<   2012年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

社屋正面。
玄関前にあった木が伐採されたので初めて全貌を。
木は枝が3階まで伸びてました。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 会長。経理。
午後 来客延期。会長。agogさん。
夕方 若力会忘年会ホテルサンルートニュー札幌)。


忘年会後のビターココアドーナツ(CAFE サーハビー)。
[PR]
先日危険木に認定された木が、お昼前に伐られます。
御苦労様。と木に対して。
この暴風雪の日に伐採を委託された作業員さん達も。
この辺は伐りっぱなしなので、新しい街路樹も欲しいところ。
早朝 座禅。
午前 PCが立ち上がらず、システム部門の社員に相談。
会長。

お昼 ロータリークラブ例会。
午後 留学生を北星女子高校に送り届け、マルヤマクラスに知人を訪ね、帰社。PC調整終了。経理。来客。

夕方 測友会理事会
  引き続き忘年会GARAM)。
忘年会終了後、La Pomme Verteでフロマージュ・クリュ。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
[PR]
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ早朝 座禅。
午前 経理。来客。
お昼
 
チ・カ・ホでいいね!市民活動がイイネ!」(地下歩行空間)。
今日はビッグイシューさっぽろ出展の日。
アンケートに答えていただくと抽選でその場で、ロゴ入りTシャツやトレーナーが当たります。
10時半から15時半まで。私はお昼だけお手伝い。

午後 帰社。
いただきものその1~ソイ焙じ茶プリンと、黒蜜と小豆のパウンドケーキ。
 
いただきものその2~ ずんだ餅。
夕方 営業本部長。技術部。
[PR]

ロマン・ポランスキー監督の初期短編作品に合わせ、ポーランド人男性ふたりが即興演奏するイベント。
北海道ポーランド文化協会札幌映画サークルの共催。

ちょうど1時間。映画は6本ほど。
ヴァイオリンやクラリネットなどで、効果音からBGMまでふたりで器用に奏でてくれます。

■ 札幌プラザ2・5(旧 札幌東宝プラザ)にて
[PR]
午前 会長。営業本部長と業務推進本部長。その後それぞれ個別に。
お昼 会長と西ロータリークラブ例会出席のため三越へ。
ロータリー平和フェローでICUに在学中のAllisonさんの卓話を聴きに。
JRICでお世話になっている東京目黒RCの末松さんが同行されるということで。

午後 グランドホテルやビッグイシュー地下歩行空間ブース。

現在開催中の「チ・カ・ホでイイネ!市民活動がイイネ!」は日替わり。
今日は「歴史」と「観光」の市民団体が出展してます。
明日はこの辺りでビッグイシューさっぽろが出展します。
 
ビッセのきのとやでチーズモンブラン。
市役所。帰社。昨日と同じバームクーヘン。決算打ち合わせ。営業本部長。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ

[PR]
【土曜日】
午後、教育文化会館。
プティショコラの栗のロールケーキ(石渡紅茶)。
 
夕方、散髪。
コープさっぽろ北12条店で開かれると思っていたビッグイシューの会議が、行ってみたら昨日だったことが発覚。
北12条駅まで歩いていたら吹雪。
避難の為、ププリエに入店。パイナップルタルトを。あくまでも、避難だから。
夜、出社。

【日曜日】
午前、茶道会館。
出社。雪かき
 → 
午後、板東珈琲で焼きいもシフォンとクリスマスブレンド。
 
札幌南ゴルフクラブ駒丘コース・定山渓ゴルフ場 債権者説明会(ロイトン札幌)。
COWKEY'S COOKIESで生クッキーソフト 濃厚フレッシュ。

カエルヤ珈琲店杯カエル自慢コンテストの北海航測賞授賞式
モモちゃん(小1)です。
お父さんと来店したとの連絡を受け、ゲリラ授賞式を敢行。

夕方、座禅の忘年会まんま酒場)。
例年、寺でやる時は、老師は上座。私は出口近く。でも今年は居酒屋だから、真正面。
日頃の不真面目ぶりを遠回しに叱られているような (>_<)
ほら、老師、肉が焼けましたよ!などと話をはぐらかすのに一生懸命。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 会長。会議×2。会長。
お昼 技術部長。
午後 業務推進室長。決算打ち合わせ。真駒内社有地についての打ち合わせ。
[PR]

今年最後の月釜。一晩でかなり積もりました。
日曜の朝だから、除雪がまだ始まらず、知事公館裏の歩道も獣道1本。

合同はお運びも支部の先生方だから、高校生が制服で運んでくれるいつものウキウキ感が無く、身だしなみも自然、手を抜きます。
こういう時に限って中学の後輩やロータリーの会員の奥さんとご一緒だったりして、朝から反省しております。

青の6号 歳月不待人 セガ1階は「歳月不待人」、3階は「無事是好年」。
1階眞鍋先生のお席、お菓子は埋み火。赤いところが良い感じ。

[PR]
熊井啓監督のデビュー作。1964年。
今回は北海道共同映画社、札幌親と子の良い映画を見る会主催。

内容はともかく、自主上映会だからと割り引いても、観づらい。
スクリーンは小さいし、終わるか終わらないかのうちに照明つけちゃうし。
1200円(当日)出してまでかどうかは。行ってみてわかりました。

で、作品。
60年代の邦画は迫力あります。相変わらず。
メディア批判がかなり強い。

熊井作品で最初に観たのが「本覚坊遺文 千利休」。
次に「海と毒薬」。今回一気に原点。

札幌市教育文化会館にて

[PR]