<   2011年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧


第11旅団友の会協賛。去年は行かなかったようで2年ぶり
指定されたのが、前回と同じ4列目中央。ハープもきれいに見えます。

開会に先立ち起立。国歌演奏。

第1部は
行進曲「美中の美」
アルメニアン・ダンスPART1
ルネッサンス(復興)
ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス

休憩を挟んで
A列車で行こう
坂本九メモリアル・メドレー
想いでのアルバム
SF交響ファンタジー 第1番 ゴジラの動機ほか

Kitara大ホールにて
[PR]

今日の道新。昨日の記事は、市長会見に基づくもの。
今日の記事は地元新聞として掘り下げてくれました。
午前 業務推進本部長。経理。会長。
お昼 住宅ローン手続き。
午後 ロータリー財団委員会(ガバナー事務所)。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
 
[PR]

昨日の市長会見記事、今朝の道新が早速報じてくれました。
あくまでも「地下歩行空間の利用者への案内所」にビッグイシュー販売者が立つ、という位置付けで、「ブース」ではございません。
ということになっています。

そのほか様々な「ということにしよう」が講じられています。
これによって予想される多くの批判・中傷が避けられます。
4年前に初めて、世界初の地下ブースを設置したときは無防備で、市民団体ほか読売新聞さえ批判記事で叩いてきました(札幌販売開始時に取材してくれなかったのは、STVと読売新聞だけ。ナベツネがホームレス嫌いだからとも)。

毎年冬の大通駅コンコースブースは、交通局のご厚意でした。
これも当初は渋々でしたが(笑)すぐにご理解いただくようになり、ホームレス担当部局よりも積極的に支援してくれるほどに。
ブースがデッドスペースだったので薄暗かったところ、交通局職員の方々が灯りをつけてくれたり。

札幌の地下ブースに触発された大阪本社が、梅田に地下ブースを設けました。
通年という意味では、大阪が先。
これまでも通年化にしたいなぁ~と希望してきましたが、冬だけでもありがたい、というスタンスもあったもので。
今回のブース設置のため駅前通まちづくり会社の役員さんと市当局は、私たち以上に奔走してくださいました。
恐ろしいほど嬉しいです。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
早朝 座禅。
午前 ビッグイシュー卸。市役所。
お昼 ミュンヘン・クリスマス市。グリル・ブルスト。
午後 帰社。
米屋のまる山とどら焼。母からのおみやげらしい。
本日の落札物件について。会長。
  GSE研修(YMCA)。
チャリも限界に…
 
[PR]
【土曜日】
午前、一日隊長を務めたご縁で、第11飛行隊のヘリコプターに搭乗(陸上自衛隊 真駒内駐屯地)。
昭和ビルの倭さんとご一緒に、隊の担当者に送迎いただきました。


お昼、ル・シュクレでオートンヌ。
午後、出社。営業本部長。
夜、お茶ごっこ(えん)。

【日曜日】
午後、ミュンヘン・クリスマス市のクリスマス・マルシェ(札幌駅前通地下歩行空間)。
夕方、蠍座。
夜、出社。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 会長。顧問、業務推進室長。
お昼 SALON de Mu-Yaで焼安納芋きんつば入りお薄ぜんざい。
午後 市内回り。帰社。
[PR]

深作欣二監督の1966年作品。
60年代の映画は、背景に映る町並みを眺めるだけでも面白いです。
自分が辛うじて60年代生まれで、たとえば本作は生まれる2年前、日本はこんなんだったのか、と。

課長島耕作 (1)  新装版 弘兼 憲史 / 講談社冒頭、結婚式から始まります。
専務の愛人だった秘書と部下を結婚させる披露宴。
出席の同僚たちの、口元を歪ますいかにもな嘲笑が時代がかっていて、そこに照明が当たるのも当時の演出。
「専務の手付け」を部下に押し付けるパターンは「課長 島耕作」にも登場します(今野主任の奥さんがまさに)。

ここだけでも60年代を堪能。
でも本題は、帰宅してからの週末でございます。

釣りバカ日誌 6 [DVD] 松竹三國連太郎は、この頃から釣りバカのスーさんと変わりません。
モノクロであり、喜劇ではない辺りが違うだけで。

本作の見所は、やはり悪役ふたり。西村晃と室田日出男。
際立つのは、西村晃の悪さ。黄門様をイメージする世代には考えられない、やさぐれ感。
三國連太郎との会話で、互いに出征していたことが判明します。
66年当時は、まだ戦争が近かったのがわかります。
とりわけ俳優・西村晃は特攻隊。
役柄にダブらせると、その凄みは現代の俳優には表せませんでしょう。

愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ「なんで?」の魔法 講談社穂積ペペの子役も、今ならこんなベタな子は選ばないでしょうな。
でも子供はこれくらいが自然体。芦田愛菜はやり過ぎ。
誘拐された赤ちゃんが絶妙に首を動かすシーンがあります。子役の醍醐味は、こういう不自然な自然。

蠍座にて
[PR]
集い処 えん初めての参加者(ご婦人)2名。常連4名。合計6名。前回の半分。
何故これほどまでにリピーターが少ないのか。
イケメンを入れたら女性客が増えるかも、との迂闊なご意見も拝聴(笑)

