<   2008年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧

午前 座禅。いつもの座布団がふさがっていたので別の列に座ってみると、暖房の温風が直で当たる。
市教委直行。8回目にして最終回の
札幌市青年施策のあり方検討委員会
c0032392_16545671.jpg答申案の最終検討。「自立した青年」の定義付けが初回の委員会で話題になり、未婚青年は果たして自立しているといえるのか、と議論になりました。それについての文言が修正箇所としてうまく表現されていて、会議中委員長から「矢橋委員、よかったね♪」と。独身青年を代表して札幌市のお役に立てた、のか?今後発表されるパブリックコメント「これからの青年施策」の項目に注目ください。
(写真:右から3人目が私)

お昼 ガバナー事務所に会長のおつかい。
c0032392_1842833.jpg幼馴染のご両親の酒屋さんが本日で閉店するのでごあいさつに。
STVの北1条通をはさんで向かい側という好立地。幼稚園の頃はよくお店の中で遊ばせてもらいました。コンビニ流行りの昨今、昔ながらの酒屋さんです。今後はビルオーナーとしてテナント専業になるとのこと。普段ごぶさたなのに閉店となると寂しい。

午後 車に乗り換えて、神宮へ。当社職員のお嫁さん姿を見に。神前式自体見たことがないので、後学のためにも(笑)。新郎もよく知ってる方なので、遠巻きにごあいさつ。
七五三の時季でもあり、こどももあちこちでみかけます。相変わらず千歳飴持って。

早朝はお寺、お昼はお宮。神も仏も助けてくれるなら両方すがります。

帰社。室長と相談役に相談に乗ってもらう。来客。設計部長に相談。
[PR]
午前 座禅。
先日参禅を勧めてくださった方に更衣室でさらに勧められる。1回参禅したくらいではわかるものもわからないのはわかる。けど、知識不足は甚だしいし、それを補うべく勉強しようという気にならない。禅には興味あるけど。勉強全般に、気が。てゆうか、会社に行くのがやっと。

で、なんとか出社。

お昼 ロータリークラブ例会。
サミットサイトより借用ゲストスピーカーは、プログラム委員長の特権行使。G8市民メディアセンター実行委員会の滝口代表を招きました。
これまでサミット関連の卓話といえば、ウィンザーホテル総支配人とか。ゴージャス。さすがロータリー。でも、今年度のプログラム委員長の毛色はワカゲノイタリ。ロータリアンが目をつけない講師を。
パワーポイントでわかりやすく話してくれました。「わかりやすく」というのは私からの要望。年寄り年配者はIT用語やグローバルなんたらとか言っても理解できないので。そのため時々「こうしたコンテンツ…あ、項目で」などと気を使ってくれたところが。

洞爺湖サミットの市民メディア活動」というタイトルで。特段内容については打合せをしておりませんでしたが、メディアセンターの3拠点のひとつとして当社が登場しました。クラブ内では話題にしていなかったので、これで何故この講師を招いたのか、が会員のみなさんは理解できたかと。

午後 銀行。へ行く途中、時計台ビルの公開空地をチャリで横切る。ビルと時計台のあいだの空間といえばわかりやすい。そこに清掃中のおっさんが立ちふさがる。

降りてください」。
チャリのカゴを押さえんばかりに。「ここは乗ってはいけない場所です」。言葉遣いは気をつけているようだが、警察でもそんな制止はしない。
時計台ビルが建って何年経つだろう。中学生の頃、開局したてのFM北海道のスタジオを見学した記憶があるから25年くらいか。その間、商工会議所へ行くにもショートカットとして毎度通っていたが、「乗ってはいけない場所」との認識は無かった。相当の広さが確保され、スロープもある(これは車椅子のためだとは思うが)。隣接する時計台の周辺歩道を走行するよりも安全といえる(本来車道を走るべきだが、観光客貸切タクシーの路駐で不可)。乗ってはいけないのなら「乗り入れ禁止」の告知を事前にすべきだろう。立て看なりで。突然止めて、降りろとは非礼。
さすべえPART-3 シルバー 普通自転車用 / comolife周りを見てください。乗ってるひとはいないでしょう」。元々人通りは少ないし、この寒い時期に走るチャリ自体少ないのだよ。夏場に言えよ。防寒して乗ってる私も大変なんだから。
事前の告知を無視したならともかく、その態度には腹が立つ。とかやりとりしているうちに、では上司を紹介しますということになってビルの管理事務所へ。上司といってもメンテを委託している会社の社員。その態度で不快な思いをさせたことはお詫びします、と、そういうことで怒っていたのだっけ?という落しどころで終了。

