<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0032392_8445388.jpg
今朝の北海道通信。見出しはシンさんかぁ…この辺に力関係が見えてしまうなぁ…その分、写真は私ってことでチャラか…にしても、ぎこちない笑顔…コメントも我ながらうまく言ったと思ったけど、ひとことで表されるとこうなるか…
時事サイトより借用早朝 座禅。
座禅堂へ向かう境内で、先輩に会う。いつもより遅い。聞けばW杯をPK戦終わるまで見てしまったのだと。そんな睡眠不足でもしっかり座れるのが、すごい。私なら、寝る。その前に、サボる。
午前 会長。技術部長。旧札幌土現ほか市内回り。
午後 帰社。雑務。頭痛薬を取りに帰宅したり。本部長ほか。
  ロータリー年度末ギリギリのFSMは音楽委員会(海道)。
[PR]
暑過ぎて、寝付けず。
午前 顧問。業務推進部長。ビッグイシュー卸。
午後 (社)日本測量協会「品質管理優秀賞」表彰式(東急イン)。
当社は「公共測量品質管理優秀賞」(地図)を受賞しました。
c0032392_1612898.jpgc0032392_16334247.jpg

地図部門の受賞は、国内5社。金屏風の前で記念撮影。

会場は奇しくも「男だけのケーキバイキング」の東急イン。TV出演以来なので、企画してくれたマネージャーさんたちにご挨拶。
記念の楯をチャリのカゴに突っ込んで、移動。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ日本パイプライン株主総会(京王プラザ)。
帰社。技術部門2フロアに受賞の報告。会長。
 
[PR]
「渋滞」の先頭は何をしているのか? 西成 活裕 / 宝島社新書

無駄学」を先に読んでしまいました。
渋滞学から派生した話なので、こちらを先に読まねば流れがおかしくなります。
読んでみれば、なるほど。

車の流れにしろ、ひとの流れにしろ、モデルケースで分類できて、ある程度の改善方法も見出せます。
それが「急がば回れ」であり、「情はひとのためならず」。

そこからさらに派生して、江戸しぐさに行き着き、さらに教育問題にまで踏み込みます。

どんなものでも渋滞を切り口にできます。交通工学、蟻の生態、音楽、経済、火災。分野横断を楽しむ点では、かつての文理シナジーの成功例。図書館で借りました
 
[PR]
【土曜日】
午前、ビッグイシュースタッフ会議
監事の立場としては、会計担当者の引継ぎがどうなってるか気になるところ。まだ会計監査ができてないし。
そのほかスタッフ販売(直売)の是非について。

さっそくシアターキノでビッグイシュー委託販売交渉。

お昼はカフェ「ハチ」。ランチがてら、先日のテレビ取材でおじゃました御礼。遅ればせながら。

c0032392_20333615.jpgフェアトレードフェスタ 2010 in さっぽろ」。
大通公園1丁目にて。ビッグイシューの出張販売もしているので様子を見に。
かつて店子だった「G8市民メディアセンター札幌実行委員会」代表とも久々再会。

午後、出社。
午前 会長。銀行。
お昼 帰り道、札幌駅前を通ったら、かつての体操選手が選挙活動をしていた。
帰社。
午後 会長。シアターキノでビッグイシュー販売委託打合せ。
先輩経営者の会社を訪問。市内回りはチャリだと今日はちょっと暑い。
帰社。会長。技術部。
 
[PR]

本作をカンヌに出品して、本気で賞を取れると思ったのか、話題づくりか。
さほどに完全な日本人向け任侠部門。
チンピラが英語で脅すあたりも、日本人だから珍しげなシーンにうつります。

仁義なき戦い」以降、こういう映画はそういう展開にしかならないのは、観るまでもなく。わかっていながら、観る。それは日本人だからであって、カンヌの評論家にはわかりえない話。