先日、座禅のTV取材を受けた方とテレビ談義。
彼女の露出の多さと、私の少なさの対比について。

次回は来月17日。お茶はさっさと終わらせて、忘年会です♪

[PR]

クラシックは顔で聴くもの
は間違っていなかった、というほどに。
きれいなひとが弾くピアノは、きれい。

ホテルオークラでの会合から、歩いてすぐ。
身内の、帰国お披露目を兼ねている様子。
当日券で入っても、前方がら空き。
なのでピアニストの顔を正面に捉える最前列席で。
ピアノのかげになるため、肩から上だけが動いて見えます。
きれいなのに、表情豊か。
こんな美人をガン見しても叱られないなら、2,500円は安い。

ブラームス 6つの小品 作品118
リスト コンソレーション(慰め)より
 第2曲 ホ長調
 第3曲 変ニ長調
ラフマニノフ:音の絵 ラフマニノフ / Naxosリスト スペイン狂詩曲
ラフマニノフ コレッリの主題による変奏曲 作品42
ラフマニノフ 音の絵 より
 作品33-3 ハ短調
 作品33-6 変ホ短調
 作品39-9 ニ長調


■ ザ・ルーテルホールにて
[PR]
「就活長い」「卒論書かせろ」 大学生ら100人がデモ

 就職活動に追われる大学生らが23日、東京・新宿駅周辺で「就活ぶっこわせデモ」をした。ツイッターやブログでの呼びかけに応じて集まった約100人が、「就活長いぞ」「卒論書かせろ」などと声を上げながら、約1時間練り歩いた。
 来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日時点)は59.9%で、昨年に次いで低い。デモを企画した早稲田大5年の小沼克之さん(23)は「勉強する時間を就活に奪われている。新卒ばかりが求められるのもおかしい」と話す。
 リクルートスーツ姿で参加した都内の私立大3年の女子学生(21)は、10月から試験対策やマナーの講座に出席している。「女性は笑顔でなければダメだと言われ、講座の最後には大声で『内定取るぞ』と言わされる。就活のおかしさを伝えたかった」
昨日の朝日新聞 足を止めてデモを見ていた主婦(53)は「声を上げたくなる学生の気持ちはよく分かる」と話していた。

女子大生のコメント。
記事は「女性は」を強調したかったのか。
にしても、不機嫌な子と笑顔の子と、どちらがいいか。
就活でなくとも、男女問わず、言わずもがな。

「内定取るぞ」と言わされるのが嫌なら、そんな講座に出なければいい。
でも「言わされる」感を漂わせたままなら、この子に内定は出ないね。
就職すれば「言わされる」以上に理不尽なことはたくさんあるし。
その都度デモられては会社もたまりませんわな。

参加者にはもっと言いたいことがあろうに、この程度のコメントを短い記事に使うと、デモ自体がいかに陳腐かを浮き彫りにしてしまいます。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午前 顧問。来客。経理。
午後 市内回り。帰社。その繰り返し。いただきものの生南部サブレ
明日の札幌を語る会(ホテルオークラ)。講師は一般社団法人北海道古民家再生協会の江崎理事長。
  ミュンヘン・クリスマス市とホワイトイルミネーションは今日から

[PR]

チャン・イーモウ監督作品。
「紅いコーリャン」はよかった。「あの子を探して」「初恋のきた道」ほど泣かされた映画はありませんでした。
単騎、千里を走る。」で失速感が心配されましたが、本作は駄作の決定版。

コーエン兄弟のデビュー作「ブラッド・シンプル」をリメイクしたそう。
その作品は観てませんが、リメイク元をたどるまでもない駄作。

シアターキノにて  ■ 公式サイト
 
[PR]
【勤労感謝の日】
ランチはTRATTORIA Tanto Tavoletta(トラットリア タント・タヴォレッテ)
美味しくいただきました。

と言いたいところだけど
帰りはレジでムスっとしたオヤジが金額を告げるだけ。
場末の定食屋でも「ありがとうございました」くらい言うだろうよ。
18丁目のイタリアンが何気取ってんだ。
食べログに書いたところ、サイト管理者から「批判にあたる」と掲載拒否のメールが届きました。

なるほど、批判・悪口・中傷はきりがない。書き方によっては営業妨害・遺恨を残す。
でもね。「美味しくても挨拶ができないお店には行きたくない」という客は多いでしょう。
そのための情報を入手することなく、迂闊にこういう店に入ってしまうと、不愉快なだけ。
であれば、この程度の情報提供は「批判」のうちに入らないでしょうに。

ということで、その「批判」をまるごとこちらで転載。
私自身は、この店には二度と行きません。近所でも、美味しくても。
同様に近くて美味しくても行かない「こっちから出禁にしたる」店は、pippinに続き2つ目。

そんな不快な目に遭ったので、niblick cafeで口直しのパフェ。

夕方、シアターキノ。
夜、親戚が来札。挨拶にパークホテル桃源郷
午前 業務推進室長。人事。ビッグイシュー卸。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 帰社。人事。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
[PR]