2016年 02月 17日 ( 1 )


伊能忠敬に協力した人の子孫どこ? 1万人余の氏名公開
 近代的日本地図の先駆者、伊能忠敬(1745~1818)が日本列島を歩いて測量した際、宿を提供したり測量を支援したりした人たちの子孫を、研究者らでつくる「伊能忠敬研究会」が探している。ホームページで15日から、伊能の測量日記を基にしたのべ1万2千人の人名を公開。没後200年にあたる2018年に、子孫の人たちに感謝状を贈呈したいという。
伊能忠敬が測量した際に宿を提供した人の子孫を探すことになったそうです。
文化6(1809)年から3回、岐阜・赤坂で伊能さんを泊めたのが矢橋広助さんといいまして、先祖にあたります。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午後 取引先来社。技術課長が航空レーザについて説明(2時間半)。


[PR]