<   2009年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

十勝毎日サイトより借用昨日の丸井今井の民事再生法申請を受けて、今朝の道新
51歳から上は79歳まで5名にインタビューしてます。自営業ひとり。ほかは無職。
平日日中の丸井の購買層がよくわかります。
みなさん押し並べて残念がります。丸井に買物に来ている客に聞いてるんだから当然の反応。

経済面に目を転じると、みなさん丸井を大好きなのか、歴史の浅い北海道にあって老舗への憧憬か、「なんとか維持してほしい」「復活してほしい」旨のコメントをこぞって発表。「支援したい」とも。
じゃあこうなる前に使ってあげればよかったじゃん、と2chなら書かれますね。そういうひとたちに限って、お中元は大丸に発注したり。

確かに丸井は使えませんでした。
昨年、お中元をお願いに贈答品コーナーへ行きましたら、手際の悪さに辟易。
「お中元は是非まるいで」という姿勢のかけらもない応対。イヤならデパートはいくらでもあるでしょ、みたいな。
私も学生時分、あべのの近鉄百貨店本店で中元・歳暮承りコーナーで接客バイトをしましたが、丸井の店員よりはマシだと自負してます。
で、結局昨夏以来、贈答品の類は大丸に移しました。不景気ですから、いうほどの虚礼もありませんが、そういうマイナーな地元客をみすみす逃しているところに販売不振の要因があるのでは。

日経就職ナビは昨日、道内就職人気企業ランキングを発表。丸井今井は昨年の24位から13位に躍進!したのにねぇ…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ他業種だとここまで言えます。航測・設計業界については誰かに語ってもらいましょう。
早朝 座禅。
午前 通常8時に出社しております。8時半、会社へ私宛の電話が鳴りました。

受けてみれば、セールス。建設資材、タイアップ、いろいろキーワードは並べてくれましたが、結局なんのことやら。
本人も朝早いから何言ってるのかわからないのかも。あるいは新人営業マン。とにかくかけろ。100本かけてひとりでも聞いてくれれば成功だ。みたいなハッパをかけられたのかなぁ、と数分付き合ってみました。

オレオレ詐欺が億単位で稼げる時代ですから、電話セールスもあながち侮れません。
なんの売り込みかようわからんけどとりあえず買うわ、とうっかり乗ってしまう客もいないとは限りません。朝早いから寝ぼけてたり。

証券会社のセールスは、主に夜、でした。実家にいるときはよくかかってきました。
家電を使わなくなっても、ナンバーディスプレーの着信履歴をたまに辿ると、昼間に似たような番号が残っています。

社長の電話番号なんてのは、メアドよりも手軽に収集できるようで。
会社ではめったに取り次いでもらえないから、自宅へ直接かける作戦も、古典的ながら生き長らえています。
誰もいない部屋の電話に、先物取引だの投信だの話を聞いてもらおうと、毎日のようにかける営業マンも気の毒。時間の無駄だし、私の番号は消しておいた方が効率上がりますよ、と一応申し上げておきます。

それでもいいです。いないとわかっている部屋にかける自分に酔っているのです。
または携帯が普及していない時代、着信表示も出ないのに、受話器をとってくれない元カノに何度も電話していたトレンディードラマの一場面を思い出したり。

というのなら勝手に浸っていればいいけど、稀に今朝みたいに社長本人が電話に出る場合があるので、そのときはちゃんとセールスするように。

それにしてもこの丸井の大事件、昨晩の全国ニュースでは見た番組殆ど扱わず。

営業本部長と打合せ。
そのほかは電話対応に追われる。思えば朝イチのセールスから電話使用頻度が今日は高い。
午後 札幌市公文書館基本構想検討委員会市民利用会議委員会(市役所)。委嘱後初会合
窓を背に座っているのが私座長・副座長さんは基本構想検討委員会の先生方が務められ、今委員会は委員が5名。市の行政部の方々がお世話くださいます。
まずは公文書と公文書館についてのレクチャー。続いて質疑。座長の筑波大名誉教授で国立公文書館特別参与の大濱先生がさすがこの道一筋、なんでも答えてくれるし、世界情勢から「鬼平犯科帳」まで引用しながら説明してくれるので面白い。一方で、傍聴席からの突然の質問に「受け付けません」と一喝する厳しさも。

