを読み上げ、警告してもらいました。が、反応なし。

待つこと30分。フラフラと現れた20代の軽そうな兄さんたちは、裏のマンションに友人を訪ねて
来ていたそうです。
このマンションは、駐車場不足が甚だしいようで、住民すらもよく当社敷地内に無断で駐車
します。その都度注意していましたが、きりがないので先回、マンションの管理組合に文書で
申し入れ、看板に書かれている通り次回からは無断駐車の罰金を徴収する旨、警告しておき
ました。

なので今回はこのマンションではなかろう、と踏んでたら、見事、裏切られました。
連休明けにマンション管理組合側と交渉することになります。
 
[PR]
午前 総務担当執行役員。
午後 札幌幌南ロータリークラブ例会。講話は「うつ病について」。
    しもでメンタルクリニックの下出道弘院長のお話です。
    以前、中小企業家同友会でも心療内科の先生を講師に招いてお話を聴いたことが
    あります。どちらも経営者向けの話なので、社員がうつになったら、という視点に注目が
    集まりがちです。今回の先生のお話は、うつの概要に重点が置かれていた感が
    あります。社員の精神衛生は当然のこと、加えて私自身の状態もどんなものか調べて
    もらいたいもの。と以前から考えてはおります。なのに一度もクリニックの門を叩かない
    のは、風邪などと違って、病院へ行かなくても日常生活がなんとか送れるので。痛いとか
    があっても、やり過ごすことも不可能ではないし。だから良くないのか。
[PR]
からだを読む 養老 孟司 / ちくま新書

養老先生にお会いする前に先生の著書を読んでおこうキャンペーンの第3弾。
バカの壁」「死の壁」と異なり、純粋に先生の本業のお話なので、専門用語
多発。でも、内臓自体が痛みを感じないのに皮膚は蚊に刺される程度でも
敏感に感じるのは、内臓は痛みを感じなければ監視できないような信頼関係
ではない、「裏切らない」ものだという前提なのではないか、という推測は
学者らしからぬ視点です。そういうおもろい考察がところどころにみつけられるのが同書の
素人的楽しみ方でしょうか。
 
[PR]
午前 地理情報担当執行役員。
お昼 ロータリーの例会帰りに松風さんに寄り道。
    昨日売り切れだった「ごまプリン」をようやく賞味♪ここのごまプリンは美味。おいしい。
    さすが。和風パフェも捨て難いが、やはりごまプリン。
    …松風さんもpippinさんもこのブログをご購読いただいているそうですが、ここまで
    褒められればコメントのひとつも書き残したくなるでしょう( ^.^)
午後 地理情報担当執行役員。総務担当執行役員。経営計画について。
    当社は12月決算です。今年度の目標まであとひと息!というところまできました。
    このひと息が時節柄大変。景気のよい時代でも北海道には冬になれば雪が降るので
    航空写真関係の発注量は自然に減る時期です。それにしてもあとひと息のところまで
    辿りつけられたとは…まずはそれだけでも今夜は感謝。残り3ヶ月で目標達成だぁ!

  はるやで食事。帰りにボーノボーノでケーキ食べようと思ったら数分の差でラストオーダー
    (泣)。気を取り直してフルーツケーキファクトリー円山店へ移動。かぼちゃのタルト♪
    おいしいのだけど、店員さんがいつもマニュアル通りの接客なのが気になります。
    当店は全席禁煙だとか、それらは言わなければならないことなのはわかります。が、
    いつも来る客としては、そんなのわかってるよ、という気分にも。店員さんが悪いとは
    申しません。逆に明るく出迎えてくれてるなぁとさえ感じます。なら店員さんに自主性を
    持たせた方がより親しみやすくなるのでは。言い方も統一されているようですが、顔を
    見て、こんなヒゲ面のおっさんがひとりでケーキ食べに来るのだから多くの店員さんは
    私の顔を覚えているはず。では「禁煙…なのはご存知ですよね?」くらいのかわいらしさ
    で接してくれれば尚、萌え、なのに。
[PR]
午前 7:30、札幌モーニングロータリークラブ例会(センチュリーロイヤルホテル)。

講演は松下電器産業の永久客員・竹山紘一さん。「松下幸之助に学ぶ経営革新」と題し、
経営者の心構えを松下幸之助翁の行き方になぞらえながらお話いただきました。
松下氏は経営の成功の秘訣を尋ねられると「素直な気持ちを持つこと」と答えたといいます。
人・モノ・金が経営の三大資源ですが、これらを松下氏は「社会からの預かり物」とし、私心を
持たずにこれらを動かすことが経営の天命と考えたそうです。また、「日に新た」をモットーに
していたと。社員が案件を出すと、「前回とどこを変えた?」と問うたそうです。この「常に変わる」
という考え方は、養老孟司先生が著書でよく触れている「ヒトが変わらないなんてことはない。
変わらないのは録音したテープなどの情報だけで、ヒトは常に変わっていく」との解剖学者として
の見解に合致しています。松下氏は、破壊から創造へは相当なエネルギーを必要とすることは
わかっていながら、それでも改革のみならず革新には破壊活動が必要と謳っています。そして
成功する人しない人の差は「成功するまでやるか」にかかっている、と。以前にもPHP総研の
社長の松下翁像の講演を聴いたことがありますが、カリスマの語録は興味深いものです。

