<   2009年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

下野新聞サイトより借用新党大地勉強会(大地塾)の例会。足利事件の菅家利和さんを招いてお話を伺うとのことでかでるホールへ。
司会は、小樽市議で高校後輩の成田君

急きょパネルディスカッション形式になったようで、開会時刻になって演台等が動かされました。
コーディネーターを先日まで「起訴休職外務事務官」だった佐藤優さんが務めます。最高裁判決が出たことで外務省を「定年退職」になった顛末が冒頭報告されました(笑)

ゲストに松山千春さん。鈴木宗男先生の隣に座ります。菅家さんの隣には弁護人を務めた佐藤博史先生が座り、対照形に。

話術に長けた方々の中に菅家さんがポツンと置かれた感じ。なので時折、千春さんや佐藤先生が話を振りますが、流れに乗れないコメントをぽそぽそと発するだけ。でもそれを聴衆は聴きに来たので、会場静まり返って聞き耳を立てます。

仮釈放では、塀の外の生活に馴染ませるための”リハビリ”が用意されます。菅家さんの場合、いきなり放り出された形で、ホテルに泊るにもセンサー作動の水道を使えないなど不便があったそうです。
また、菅家さんには1年間の尾行がついたものの、別件で引っ張ることさえできないほどの誠実な生活を送っていたそうです。
そうしたエピソードをまじえながら、警察・検察がいかに横暴なものか、弁護士・裁判官がいかにあてにならないか、をこの事件を基に展開されます。とりわけ逮捕経験者が主催者とコーディネーターなので、迫力があります(笑)

借用千春さんが「この会場のみなさんも、いついきなり逮捕されるかわからないんですよ!」と呼びかけます。その恐ろしさを体験した菅家さんを目の前にしては、現実感があります。
救援連絡センターが発行する「救援ノート」というのがあります。私は学生時分、模索舎で入手しました。逮捕された時のためのマニュアルです。活動家ではなくても(この本は元々が左翼関係者のために書かれたもの)、悪人ではなくても、というかそういう警察の厄介になりそうな人ではないほど、無防備で、予想もしない事件に巻き込まれたりするもの。痴漢冤罪も。そういうのを想像するだけで恐ろしい。

DNA鑑定を物証にしようとしたら、それがために冤罪になってしまった。それを佐藤さんは今後、科学的根拠を回避して自白のみで動くのではと危惧します。あわせて、菅家さんと栃木県警本部長について、「謝る力」と「赦す力」と称していたのも印象的でした。

佐藤弁護士から、本部長謝罪に至る経緯が披露されました。当初県警から出向くというのを断り、逆に栃木へ行く、と言うと今度は警察車両で迎えに行く、と。それも断ったそうです。この謝罪が実現したのは、菅家さんの支援者が活動家ではないのがひとつの要因だとのこと。つまり警察・権力糾弾になる。
もうひとつの要因は、本部長が石川正一郎氏だったこと。壇上のみなさん「謝罪したことで石川本部長は出世の道が断たれた」で一致。官僚の存在意義であるその出世をかえりみずに謝ったのは、官僚機構を知る人々には驚きだったのだそうです。

会場には多くのメディアが詰めかけ、報道席は満席。一般聴衆のなかにも知ったひとが結構いたり。
観客席もほぼ満席。今日は札幌では最後の花火の日。それをさておき集まったことについて、一応唯一の札幌市民として千春さんにはひとこと、触れておいてもらいたかった。
追記 : 本投稿文がこちらのブログで引用されました。恐縮。
 
[PR]
昨日の朝日新聞に「入札改革 試行錯誤」という記事が載っています。
福島県が指名競争を一般競争入札にしたけど業界が大変そうだから一部指名に戻してみたらそれほど効果が無かったようなのでやっぱ全部一般に戻した、という話。

記事では、一般で落札率83%のところ、指名に戻したら88%に上がったので「市民団体などが「談合の疑いあり」とする9割に近い水準」と指摘。朝日が勝手に指摘してるだけなのでしょうけど。
現在読んでいる本は、そういう根拠の無い話がひとり歩きする恐怖を分析しています。今のところ「オオカミ少女」は実在しない件と、サブリミナル効果は効果を発揮しない件は理解できました。
それらが普及するのは、ネット以前に本だの新聞・テレビだの、いわゆるメディアが面白そうだ、わかりやすいと食いついた部分で、面倒な実証は行いません。なのでたまに検証してみれば、あるあるⅡやバンキシャ岐阜県裏金みたいなのがわさわさ出てくるわけです。