帰社。マカシブ問合せ対応。業務推進部長と発注機関からの格付けについて協議。

夕方 ビッグイシュー大通地下ブースで販売者の入居を担当しているスタッフと雑談。
シアターキノで「シャイン・ア・ライト」公開期間、ミック・ジャガーのインタビューを掲載した108号を売らせていただいたので、そのごあいさつに。
私は長年、キノで映画を観続けるビンテージ会員ですが、ビッグイシューのスタッフとして館主とお話しするのは初めて。
狸小路には東宝プラザがあり、現在発売中の最新号は同館で今日から公開の「マンマ・ミーア!」が表紙。
なので飛び込みで1冊進呈におじゃましました。おおまかながらビッグイシューの説明もさせていただき。

  縁人会新年会(いのこ家)。
 
[PR]
丸井今井、再生法申請へ
産経サイトより借用今朝の道新朝刊、大見出し。

つい一昨日、南1条通に地下通路を作って丸井周辺を中心に活性化させるとかいう案が発表されたばかりなのに。
ロビンソンが18日に閉店したばかりなのに。

道民は、遠くのリーマンより近くの今井さんの方が衝撃大きいはず。
すでに買物は札駅にシフトしていても。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
早朝 座禅。
午前 来客。税理士事務所担当者と打合せ。営業本部長と打合せ。
お昼 ロータリークラブ例会。雨。
午後 帰社。顧問から報告。来客、営業部長と応対。懐かしい方なのでつい昔話に。
[PR]
ビンボーなのはボクのせい? というサブタイトルがついてます。
会場の教育文化会館小ホール、満席。
それほど講師の東大大学院准教授・本田由紀先生には集客力があるようで。前座の道新「ぼくらに、希望を」取材班・村山健編集委員が冒頭、自虐的にこぼしてました。

しかし私の目当ては、まさにこの道新。このシリーズ企画の難点は、昨年9月に書いております
講演ではそんな偏重の繰り返しもありましたが、連載中触れなかった経営者への理解も示してくれて、あら結構いいひとだったのね。

札幌弁護士会主催のこうした講演会には、昨年も参加しました。
市内の人権派弁護士の集まり、かとは思います。が、意外にも手伝わされている感をみなぎらせている弁護士先生もいらっしゃって、アンケートの受け取り方のゾンザイなこと。
それでこそ司法試験をくぐり抜けてきた成功者。ロースクールあがりと一緒にされては困る。
貧困ってのは人間の最低のライン。人間味を発揮したこの弁護士先生こそ、貧困に向き合っているといえましょう。きれいごとは言わない、襟の天秤バッジが輝きます。さすが。





「ニート」って言うな! (光文社新書) 本田 由紀 / 光文社


 
[PR]

私が所属する札幌東ロータリークラブは3月で創立50周年を迎えます。
その記念事業にヒブワクチン接種促進運動を据えました。

赤ちゃんの細菌性髄膜炎は10万人に8.6人発生します。
予防にはヒブワクチンの接種が効果的です。しかしお金がかかります。
そこでヒブワクチン定期接種化の早期実現を応援しよう、と考えたものです。
実は当初、記念事業として「奨学金」という案がありました。
そこで私が仮の事業委員長として市教委や関係者に聞いて回り、試算にまで至りました。
ちょうど市の青年施策のあり方検討委員会入りの頃だったのでタイミングもよかったのですが、すでに取り組みとして普及していることや、市の奨学金制度をさらに重点化していく方針が判明。意義が薄いとして断念。
それが昨年の春。その後、これほど景気が冷え込み、中退を余儀なくされる高校生が増えるなら、この事業も意味があったかも。
次に出た案が「農業」。
食の問題、安全面のほか自給率を考える上でも大切な取り組みでは、と。
特に、お世話している北海高校インターアクト部(ボランティア部)は毎年学校祭で野菜を販売していまして、わざわざ仕入れてくるより自分たちで育てた方が有意義だし面白い、と構想の段階では結構盛り上がりました。
これまた農学修士の私が仮委員長として母校・北大の恩師のツテを頼って農場長先生に相談に走ったりしましたが、手入れはどうするかで頓挫。
結果、医療的な事業に行き着き、ここで門外漢の私は仮委員長から降り、キャンペーン委員会の副委員長としてお手伝いしております。
この事業にあたり、講演会を来月8日(日)13:30より札幌市医師会館で開催します。
ヤサカの向かい、当社からも近くです。身近に赤ちゃんがいる方は是非お越しください。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
早朝 座禅。
午前 業務推進部長から報告。札幌土木現業所。
お昼 市内回り。
午後 帰社。業務推進室長・営業部長から本日の入札報告。
設計部長と相談。社長室に来てもらって経営的な面も含めた技術の話をやや時間をかけて。
途中、母来社。ドアを半開きに顔を覗かせて「あら、いらっしゃい」とは。学校帰りに同級生を連れてきて部屋でゲームでもやっている中学生のよう。部長も思わず「あ、おじゃましてます」と言ってしまいますわな。母親の第一声で状況をビジネスから自宅に転換させてしまうという恐ろしさでした。
[PR]
リアルのゆくえ  おたく / オタクはどう生きるか
 大塚 英志 + 東 浩紀 / 講談社現代新書

