2006年 12月 20日 ( 2 )

Kitaraにて。
クラシックギターのコンサートは初めて。釧路帰りに当日券で入りましたが、ほぼ満席。



休憩中、トイレで同じロータリークラブのあいおい損保支店長とバッタリ会いました。
学生時代にクラシックギターをやっていたそうで。その方からみても彼女の技術はすごい、のだそうで。まさか私はジャケ買いのように好みのタイプだから聴きに来たとは言えません。

大学院時分に同じ講座の4年生が村治さんのファンでした。彼自身北大オーケストラに入っているほどクラシックに造詣が深く、でも私は聴いてもわからないので、ジャケットを見せてもらって単にかわいい子だなぁ、と。その頃から活躍しているのだから根強い人気なのでしょう。

トイレから出ると、ウチのロータリーの会長にバッタリ。みなさん高尚な。

2階席では、かわいい顔はよくわかりませんが、かわいい子が弾くとなんでも素敵に聴こえるのは、思春期の少年が深窓の令嬢が弾くピアノにうっとり聞き惚れるというカルピス名作劇場の1シーンのようなものです。

スペイン
村治佳織 / / ビクターエンタテインメント

公式サイト ■別サイト
 
[PR]
本日のサプライズ
朝. 丘珠空港で小中学校の同級生とバッタリ会った
昼. 釧路合同庁舎でエレベーターを降りたら大学院の先輩方とバッタリ会った
晩. 地下鉄で幼馴染とバッタリ会った。お互い降りるまで気付かなかった
サプライズどころではない驚き
釧路行きの航空券が片道しかないことが早朝の丘珠で発覚。代理店の凡ミスだが、最近のチケットレスはこういうことに客自身もわからないのが怖い
さて釧路といえばこんな出来事が
「釧路パシフィックホテル」民事再生法適用を申請
 釧路市内で現存するシティホテルでは最古の「釧路パシフィックホテル」(中村正嗣社長・資本金2億3100万円)=釧路市栄町2=は19日までに、釧路地裁に民事再生法適用の手続きを申請した。負債総額は18億1858万円に上るとみられる。代理人は稲澤優弁護士。帝国データバンクと東京商工リサーチの両釧路支店が明らかにした。関係筋によると営業権はある大手企業と売却交渉中で、まとまらなければ1月末で営業を終えることになる。
【本日付釧路新聞
奇しくも先週発売された「財界さっぽろ」新年号の特集が「釧路”地盤沈下”」。記事のひとつが「大手チェーンが続々、釧路でなぜかビジネスホテルラッシュ」。企業が経費削減で釧路から支店を撤退させ、出張に切り替えたため宿泊施設の需要が増えた、という内容です。安くて新しいホテルが増えると地場シティーホテルは苦戦しそうと思いきや、早速。
c0032392_11335998.jpg
お昼休み、喫茶店で新聞を読みながら、せっかく釧路に来ているのだし、近ければそのホテルの様子を見てみようと思い、店主に場所を尋ねました。「パシフィック?う~ん、どこだっけ」と客に振ります。「橋の手前の…」とお客さんが答えたところで店主もあぁあれか、という表情で行き方を説明してくれました。

c0032392_11331541.jpg新聞によれば同ホテルは老舗で、天皇陛下もいらっしゃったとか、社長は先代から釧路市議をやってるとか、典型的な名士。喫茶店から歩いてみれば5分程度。新聞を賑わせている割には地元の方々の話題にものぼっていない様子。
新館玄関には釧路ロータリークラブの例会場プレートが掲げられています。
[PR]