時事サイトより借用先日の一般競争入札では、積算をしてみるとダンピングしてまで受注する仕事ではないことがわかり、殆どの会社が回避。見積りを誤った会社が落札してしまいました。このとき落札率は90%を軽く超えています。これをデータに加えると、先の指標がまとまりません。9割を超えたら談合!と言い続けるためには、市民団体もメディアも、不都合なデータは無かったことにしなければならないわけです。

中部地方の市民団体が根拠も示さず作り上げた指標を、東京のメディアがさも談合復活といわんばかりに増幅、結果迷惑をこうむるのは福島県と県民。福島県建設業協会の会長は「競争が激しくなり、最終的に1社だけ残る、ということではないか」とコメントしています。まさにその通り。作業員の労務単価が14,000円から11,000円に下がった実情も披瀝しています。県の主幹も「改革は大事だが、厳しい地元経済のことも考えなければならない」。

最後は武藤先生の〆のおことば。入札の話題でこの先生がコメントを出すのは珍しい。総合評価方式による落札率アップを提言しています。多分、いつもの鈴木センセイに意見を求めたら朝日の福島県内での身が危ういことになるのでは、と推測。
早朝 座禅。
竣工目前の坐禅堂に設備工事の方々が早朝から作業に入ります。その打合せが耳に入ってくるのではまだまだ集中していない、という戒めなのか。
午前 業務推進部長。市関連部局回り。
午後 環境広場さっぽろ(アクセスサッポロ)。

環境保全協議会の部会長だったときにずいぶんお世話になった担当の方が市環境局ブースにいらしたのでごあいさつ。ほかに同じく協議会で御一緒していたezorock事務局の宮本さんも今日だけ出展。

さてこのイベント。前回と同じ会場ですが、ますますスカスカな感じに。出展者は北電、北ガス、JR北海道が大きく場所を取り、小口をまとめると市役所も結構な広さ。そのほかは目新しいところが無く。ドーコンさんも相変わらず。悪く言えばかわりばえしない、よく言えば、不景気。
奥の空きスペースを埋めるかのように「サミットメモリアルコーナー」。各国首脳集合写真の大きなパネルが目玉。パネルだけで見どころが無いので、来場者は寄り付かず。ますます寂寞とします。

せっかく「資源を大切にするためにマイ箸を」と呼びかけても、お隣の大企業ブースでは読まれもしない「我が社の環境への取り組み」冊子を自慢げに配布。再生紙とはいえ、無駄には変わりない。逆に、環境のため冊子を作るのをやめました、と無防備なブースにした方がよほどインパクトがあります。コマあたりの投資額は回収できませんが。

市内回り。帰社。技術課長。来客。営業統括部長。
 
[PR]
NPO法人ひつじのかい主催による第64回クロックタワーコンサートです。ほぼ1年ぶり

ベスト・オブ・ベスト/日本の名歌 オムニバス(クラシック) / ビクターエンタテインメント今回は声楽と邦楽のコラボレーションです。
前半は、ソプラノの早坂弘美さんが山田耕筰・曲「野薔薇」や「中国地方の子守歌」(「ねんころろんねんころろん」という曲)をピアノに合わせて。佐藤春夫「しぐれに寄する抒情」や北原白秋の「追分」は詩を追うだけでも日本人を実感。

後半がピアノから山本聖子さんの箏、馬場雅道の尺八へ。
まずは箏と尺八で西山検校「秋の言の葉」。この詩がまた素敵。
箏と尺八に合わせてのソプラノが時計台のホールに響くのが、荘厳。
ここで邦楽を聴くのは初めて。なんぼ米国人仕込みの演武場とはいっても、明治の札幌農学校。古きよき日本の芸能が建物に馴染みます。
 
[PR]
早朝 座禅。
午前 業務推進室長から出張報告。業務推進室長から業務打ち合わせ。営業本部長。来客。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 市内回り。測友会。理事として担当している会報が完成。今回から「編集責任者」に名前が入っております♪
帰社。テナント打ち合わせ。

さて、その市内回りのひとつ。市街地中心部やや南方面を訪れました。立体駐車場をビルが囲むようなところ。ビル前にはライトバンが数台、横付けで路駐。その後方にチャリを停めると、立駐の管理人が飛んできました。チャリを停めてはいけない、と。