違和感が何なのか、あとがきを読むとわかりました。この対談には注釈がありません。何故無いのか。あとがきを先に読まねばわかりづらい話です。いやあとがきにも注釈は無いのですけどね。基礎知識を持たずに300ページ超の対談を理解できる読者は、近年のヲタ事情と博士号を取得する学識と批評家とは何かをすべて咀嚼しているのでしょう。そんなわけで私は読んでいてわかりません。たまにわかりやすい事例が引用されるとオアシスで一服するよう。

なので本書の楽しみ方としては、8年越しで熱く語るふたりの識者の掛け合いに、いかに面白味を見出すか。なかでも挑発する大塚先生に対し、最初の2年間はのらりくらりと返答していた東先生がとうとうキれる2007年は見もの。

対談は、これくらいスリリングでなければ。赤塚先生のように酔っぱらって途中で寝てしまうのもおもろいけど。ウチ(ビッグイシュー)の中島先生は喋り上手なのでよく対談してます。多くは、仲良しの方で、例えば山口二郎先生だったり。仲良しだからか、議論は白熱しません。たいてい同意から始まり、自分の意見を述べ、それを受けた相手も同感、で以後繰り返し。勉強にはなるけど、そういう対談に限ってバトルチックな、「対決!」みたいな呼び込みをつけたがる。なにかというと「緊急参戦!」とつけたがるバラエティー番組のようで。
つかみ合って喧嘩しろとは言いませんが、少しは東先生みたいになんで僕の言ってることがわからないの?!!と苛立って欲しいもの。

ついで。論座 2007年1月号 朝日新聞社出版局
本書にも登場する「論座」2007年1月号で赤木智弘氏が書いた「『丸山眞男』をひっぱたきたい」なる論文。結局未だ読んでないのですが、山口先生はそれこそ対談のたびに「この論考を読んで後ろからガーンと殴られた気分」と評してました。
それくらいの衝撃と言いたいのでしょうけど、一般には伝わってないでしょう。だいたい掲載された「論座」自体が読まれてないから休刊するんだし。ビッグイシューを取り巻く「貧困を考える」環境もそうだけど、いかに少ない日本人が内輪で盛り上がっているかがよくわかります。論壇なんてそんなもの、批評家なんて必要なの?という問いかけも、本書で自虐的に自問してます。

図書館で借りましたなお、おたくについては「まんだらけ」を一周してから読み込むとわかりやすいかも。
 
[PR]
本日の道新夕刊、ビッグイシューの販売者が自立した記事が掲載されています。
こうして取り上げてもらうのは、何度も言いますが、ありがたい。
でもこの記事、朝日を併読している読者にとってはただの後追いです
新鮮なのはあえて大通ブースには触れず、琴似の地域性を強めたところ。
あとはウチの看板娘のコメントを載せたところ。

昨日は完全にクレームですが、ビッグイシューについては地元紙への叱咤激励。
地元ネタで、道新がもっとも得意とする偽善で、もっといえば位置的にも大通ブースは道新から歩いて3分。
しかも殆ど地下直結のような利便性を享受しながら、どちらかといえば駅寄りの朝日に抜かれる体たらく。
がんばってほしい。
早朝 座禅。
午前 営業本部長と会議の打合せ。業務推進部長から報告。営業部長・業務推進室長と相談。会長来室。体調を整えるため一旦帰宅。帰社、営業部長打合せ。
午前中開札の物件、3万円差で逃しました。年初にしては大型の案件。営業部長と文字通り、がっくりと肩を落とし…
午後 業務推進部長から報告。ちょっと外出。帰社。業務推進室長打合せ。営業部長打合せ。
夕方 ビッグイシュー大通地下販売ブース。販売者が道新夕刊に載ったというのに、反応が全然ない。それどころかかえって売り上げが落ちている現状について立ち話。
そこに当社社員が通りかかる。ひととおりこのブースについて説明。
  新年会(一乃喜)。
 
