<   2010年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

毎年恒例、星ビルさんからのご案内
今回の会場は、大通美術館

明日1日まで。
 
[PR]
北海道の山中で機体発見 乗員2人の死亡確認
 
中日本航空所属のセスナTU206G(同社提供) 北海道渡島半島上空で中日本航空(愛知)の2人乗り小型機が消息を絶った事故で、30日午前11時45分ごろ、捜索していた航空自衛隊のヘリコプターが知内町と福島町との境界付近の山中で、不明機の機体を発見した。
 道警によると、自衛隊が乗員とみられる2人を確認し、ヘリに収容。病院に運んだが、ともに死亡が確認された。
 小型機は単発のセスナTU206Gで、乗っていたのはいずれも同社社員のパイロット秦功さん(46)=愛知県あま市=と、カメラマン古田昭二さん(60)=同県江南市。
 航空写真撮影の機材搬送のため28日午前8時49分に新潟空港を出発。午後1時前に丘珠空港(札幌)に到着予定だったが、午前10時40分ごろ、渡島半島上空で函館空港のレーダーから消えた。
 小型機はレーダーから消える直前、高度を約400メートル下げ飛行していたことが分かっている。同社などによると、小型機は当時、悪天候で視界を確保するため、パイロット自身が地形などを目視で確認しながら操縦する「有視界飛行」をしていたとみられる。

【14:04 共同通信】
「行方不明」「遭難」「捜索難航」がまる2日続けば、関係者の覚悟もさぞかし辛かったことでしょう。

積んでいた”航空写真撮影の機材”は、伝え聞くところではアナログのカメラだそうです。
発注仕様の殆どがデジタルを求める昨今、アナログカメラの撮影士がこれから養成されることは少なく、稀少な職人といえます。

今日、然る方に陳情したのは、技術者の熟練度が報われる発注です。
「とにかく安く」を求める(或いはメディアや市民団体が求めさせる)あまり、安かろう悪かろうが蔓延っています。
それでは、長年腕を磨いてきた技術者や資格者の評価が下がります。
安ければ資格者が存在しない会社にさえ発注するという悪しき風潮です。

パイロットも、能力を量る指数のひとつに飛行時間があります。
おふたりとも、一朝一夕では得られない技術を持っていたはずです。
おふたりは、技術力を適正に評価されてきたのかなぁと、今日の仕事をしながら考えました。御冥福を祈りつつ。
午前 早朝から業界内の穏やかではない話を聞き、やりきれない。
技術部次長とアルバイトの方。目標にしていた留学も準備が整ったとのこと。こういう有望な青年にロータリー財団の奨学金を使ってもらいたかったと、地区委員長になってから思う。今日が最終出勤日で、そのあいさつ。先程の不愉快さは、これでやや軽減。
測量会館。協会をいくつか。帰社。顧問。
お昼 会長。
午後 ガバナー事務所。帰社。アサヒビール園で準備。
夕方 札幌市測友会 納涼ビール会
吊旗 ビール冷えてます 吉田仙之助商店担当委員長が出張で欠席。理事数定員割れによる担当換えでたまたま入った委員会で、突然担当理事。当然のように、司会も。ゲームの司会は結構動くので、汗だく。
宴会終了後、臨時理事会をすっかり焼き終わって焦げついたジンギスカンを囲みながら。
地下鉄でたまたまウチの社員たちと乗り合わせたので一緒に帰る。
[PR]
強い雨、捜索進まず = 小型機不明 - 北海道警
 北海道・松前半島付近で消息不明となった中日本航空の2人乗り小型機について、北海道警は29日午後、天候の回復が見込めないため捜索を取りやめた。30日早朝にも活動を再開する。
 道警は、よく似た小型機の目撃情報や搭乗者の携帯電話の電波解析などから、知内町の燈明岳周辺に捜索範囲を絞った。
 しかし29日朝、強い雨と濃霧のためヘリコプターの飛行を短時間で断念。地盤が緩み危険なことから、地上からの捜索も午後0時半すぎ撤収させ、そのまま活動を打ち切った。

【時事通信】
行方不明になった小型機を所有する中日本航空の本社ビル=28日午後、愛知県豊山町(産経サイトより借用)20時現在、最新の情報がこれです。
今朝早くに捜索を再開したと、朝のニュースで報じられていました。が、道内はどこも大荒れ。札幌も異様な降り方でした。
同業大手とはいえ、機体形状は地場の我々と同じ。他人事ではなく、心配です。
午前 雑務。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 測友会。帰社。会長。協会関係者懇談。
  歯科定期健診。帰社。営業部長。
[PR]
99年3月下旬、会社の隣に引っ越しました。周辺にはマンションが、まだ数えられるほど。
それから4ヶ月経った7月26日、ミニ大通の西端ブロック、東へ向かう一方通行路でやまとタクシーの運転手さんが殺害されました

現場は、当社の北側。裏にはまだ日本たばこの倉庫がありました。そのさらに裏手。倉庫跡地にはしばらくして、現在のマンションが建つことになります。
ミニ大通周辺には、今ほどではないにしても、ぽつぽつとマンション・アパートがありました。人通りは今でもまばらですが、夏ですから涼みながら夜の散歩を楽しむ方は、かつてもいました。

昨日の道新では「深夜」と表記されています。実際には23時くらいだったかと。殺害時にクラクションが鳴り響いたということで、通行人・周辺住民が気付いて注目したかも、と期待されました。それこそ「深夜」になってから、やや離れた私のマンションにも中央署の方が聴き込みに来ました。のちに犯人の逃走経路が、当社と私の住まいのあいだを通っていることを知らされます。

