2006年 12月 25日 ( 2 )

ふぞろいな秘密 石原 真理子 / / 双葉社

昨晩、イブの夜恒例の「明石家サンタ」を見てましたら、この暴露本の話題が頻繁に登場してました。書かれたことにショックを受けているそうで。週刊誌などでもようけ取り沙汰されているので、どんなものかと読んでみました。図書館で借りるまでもなく、大丸の三省堂持込喫茶で。レモネードが温かいうちに読み終えられるような、内容の薄っぺらぁ~い本です。買うまでもない。

強いて言えば、デビュー作「翔んだカップル」の相米慎二監督や、「ふぞろいの林檎たち」の鴨下信一さんの思い出に触れている辺りはほっとします。
 
[PR]
昨日の道新記事「指名入札廃止 道に困惑」は実態をよく書いてくれています。全国知事会の談合防止策指針についてです。道建設情報課のコメントは
「設計や測量業者は建設業と違い、過去の実績を示す客観的な指標がない。一般競争入札では、経験のない業者が参入してくる恐れもあり、すぐに導入するのは困難」
さらに指針に沿えば20社以上の応札が必要になりますが、道内では事業者数が少なく
参加可能な会社が数社しかない地域も多い。指針に従うなら、対象地域を広げることも必要になるため、道東の建設業者は「地方の小さな工事にも大手が参入してくるのではないか」と危機感を募らせている
至極正論。ここにきてようやく道新も現場の声を拾ってくれるようになりました。

午前 岩見沢直行。常務と年末のあいさつ回り。
午後 帰社。社内打合せ。
[PR]