来週から「踊る大捜査線」でおどけた署長に復活する北村総一朗も、先週まで日曜夜「新参者」で家族思いの社長だった三浦友和も、「それでもボクはやってない」と痴漢冤罪を訴えていた加瀬亮も、「愛という名のもとに」で気が弱くて最後は自殺してしまうチョロだった中野英雄も、「サントリーオールド」のCMでは男手ひとつでひとり娘を育ててきた國村隼も(その娘が連れてきた結婚相手が加瀬亮)、「木更津キャッツアイ」で倅を「君」付けで呼ぶ理髪師だった小日向文世も、みんな悪人。このギャップが、外国の方々に楽しめるわけがない。

昨日に続いて暴力映画。こんなにお天気なのに。
それにしても椎名桔平はかっこいい。

公式サイトユナイテッド・シネマ札幌にて
 
[PR]
集い処 えん」さんにて。
今月は主宰者がちゃんと来てくれたので、私はゆっくりいただけました。

知人も来てくれたり。

先日のTV出演、こちらの常連さんがおふたりも、偶然見てくれていたとかで、高視聴率。

本日は暑いので、白い作務衣で。
 
[PR]
禅的シンプル仕事術 枡野 俊明 / 実業之日本社

座禅の思想をビジネスに取り入れたらこうなります。
という本になるかと思いきや。
座禅紹介、基礎編のような構成。
心がけによって仕事環境はこんなに改善されます。
という結論に達するの、かな。

ヘタな経営指南書を読むよりは、役立ちます。図書館で借りました
 
[PR]

映画としては、それほど優れた作品ではありません。
ただただ暴力の連鎖に辟易します。取り立て屋の暴力と、家庭内暴力とのボーダレスぶりを見せつけられます。

「アウトレイジ」でたけし監督が、台詞の末尾に「バカヤロウ」をつけるよう心がけた、とインタビューで話してました。それの韓国版。語尾に「クソ野郎」が必ずつきます。ハングルがわからなくても、ひとによってその発音・言い回しが異なるのがわかります。
「韓国の親父はサイテーばかりだ」「キム・イルソンを気取ってるのか」といった台詞も、他作品と異なるところ。

取り立て屋の新入社員役が、吉本新喜劇の小籔千豊に似ています。
あとはラスト。そこでエンドロールに入るのか。

その他物語の流れは、予告編を見ての予想通り。公式サイト

シアターキノにて(札幌初日・初回)
 
[PR]
c0032392_2032525.jpg私の部屋は、西日が勢いよく射し込みます。
今日のように天気のよい日は、午後から背中が熱ぅくなります。
なのでデスクワークは午前中に片付けて、午後はチャリで風切って客先回りがちょうどよいのです。
朝の涼しいうちに宿題を片付けましょう。
という小学生の夏休みの過ごし方は、40代になっても活かされます。
早朝 座禅。
c0032392_20163023.jpg午前 顧問。会長。業務推進部長。人事打合せ。
お昼 カエルヤ珈琲店でコンテスト中間審査。
午後 落札のおしらせ。札幌開発建設部、札幌建設管理部(旧札幌土現)、業界紙担当記者立ち話等。帰社。
夕方 毎年恒例北大園遊会(植物園)。
[PR]
今朝の風景。

弊社駐車場は、角地にあります。
そのため近隣住民は、ショートカットで通り抜けます。
それ自体は、目くじらたてません。

今朝は、歩きタバコの男性を発見。
さすがに注意に走りました。
火気厳禁の看板前。
思い切り腕振り回して歩かれては、眠気もさめるというもの。
幸い腰の低いひとで、丁重に詫びて行かれました。
数年にひとり。
極めて低い割合ですが、知らないひとが当社の敷地内を歩きながらタバコを吸います。
下町の悪ガキでも、他家の庭を走り抜けるときは腰をかがめます(出典「こちら葛飾区亀有公園前派出所」)。
ましてや歩きタバコ。数年前のおっさんは、そのタバコをさらにポイ捨て。タバコ吸いのもっとも責められるべき姿を凝縮したような。下衆の極み((c)ハマカーン)。
午前 本部長、業務推進室長と森林管理局。帰社。本部長、業務推進室長らそれぞれ。
午後 会長たびたび。雑務。経理打合せ。
  ロータリークラブ次年度親睦活動委員会+SAA合同委員会(第一ホテル)。
 
[PR]