2018年 06月 16日 ( 1 )

路地の子 上原 善広/新潮社
 
13年前の「被差別の食卓」、8年前の「日本の路地を旅する」に続いて読む著者の同和本。
大学の教養で同和問題論をとりまして、その流れでこのテーマは関心があります(本書にも本学OBの活躍が同盟の方面で登場します)。

著者実父の半生を書いているからか、筆致が読みやすい。
映画「血と骨」の時代で、立場が在日か同和かの違いだけの、ナマナマしさ。
「おわりに」で息子目線での補足が入るので、ドキュメンタリーとか私小説とも異なる感覚が。


図書館で借りました 

[PR]