[PR]
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ【土曜日】
午前中、ビッグイシューの卸。お昼前に道新本社。昨日の夕刊に
勤労青少年ホーム 札幌でも存廃論議
なる記事が出ています。「レッツ」がニートや若者支援に役立っているけど施設の老朽化でどうなるか、という内容。
〆が、我がビッグイシューの誇る中島岳志准教授のコメント。

とはいえ、正直言って力の入っていないコメント。
だいたい「レッツ」について中島先生に語らすのもやや難でしょうに。
利用者の写真はカラー。夕刊にしては大きい扱い。でも内容の多くはこれまでの焼き直し。
それだけに、気になるのが「青年政策のあり方検討委員会」なる表記。
青年施策」だと読者センターに昨年、申し入れたにも関わらず、同じような間違い。
ということは、読者センターから記者に指摘事項が届いていないか、記者が聞いても相手にしなかったか、聞いたけど忘れたか。

読者センターは土曜は休みかと、記事を持参で直接本社を訪ねてみました。
土曜でも、受付も読者センターもやっているそうで。
受付嬢に誤字だとわかる資料を示して話すと、その場から読者センターに電話してくれました。
でもセンターでは埒が明かず。では、と受付嬢が編集に電話してくれます。
彼女、道新の受付嬢にありがちなツンケンした表情ですが、やることはテキパキ、センターにも編集にも同様にわかりやすく過不足無く、こちらの本意を伝えてくれます。

札幌圏のデスクと電話で話してみると、誤字なのは認めました。
が、これで訂正記事を出すかは、今は答えられないと。丁寧な対応で。

クレーマーやひまつぶしの粗探しのように思われるのもシャクなので、名刺を置いておきましたが、まぁクレーマーみたいなものでしょう。
ただ、言葉のひとつひとつを、毎回精査しながら答申書を作り上げてきた委員会メンバーと、その準備に奔走してくださった市教委の担当者方の労苦を思えば、委員会名称を間違えられたまま放置されるのは失礼を通り越して、侮辱。
これが食品問題なら、内部告発者の電話に対し然るべき対応をとらなかった役所のようなもの。
それを道新は徹底的に叩いたのだから、己の社内はどうなっているのか、を全社挙げて取り組んでみてもらいたいもの。笑い事ではなく。

午後、ホテルニューオータニ。市の教育委員長と安田文子さんというピアニストの演奏を聴きに。ポーランドやロシアで留学を積まれた方だそうです。

たっぷり3時間も最前列で聴かせていただき、満足。
一旦帰宅するほどでもない時間なので、ビッグイシュー大通地下販売ブースで販売者とダラダラ喋って時間つぶし。
それでもつぶしきれず、コスモのまんだらけへ。
たまに行くと、ここはおもろい。サブカルコーナーは40歳前後なら買いたくなるものが結構あります。
068.gif
夜はススキノの奥の方、yinzuというお店で中学の同級生たちと食事

【日曜日】
夜、豊橋へ到着。
豊橋鉄道の新豊橋駅がきれいになっていて、以前の古びた駅舎が懐かしい。
予定より遅く着いたため、いつも立ち寄る鈴木珈琲店ではゆっくりできず。
午前 豊川稲荷参拝
お昼 豊橋へ戻り、豊橋南ロータリークラブの例会へ。
豊橋市長の講話を聴きます。フランクに名刺交換。
夕方 帰札。
 
[PR]
c0032392_9532365.jpgこのたび札幌市公文書館基本構想検討委員会市民利用会議委員に選任いただきました。昨日、総務局行政部の封筒で上田市長から委嘱状が届きました。
任期は、一昨日から3月末まで。会議は3回。これまで札幌市では地域福祉社会計画策定委員会 委員(保健福祉局)、環境保全協議会 第5次委員・第6次部会長(環境局)青年施策のあり方検討委員会 委員(市教委)を仰せ付かりましたが、もっとも簡素な感じ。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