帰社。agogさんの社長を訪ねるも不在。会長立ち話。総務部長打合せ。会長長話。
 
[PR]
1942年の作品。81年の方になると、ジャック・ニコルソン。

郵便配達人は登場しません。したがって郵政民営化を問うことも不可。どこが問題!郵政民営化 白川 真澄 /  / 樹花舎

蠍座常連サービス第2弾。

蠍座にて
[PR]
だるくて関係者にはご迷惑をおかけしております。
午前 昨晩が遅かったので、座禅は自主休業。
お昼 営業部長、地理情報部長、総務部長と打合せ。
午後 会長と銀行。帰社。営業部長から報告。
[PR]
午前 座禅堂には今朝から暖房。
出社。総務部長からパンをもらう。最近はこのパンで食をつないでいる。室長から提言。外出。
お昼 帰社。
午後 来客。会長打合せ。
  縁人会の方にGLUESのライブへ連れて行ってもらう。会場はフィエスタ
ライブは相当久しぶり。確かに気分転換にはなりました。
 
[PR]

ある子供」では18歳で出産した上、その子を旦那に売られて激怒するデボラ・フランソワが、本作では幼少の頃からピアノをたしなみ、物静かな短大生へと成長してくれます。

どちらもいい。

復讐劇ですが、そういう手段もある、ということで。参考にならずとも、映画ならOK。

シアターキノにて  ■ 公式サイト
[PR]


先週、狂人を演じ切ったナタリー・ポートマンと、先日ベビーシッターで苦労したスカーレット・ヨハンソンの贅沢な取り合わせ。そこにヘンリー8世として「ミュンヘン」で暗殺チームのリーダー役を担ったエリック・バナが加わります。
世界史が不得手だと、史実を追うのも新鮮。

札幌劇場にて
 
[PR]
手稲の山に雪が積もってました。
午前 座禅。出社。会議。
お昼 中小企業家同友会 地区会長・副会長会議。
午後 帰社。所用で会議を欠席していた業務推進部長から報告。会長来室。設計部長が励ましに来てくれる。会長ふたたび来室。顧問から報告。来客、agogさんにて。帰社。
[PR]
【土曜日】
お世話している北海高校インターアクト部があしなが学生募金の街頭呼びかけに立つということで、池内前までチャリで。

その足で、ロイトンロータリーの地区大会は今日から。主催者である「ガバナー」は弊社会長。午後から諸行事が続き、私は夕刻からの「国際ロータリー会長代理歓迎晩餐会」に出席。その会長代理はフィリピンから。姉妹地区の韓国からも団体で駆けつけ、同期の国内各地のガバナーが釧路・五所川原・宇都宮・佐世保ほかからいらっしゃって来賓室はいっぱい。
なお、私は表向きあくまでも他クラブ(会長は札幌西、私は札幌東の所属)なので、晩餐会ではガバナー夫妻(つまり両親)は私のテーブルにも御挨拶にいらっしゃいます。ヘンなの。
【日曜日】
右端は私。高校生をふたり挟んで国際ロータリー会長代理夫人朝から同じくロイトンで本会議。
ガバナーの挨拶が頻繁に入るので、そのシナリオを一昨日遅くまで社内で作り直しておりましたが、実際にちゃんと読めているのか心配。身内の1,500名の聴衆の前での挨拶は、政治家でもなければ見ている方が身体に悪い。

午後の講演は寺島実郎氏三浦雄一郎氏。大物講師をふたりも揃えるのもえらい会合。
終了後は隣の厚生年金会館で懇親会。
[PR]
西ひがし 金子 光晴 / / 中公文庫

同い年の知人に借りました。
カネコミツハルという名前は知ってましたが、どういう作品を書くひとかは知らなかったし、知ろうともしなかったし。本作は、私小説というのか紀行文というのか。小説にも疎いもので、その深みがわからず。

時代の古さを差し引いても、自由にあちこち回れるのは羨ましい。
 
[PR]