<   2013年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

社員が結婚したので、お祝いを。
仲のいい社員だと「社長!お先に!」とか言ってくれて、その方が気楽♪

ひと昔前なら仲人を頼もうにも社長が独身では、という問題もあって早く結婚しなければ、だったのでしょうけど、最近は仲人を立てないことが多いし、式自体やらないことも多いし。
なのでよけいにプレッシャーがかからない。
午前 営業部。技術部。桑園まちづくりセンター。帰社。営業主任と外回り。帰社。
お昼 茶廊法邑
午後 技術部次長。西18丁目・手のクリニック。帰社。

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ

[PR]

茶廊法邑にて。

[PR]






25日に当社応接室で取材を受けて、本日30日札幌人図鑑にupされました。
毎日、日替わりで紹介しているそうです。
対象者を探して、アポ取って、収録に出向いて、帰って編集して、をひとりでこなしてらっしゃるのがすごい。

そんな慣れた方を相手にお話しすると、私がいかにグダグダかがわかります。あぁ恥ずかしい。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 ビッグイシューさっぽろ事務所で札幌市広報取材。
お昼 道庁北門前のビッグイシュー販売者取材に同行。
お世話になった方の送別ランチ。総務部長と(グランドホテル)。
午後 帰社。来客。営業社員。会長。
夕方 札幌東ロータリークラブ留学生歓送迎会(第一ホテル)。
  coffee square do

[PR]
【土曜日】
午後、輔仁会幹事会(西高輔仁会館)。
佐藤珈琲でティラミス。蠍座。出社。
夜、お茶ごっこ。

【日曜日】
午前、月釜。出社。
午後、coffee square do


午前 技術部。営業部。技術顧問と外出。帰社。会長。
午後 来客。
ロータリークラブ打合せ(第一ホテル)。
coffee square do
帰社。
夕方 営業本部長。

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
[PR]

いつも通り8時前に着いたのに、1席目ギリギリ。
降ったりやんだりの天気の悪さにかかわらず。

[PR]


集い処 えん常連1名。
ほかは私の知人とその友人、私のかかりつけの鍼灸師とその従業員さん、道ザン連の知人で5名、計6名の参加。

私はチャリ転倒で左手と左膝が痛く、友人知人も療養中でみなさん大変(笑)

次回は8月24日。

[PR]

スタンリー・キューブリック幻のデビュー作。
のちに「ロリータ」「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」「時計じかけのオレンジ」を撮るのを思えば、確かに若々しい。
反戦映画にありがちな、気が狂ってしまう若い兵士が登場。
1953年のカメラワークは、白黒の不気味さを増します。

バージニア・リースが木に縛られるのが、いい。

手のひらから水を飲むのも、いい。

蠍座にて

[PR]
午前 トマトマッサージ。
お昼 帰社。
午後 会長。来客。技術部次長。
夕方 お取引先と花火鑑賞(パークホテル)。

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ

[PR]
午前 経理。ビッグイシューさっぽろ事務所で市の広報誌打合せ。
お昼 ビッグイシュー札幌駅前通地下歩行空間案内ブース。
午後 帰社。技術部次長。会長。
夕方 ロータリークラブ納涼親睦家族会(第一ホテル)。
  coffee square do
今夜のロータリー家族会は120名の参加。
抽選景品は、会員の提供です。
私は浪花亭名物トマト酢と、村山商店さんのお米が当たりました。
とりわけ後者については「どうやって炊くつもりだ!」
「ごはん作ってくれる嫁を先にみつけろ!」
と国会中継並のヤジが飛びました(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へさて、どうしよう。
これを機に炊飯器買うか。
[PR]

【北海道建設新聞】


【北海道通信】にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ

昨日の小学校測量体験学習会についての業界紙の記事。
会長になって4回開催。
最初にご祝儀がてらの(?)道新、去年は朝日が取材に来てくれました。
性分でプレスリリースに力を入れましたが、それでもこの程度。

個人的な楽しさもさることながら、結構意義のある事業だと思うのです。
業界紙を通じて内向きに告知するのも大切だけど、業界外にお知らせしてこそ。
でも関心を持たない一般紙・テレビ局は、徹底して無視。
18年間もやってるのだから、1回くらい取り上げてくれてもいいのにね。

以前、ロータリーのメディアセミナーで某新聞社の記者が
「良い活動は積極的に伝えたい。それが新聞の使命。みなさんの活動内容をもっと教えてください」
みたいなことを述べてました。
憲法9条を守る会と反原発の記事は毎日のように掲載、通行人のコメントまで細かく紹介するのに、写真入りで1段も取らない本事業は毎年お願いしても(その社には記者クラブの投げ込みだけでなく、資料持参で説明に出向いている)取材にも来てくれない。
それならそれで「おたくらの業界は嫌いだから載せません」と宣言してくれれば、こちらも時間のムダを省けるのに。

こういう埋もれた活動は札幌だけでもたくさんあるでしょうけど、報じられなければ知られないし、知られなければ無かったことにさえなるかと。

就活を論じるとき、学生の大企業安定志向とか、人気職種への偏りとかを嘆く傾向があるけど、世の中にどんな仕事があるかを報じようとせず、わかりやすく華やかな仕事ばかり取り上げるメディアにも責任があるのでは。

1年に60人の小学生に測量の仕事を教えるのは小さいことだけど、それを報じてくれれば全道の小学生に教えたのと同じ効果があるのに。
それこそマスメディアの役割なのではないかなぁ。

広島の女の子のLINEを使った人間関係をこと細かく伝えられて、北海道民は何か得ることがあるのだろうか。
早朝 座禅。
午前 技術顧問。会長たびたび。営業本部長。駐車場関係。
お昼 トマトマッサージ。
ミルフィーユクレープ(KEN'S CAFE)。

午後 国土地理院。測友会。ビッグイシュー地下歩行空間ブース。市出先。帰社。営業本部長。
夕方 ノースロード24フェスタ

[PR]