早朝 昨日とうってかわって、雨。風雨のなかをお寺で座禅。
雪像作りに雨で支障が、というのは毎年起こるので、この辺の地球温暖化は変わらず。
午前 会長打合せ。税理士事務所担当者来社。営業部長打合せ。
お昼 外出。風雨激しく、くじけてすぐ帰社。
午後 営業部長打合せ。執行役員と相談。設計部に顔出し。
若力会グループスタディ支援事業「IT経営グループスタディ」(協力 北海道経済産業局)。R&Bパーク札幌大通サテライトにて。
講師はファーストコンサルティングの乗山徹社長。「この大変な時期に会社を経営されるみなさまに、冗談ではなく敬意を表します」という真摯さと「今の経済状況は明治維新のようなもの」という経営コンサル的分析から始まりました。確かに歴史の授業ではいきなり坂本龍馬だの西郷隆盛だのが登場して幕府が倒れました、とあっさり教えられましたが、体制が変わるに至るのに黒船だけが要因ではなく、今のような、なんかおかしくないか、という素地があったのだろう、と。

帰りにビッグイシュー大通地下販売ブース。
 
[PR]
北海道開発の役割は終わったのか?
 小林 好宏 + 佐藤 馨一 / 北海道建設新聞社

協会から送られてきたので、読んでみました。
タイトルの問いかけに「まだ終わってません」と答える本。
発行元からわかるとおり、また協会がわざわざ進呈してくれることからもわかるとおり、建設業にとっての北海道開発が書かれています。北海道開発における建設業といった方がいいのか。
なかには北海道新幹線の必要性で1章を割くほどの気合も見られます。
でもこの辺になるとあまりにも語気が強過ぎて、逆にそこまで必要性を論じると反発を招きかねないかと。
そんな心配する必要もないのですけどね。読者はかなり限定されるでしょうし、本書を下地に道新辺りが議論を起こしてくれることはありえないし。残念ながら。
道内の建設業界が日頃溜め込んだ鬱憤を、北大で経済・工学で教鞭をとった先生方に論理的に代弁してもらって、少しはスッキリしましょう、というくらいでちょうどいい。

踏み込んでもらうなら入札制度の改悪を、独禁法や公取の矛盾で突いてもらいたいけど、その辺はまた別の専門家の領域なのでしょう。
でも建設業の成果品を生鮮食料品と比較して、入札そのものがおかしいと言い切ってくれた場面には、毎日苦しむ同業同輩はきっと涙します。
 
[PR]
昨日の某紙に掲載された同業他社の記事は、関係各位に朝のうちに渡ったと思います。
発想・工夫次第で、こういうことができる、という事例です。
難しく考えることはない、新たな仰々しい設備投資も必要ない。
それどころか売り上げの前に助成金さえもらえる。
当社のマカシブも、まぁ思いつきのイキアタリバッタリの典型ですが(笑)、思いついて、取り組んでみて、それで事業化できれば儲けもの。

当社の技術は「真面目」が売りです。それが客先に高く評価されています。
そこに新たな視点を与えることで何かできないか、を考えましょう。
早朝 風邪治ったので1週間ぶりの座禅。
マイナス7℃くらいになると、かえって心地よい。
午前 執行役員・営業部長と相談。地理情報部長に連絡、地理情報部から課長・課長代理に来てもらう。執行役員・営業部長と打合せ。会長に報告。
お昼 ロータリークラブ例会。
毎年恒例の「年男の弁」をプログラム委員長として該当者にお願いしました。
先週に続いて2回目ですが、今週は個人的に聴き応えが。

おひとりは、一橋大学卒業後、米国でMBAを取得、外資証券会社に勤務。破綻したリーマンを引き合いに、相当な報酬を受けていたそうです。それが一変して父親の会社を継ぐため帰札。1/5以下の年収に。その会社も整理して、今はご自身で仕事をしてらっしゃいます。
前半部のエリートコースは別として、前勤務先から年収ガタ落ち覚悟で会社を継ぐべく帰札、という点で、我が境遇を思い出します。

お二人目の方は、今もご尊父と一緒に経営。このご時世なので、やはり切り詰めるところは社長である自分の給料から。資産家ですからそのスケールは違いますが、自腹を切ってでもこの不況を乗り越える気構えは、我が境遇を思い出します。
午後 桑園駅。帰社。業務推進部長から報告。会長来室。営業部長と打合せ。
本日よりエキサイトブログさんの英断で、コメントの承認制が導入されました。
これでうっとうしいエロ・スパム・中傷コメントの削除が楽になります。
[PR]