【完全組立発送】子供用自転車 シナモロール 16 シナモロール 16 M&M(エム・アンド・エム)路駐のライトバンよりは邪魔にならないでしょうに。と言っても管理人も、その管理人を管理している会社の管理人から、チャリを排除するよう言われてるので仕方がないのですと。
以前闘ったグランドホテルは、「停めるな」と言った人物とホテルの相関がわかりやすかったので、すぐ解決しました。今回のコレは、ややこしい。
グランドホテルは駐輪場を設けていないのが理由でした。今回はチャリの進入自体を禁じながら、ライトバンの路駐を見逃しています。高速道路か。
指示系統同様、チャリ排除に合理的理由がありません。そこを争点にしても、とっかかりが非常識だから時間がかかりそうだし、面倒。何より、めったに訪れないビル。グランドホテルはしばしば使うので、ケジメはつけておいた方がよかったけど、一見のビルのためにチャリの啓蒙活動を行うほどにはヒマではないし。てゆうか暑いし。

結果、立駐管理人詰め所横のデッドスペースに一時置くということで、妥協。
 
[PR]
走れメロス 平野啓子 / NAYUTAWAVE RECORDS「第101回 桑園・JRふれあいコンサート」です。
初めて行ってみました。JR北海道本社ロビーが会場です。つまり桑園駅。こんなに近所にいながら前の100回を逃しているのが悔しい。

お客さんで満席。最後列にはJRの中島社長が普通のおっさん然としておばさん方にまぎれて座ってます。
プログラムは「走れメロス」と「銀河鉄道の夜」。休憩をはさんで40分ずつ。後半はヴァイオリンの生演奏付。

銀河鉄道999 [Blu-ray] TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)銀河鉄道は、さすがJR。吹き抜けのロビーも静かでいいけど、せっかくの鉄道会社だから電車が流れるのを背景に聴ければ尚雰囲気が出そう。タモリ倶楽部でよく使うロケ店みたいに。

太宰の青森に宮沢賢治の岩手。さながら東北シリーズ。
太宰治生誕100年といいながら、メロスは小学生の頃読んだきり。
銀河鉄道も結末はそんな感じだったかな、くらいなうろ覚え。油断したらメーテルが出てきます。

平野啓子さん公式サイト
[PR]
自殺者、半年で1万7000人 1~6月、年間最悪ペース
 今年1~6月に全国で自殺したのは1万7076人(暫定値)で、前年同期より768人(4.7%)増えたことが27日、警察庁のまとめで分かった。すべての月で前年を上回り、高止まりの状態が続いている。専門家は「年間の自殺者数が過去最悪になりかねない」と指摘、早急な対策を求めている
 1~6月の自殺者は男性が1万2222人で71.6%を占める。都道府県別でみると、東京の1569人が最も多く、大阪(1057人)、埼玉(971人)、神奈川(938人)などが続いている。
 前年同期からの増加率が最も大きかったのは51.3%増の沖縄(227人)。30.2%増の山口(237人)、21.6%増の高知(135人)なども目立った。


【一昨日の日本経済新聞
山口は、このたびの豪雨災害で命を落としている方が多いところ。いたましい。佐賀新聞サイトより借用

山口には地福という土地がありまして、母方の墓はこちらになります。地元は岡山の新見ですので、地福には幼少時に一度行ったきり。父方の美濃赤坂にしても、交通の便が厳しい土地の墓は遠退きます。子孫としてお恥ずかしい話ですが。
しかも少子化のトレンドに応じて「子孫繁栄」してないし。

3連休の3日目に死にたくなる癖」も、そういえば先週の海の日の連休はどうだったのかといえば、なんとか乗り切ったようで。なんとか乗り切っているのと癖が治るのとは、別。早急な対策を求めている専門家とやらが、その辺の機微をわかってくれていると助かります。不安定な労働環境について苦言を呈する学者が、もっとも安定した職業に就いているのと同じく。
自殺について語れる”専門家”は、死ななければという域に追い込まれて生還したひとでなければならない。従業員を雇ったことのない学者は、社員に給料を出すプレッシャーをひとまず味わってから雇用施策を語れ。
c0032392_1257048.jpg早朝 座禅。
昨日の道新のコピーが置いてあるところが、嬉しい(笑)
午前 別件の来客は営業統括部長と営業本部長に任せて、丘珠空港。耐空検査が終わってレーザ機材を積み込んでいる機体にお客さんをご案内。技術課長と撮影士に説明をお願い。
午後 帰社。会長。経理会議。技術課長。
[PR]
ラジオ体操のすべて 体操 / キング今朝の道新、瑞龍寺さんで記者が体験坐禅した記事が大きく載っています。
このところ体調不良に任せて、行ったり行かなかったり(昨日は行ったけど休参)を繰り返しております。
朝が辛い冬場に毎朝通ったのに、爽やかな朝が来た♪と二中公園でラジオ体操している児童に負けるなんて…
午前 病院。
午後 市内回り。帰社。社内作業。
  とんありさんにビッグイシューをお届け。
 