    一旦出社。出直してさがみ屋会長「お別れの会」(後楽園ホテル)。
お昼 札幌ロータリークラブ例会(グランドホテル)。
午後 中小企業家同友会地区会の幹事会。続いて例会。

過日、同友会事務局担当者から電話がありました。
担当者「今度の例会は、幹事会での社長のご発言をもとに企画しました」
 私  「私の発言?彼女に逃げられて凹んだときの対処法を例会にするの?」
担当者「そんなわけないじゃないですか。もうひとつの方です」
確かに幹事会ではネタをふたつ振りました。もうひとつは父親が代表取締役として会社に残る
ことの弊害について。こちらが採用された模様。
そういうわけで今夜の例会テーマは「事業継承」。題して「何を伝えたいのか。何を引き継ぎたい
のか。 ~会長(親)の視点、社長(子)の視点~」。会長側は小樽の鋳物大手会社会長、
社長側は札幌で理美容院5店舗を展開する3代目がそれぞれ40分程度お話いただき、
質疑応答に移るという進行です。奇しくも「会長」は当社会長とまったくの同い年。引き継いだ
御子息も私と4つ違い。会長が毎日出勤するというのも同じで、興味深く。また「社長」は
「父の外面が家族に見せるものとまるで違う」「当時のリーダーの判断は、今では矛盾」
「採用するのは父、切るのは自分」と、共感するところ多々。殺気を覚えていないだけ私より
よい環境かと。フロア発言では後継社長から「自分は父から何も教わらなかった」という意見も。
これも同じく。帝王学とは死語なのか。株の配分を心配するフロア発言もありました。これとて
当社のように絶対多数を会長が握っているような会社は無いようで、ますます当社の弊害が
浮き彫りになりました。
最後の感想と挨拶は地区会副会長の私の出番。なのですが、議論が盛り上がっちゃって
質問の時間が押せ押せ。終了予定の20時を超えてからの登場となりました。
さんざん時間配分を考えずに質問攻めにしておきながら、私の感想時間を「端折れ」と言われ
なんだかなぁ、元々はこの企画、私の恵まれない環境からの問題提起なんだから、私にもっと
しゃべらせこそすれ、余計な、論点がずれた質問を受け過ぎたからこんなに時間が押したの
ではないか~と思いつつ、〆のあいさつと致します。一番感情的になりやすい私にあいさつ
させる人選自体がまずいのです♪

■■■

週プレサイトより借用余談。今日、立ち寄ったカフェ倫敦館に、雑誌を読みながら寝ている高齢者
(男)がいました。スーツを着こなし、つっかけを履いているところから近所で
働いている方と思われます。私も時々喫茶店で雑誌を読みながらウトウトすることがあるので気持ちはわかります。
が、ご高齢に見えるだけに、ほんとに寝ているのか?と心配にも。
さらに心配なのは、広げている雑誌。週刊プレイボーイです。グラビアを眺め
ながら逝ってしまった、というのは、男子の本懐かもしれません。
うらやましい。でもこの雑誌、記事には結構えげつないところがあります。
政治ネタに偏向が目立つので、最近はグラビアをペラペラ眺めたらおしまいにしてますが
そのほかのページでもオトナが読むには恥ずかしい記事満載の侮れない雑誌です。そんな
ページをたまたま広げたまま逝ってしまわれたとしたら…最近、最期の情景を深く考えるように
なり、最期は美しくありたいものと、そのご高齢の寝顔を見ながらつくづく思ったのでした。
[PR]
午前 設計部次長。来月1日開催の第22回農業土木新技術検討報告会で発表する
    「航空レーザー計測システムを用いた防鹿柵の設計」についての原稿説明。
    網走支庁との共同研究です。
午後 顧問税理士事務所から担当者。体制強化についての協議。
    印鑑証明交付(中央区役所)。地理情報担当執行役員から空撮の手順について。
[PR]
午前 人事異動は下記のとおり。
午後 北広島ロータリークラブ例会。会場である札幌北広島プリンスホテル内を見学させて
    もらいました。支配人の案内で、厨房から客室各タイプまで。オープンして15年経つ
    ものの、そんなに経つの?というほどきれいに使われています。リゾート型ホテルなので
    そういう点での配慮がなされているのでしょう。眺めは申し分なし。秋晴れがまた
    タイミングよく、このままぼーっと眺めていたいぃぃ~と思わせるほど。
    厨房は館内各所に散在しており、現在では婚礼が殆ど入らないとのことで、そのための
    厨房は遊休状態とのこと。客室は、ゴルフ客や学会出席者を想定しており、シングルの
    部屋数ではリゾート型らしからぬ多さを確保しているとのこと。プリンスホテル本体の経営
    がうまくいかず、西武関係の道内からの撤退が噂されるなか、このホテルが残るのは
    他のシティーホテル型とは異なる特質がものをいうのでしょう。c0032392_1815017.jpg

   散髪。食後、ボーノボーノ(南6条西24丁目)で
    かぼちゃのチーズタルト。
    先週はカエルヤ珈琲店でかぼちゃのタルトを食して以来
    季節柄かぼちゃのケーキシリーズといきたいものの
    ボーノボーノのこれを食べてしまっては、打ち止め♪
    営業時間も1時間延びてるのが嬉しい。
[PR]