当時はまだ、大阪の下町コミュニティーの、うっとうしいほど他人の領域に首を突っ込んでくる地域性を引きずっていました。それだけに出身地とはいえ札幌の、階下・公道でひとが殺されても関心を示さない状況には驚きました。
今は慣れました。隣人はいまだに引越しの挨拶をしません。私の部屋の前にチャリを放置しても、なんら悪びれる風もありません。エレベーターで乗り合わせれば会釈はするので、殺されることはないだろうとは期待しています。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
午前 業務推進室長たびたび。本部長。ホームページ更新作業。
お昼 会長。
午後 札幌市「市民まちづくり活動促進テーブル」審査部会(市役所)。帰社。営業部。
  ビッグイシュー会計監査。パレードビルの宮越屋(ホールステアーズカフェ)にて。
前の会計担当者がマメな方なので、収支はわかりやすい。一方で、販売者への貸付が殆ど焦げついた状態。これが然るべき項目に計上されていなかったり、団体外基金からの収入が簿外になっていたりと、粗さも。
 
[PR]
c0032392_16262169.jpg第2回カエルヤ珈琲店杯 カエル自慢コンテスト。
51蛙のエントリーを勝ち抜いて、栄えある北海航測賞に輝いたのは

「tattoo」

です。

前回のほのぼのさから一転、選考基準をアダルトかつワイルドにしてみました。
c0032392_16263030.jpg例によって授賞式は、受賞者がたまたま来店したときに、たまたま私が近く(つまり会社)にいたら、お店に出向いて行います。タイミングが悪かったら、お店にあずけてある副賞を店主から渡してもらいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
そのほか各賞は、本日より店内に掲示しています。
午前 本部長。非常勤顧問・本部長・統括部長と打合せ。会長。測友会 理事委員会。銀行。
お昼 帰社。
午後 業務推進部長。統括部長。顧問。カエルヤ珈琲店。市の出先機関。札幌土現。帰社。
  68会NeuGardencourt)。20名弱の参加者数は、珍しく少ない。
このお店自体、前回来たのが14年前。貸切なので客席の雰囲気が通常とは異なるけど。
[PR]
いい人ぶらずに生きてみよう 千 玄室 / 集英社新書

ウチの家元が書いた本。社長が書いた本を社員が読むような。
ロータリアンに上下は無いとはいえ、国際ロータリーの理事を務めた方だから、やはりエラい。

大宗匠に人生を語られて、さからう気にならないのは、特攻隊の生き残りだから。ピースボートに乗ってグローバリズムを諳んじたところで、北教組のセンセイどもが朝日の誤報をもとに反戦を論じたところで、国に国のために「死ね」と言われたひとの説得力にはかないません。
それでいて、大徳寺の老師の導きで、謙虚さを身につけてらっしゃいます。
古きよき日本が失われつつある現代を憂い、世界に誇れる文化を守ろうと努めてらっしゃいます。

2003年6月1日 Brisbane国際大会その、守るべき古き体制は、ありがたいお免状1つにン万円を課し、身分を維持するための会費を毎年徴集することで、保たれます。京都から家元の名代が来られれば、とても素敵な夜をお過ごしいただき、発せられるひとこと一言はありがたいお言葉ですので即、メモしなくては。

新手の無尽講やアムウェイなんかと一緒にされては、遺憾です。
利休居士以来の家元制は、崩壊した日本の家制度や倫理を見つめ直す上で貴重なシステムです。
その頂点に君臨する大宗匠の著書です。「あの方、月釜にお洋服で来られるなんて困ったものね」「あの先生がいらしてるのに、その先生がご正客でいいのかしら?」などとかしましい、無駄にトシを召してしまったご婦人どもには、涙で活字が追えないくらい感動していただきましょう。図書館で借りました
 
[PR]
カエルヤ珈琲店7周年記念カエル自慢コンテスト。
審査結果が出揃いました。結果発表は明日(火)。
今回も北海航測賞をご用意しております。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

午前 会議。技術部長。
午後 経済同友会 例会(グランドホテル)。道庁。
夕方 接待(する方)。
  ロータリー財団委員会 #1(パークホテル)。
[PR]

JR北海道の会長から招待券いただいておきながら、最終日の駆け込み鑑賞。

JRタワー プラニスホールにて
[PR]
親子連れのお嬢さんの方が、浴衣姿。
席主は「本当の稽古なら叱られるけど、ここは”ごっこ”だから」。
確かに。厳格な社中なら、無理。私の作務衣も、亀畑社中でこそ。momokoDOLL 花火デイト セキグチ

月釜の洋服姿をネチネチと批判する婆さんどもは、浴衣でも許せない。
平茶碗で涼を呼んでみました。などと風情のある言い回しも、所詮は熱いお茶。
目に涼しいというなら、かわいいおねぇちゃんが浴衣着てる方が、涼しげ。
若さへの嫉妬とは、かくも厭なもの。

さて今月も主宰者はお休み。もう珍しいことではなくなったのか、席主からいないことを告げられたのは水屋仕事を終えた頃。

その浴衣姿のお嬢さんのお母様が、先日のTVをたまたまご覧いただいていたそうで。集い処 えん
このイベント参加者では、3人目。高視聴率。
 
[PR]
北海道新聞今朝の道新・札幌版。
昨日載らなかったのは、他の学校の事例も合わせての記事に仕立てるためだった模様。
なお、記事中登場する20m歩測には伊東記者も挑戦しましたが、誤差はひなのちゃん以上(笑)
午前 雑務。会長。
午後 国土地理院。協会。測量会館方面。帰社。顧問税理士事務所の担当者。技術次長。来客。本部長。
  道新・UHB花火大会(仕事)。
雨の中、花火を観るのもなんだなぁ。札幌はとうとう年1回しか打ち上げられなくなったからもったいなくて観てしまったけど。
[PR]