[PR]
対論・異色昭和史 鶴見 俊輔 + 上坂 冬子 / PHP新書

対談は「死」についてが締め括り。鶴見さんの、墓はタブレットとして地面に埋められるのもよいという話を受けて上坂さんが「鶴見さんより長く生きていたら、大いに踏んであげましょう(笑)」。その対談直後に上坂さんが先に亡くなっています。これはエピローグ部分。”はじめに”では「この時期に話し合っておかなければ、私も鶴見さんももう話す機会がなくなっていたかもしれません。そう思うと、間に合って本当によかった」とあります。「死」を予見していたかのような文言です。

産経新聞には上坂さんの檄文が定期的に掲載されていたので、議論の傾向はつかめます。したがって本書では、相手が鶴見俊輔だとどんな掛け合いになるのかが興味深いところ。
78歳の上坂さんが86歳の鶴見さんから聞き出す話は、NHKやTBSあたりが8月に企画しそうな”戦争を知らない世代に伝える”つまり子どもが年寄りに当時はどんなに怖かったの?と問いかけるありがちなものではなく、戦争時分は爽やかだった、私もそう感じた、と往時を共有するところから始まるのが、いい。
空襲で焼け出された人々を鶴見さんは「元気で陽気だった」と回想します。これはベトナム戦争の写真展で、あまり悲壮感漂うものに出会わなかったのと似ています。図書館で借りました
 
[PR]
【土曜日】
午前 ビッグイシュー全体会議(自由学校「遊」)。
先日の実行委員会で体制変更が決定。私については副代表から監事(会計監査)になりました。今日はその承認。

午後 松木昭氏 黄綬褒章受章を祝う会(パークホテル)。
測友会で理事を御一緒させていただいた業界の先輩が、土地家屋調査士の功績でこのたび受章されました。そのお祝いに。

夕方 出社。
  母と食事。
実家近くの宮の森れんげ堂。祝う会で結婚式なみのフルコースを食べた直後なので、私はつまむ程度に。でも美味しい。

【日曜日】
午後 出社。
坐禅に行ったら「休参」でした(泣)
午前 来客。技術課長。銀行。測友会。道関連団体。帰社。技術課長。業務推進部長。業務推進室長。
午後 営業統括部長。保険のための健診。帰社。会長。ロータリー事務局。帰社。
夕方 大学同窓会の準備。

結婚記念のお祝い。ロータリーの例会で昨年度(6月末迄)、結婚記念日に会員にあげていたものです。
もちろん私には無いのですが(泣)、120名の会員のなかでひとりだけあげないのはかわいそうだ、との同情により本日、事務局でいただきました。年度が明けたのになかなかもらえないので、当初は会長賞でチャラになったかと(汗)
今度もらうときは、ちゃんと記念日を作って堂々ともらいます、と決意を新たにしようかと思ったら、今年度(つまり今月1日からの1年間)は記念品無いのですって。ちゃんちゃん。
c0032392_18212323.gif
平成21年 北海道有恒会総会・懇親会を以下の通り開催します。

日 時 平成21年8月26日(水) 午後6時より大阪市立大学
会 場 札幌第一ホテル
会 費 4,000円
出 欠 幹事のまで
締 切 8月20日

[PR]
昨晩、似顔絵を描いてもらいました。myu.(みゆ)さんという方です。似顔絵が続きますが、こちらは美術というよりはパフォーマンス。風船にシャカシャカとペンで描きます。画伯が10分かかるところ、風船は2分程度。早さも芸のうち。
ところで当社は北海道大道芸人軍団笑団屋「真田組」の設立発起人であります。
昨日からの頭痛が朝6時までおさまらず、久々頭痛薬を服用。
午前 会長。
午後 経済同友会例会(パークホテル)。帰社。
  お客さんと花火。天気予報がはずれたので助かりました♪
 
[PR]