<   2008年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

本日の道新札幌圏(16版27面)に、昨日の札幌市青年施策のあり方検討委員会について書かれています。
レッツ「継続使用困難」
札幌市青年施設検討委 支援ネット構築提言
おどろおどろしい見出しです。
本文では正しく表記しているのに、見出しは「施設検討委」になってるところが恣意的。
署名によると、記者は川原田浩康さん。9月2日の委員会について9日、記事にした方です。

昨日、川原田記者は委員会の終盤に入室。その前に私から、9日付の記事について話題提供しております。
記事の論調から道新は、レッツの存廃に関心を持っている。道新の市民に与える影響は大きい。当委員会で出した答申書をパブリックコメントに晒す際、レッツについて厳しい意見が寄せられる可能性もあるが、理論武装の必要は無いか。
という感じで。

本日の記事は、誤解・曲解も無く、至極事実に沿った内容でした。委員会が施設の老朽化にも言及したのも確か。でもそれを捉えて「継続使用困難」はちょっと過激では。漢字の羅列も刺激的。週刊誌じゃあるまいし。

emoticon-0161-phone.gifそんなわけで道新読者センターへ電話。
困った人たち対応セミナー第2巻(ストレスをためずにクレーム対応をスムーズに行う方法) / 株式会社ビジネスサポートあうん見出しのつけ方云々は整理部の判断だとか言われると面倒なので、過激かどうかは置いておき、「施設」と「施策」は誤字か否かに論点を絞ります。
これとて「レッツは『施設』であり、レッツを検討している委員会なのだから間違いではない」などと屁理屈をこねられる可能性も大。

と思ってたら電話口のおじさん、意外にあっさりと認めました。「あぁ!ほんとですね!すぐに担当者に伝えます」。
電話を切らせる手口なら、このクレーム処理は最適。これ以上責め立てようがない。
午前 座禅。出社。会議。業務推進部長と打合せ。
午後 市役所。測友会事務局。ガバナー事務所。帰社。業務推進部長から報告。測技協の評議員としての仕事。営業部長から出張報告。
[PR]
「心の傷」は言ったもん勝ち 中嶋 聡 / / 新潮新書

芸能人が安易にPTSDを持ち出すと、本当にこの症状で悩む人々が詐病扱いを受けるのではとワイドショーを見ながら心配しております。

本書では、朝青龍の症状をまっさきに取り上げました。世の中の多くが思っていることを、精神科の先生が代弁してくれるところに、この本の価値があります。
生徒が「傷ついた」と言えば先生はうろたえ、電車で女性が「触られた」と言えば警察は問答無用で逮捕に走る。医師がインフォームドコンセントを徹底しても、患者が「聞いてない」「不親切だ」と言えば医療過誤に。
弱者を守るのは当然。それも程度の問題。実際にはどうだったのかの検証をさておき弱者保護を優先するのもいかがなものか。著者はそれを「被害者帝国主義」と呼びます。

「ブス」のひとことで傷つき訴訟を起こされるなら、日頃容易に「バカ」と言うのは危険。図書館で借りました
 
[PR]
【土曜日】
秋のワイン会&ファッションショー at FORTUNA
フォルトゥーナさんの店舗でワインを飲みながらファッションショーを楽しむ企画です。
c0032392_1013251.jpgemoticon-0168-drink.gifそのワインは、ロータリーでお世話になっている先輩の奥さんがソムリエとしてセレクトしたもの。ご夫婦にはかわいがっていただいておりまして、私も連れて行ってもらいました。
女性ばかりだよ、とは聞かされてましたが、40人近くの女性客のなかに男は先輩と私だけ。ファッションに関係するイベントだけに、その女性客も素敵な方ばかり(すでにご活躍の方ばかりなので若いということもなく)。
emoticon-0166-cake.gifお料理も女性向け。繊細でかわいらしく、おいしい。
パティシエのケーキが早々に無くなってしまうのも、女性メインの企画ならでは。
いつもの爺さんの集まりでは余りまくりなので、勝手が違います。
emoticon-0134-bear.gifファッションショーは、服飾デザインはもちろん、髪やアクセサリーにもそれぞれ担当された方が解説。モデルには、知人も出演してました。
午前 座禅。出社。営業部長+地理情報部長と早朝ミーティング。
7回目の札幌市青年施策のあり方検討委員会(市教委)。
大詰め。答申書原案の検討。
移動時間を考慮して、当初途中退室の予定。ところが議論が面白くなってきたので教育委員会の担当者さんと相談。チャリでここからコンベンションセンターまでどれくらいかかるかを計算し、結局最後までいることに。
c0032392_10505450.jpgお昼 その担当者さんの計算どおり、意外に早く移動できました。
集合時間ぴったりにコンベンションセンター入り。理事メンバーでランチしながら最終打合せ。
午後 測友会懇談会。総合司会を仰せ付かりました。
松下幸之助の「熱海会談」よろしく紛糾するかと思いきや。
夕方 終了。あとかたづけ。道庁前のビッグイシュー販売者を見舞う。1日の役員会会場打合せ。
  足裏マッサージURATSUBOさんへ。FORTUNAで紹介されたので早速。
足の裏をいじられるのは初めてですが、気持ちよいものですね♪
 
[PR]

キム・ギドクだから観に行ったけど、という作品。
主人公が喋らないという設定では「悪い男」の方がよくできてるし(本作は「喋れない」というところもありますが)。きれいな女性は全然登場しないし(「」なんざ主人公を眺めるだけで充分♪)。

見どころは…主演の女優さんが見せるラストの白目。
あと、主演の女優さんのヘタな歌(そういう演技かもしれませんが)と、痛々しい振り付け。

主演のチャン・チェンは「呉清源」でも主演。「ブエノスアイレス」の男色も取り込み、「愛の神、エロス」「2046」の好演も髣髴。

でも本作は、どうも。

札幌劇場にて  ■ 公式サイト
[PR]
戦前の少年犯罪 管賀 江留郎 / / 築地書館

昔は少年犯罪が無かったかのように近年の少年犯罪を論じるマスコミ・評論家を嗜める本。
昭和~終戦まで、少年による犯罪事例をこれでもかと並べます。

旧制高校のような教育が無くなったのが最近の少年犯罪の遠因、という関係付けも幻想だということを、当の旧制高校生の乱暴狼藉ぶりと周囲の甘やかしぶりで証明。
モンスターペアレントなんてのは戦前もいたというのも。図書館で借りました
 
[PR]

初日。さっそく。

子役がこれほど純粋だと、どこまでが演技かわからない。
台詞の掛け合いでは普通に聞き返し、間の悪い返事があったり。
足のバタバタ加減も自然で、だからこの子が泣くと釣られる。

ベートーヴェンの交響曲第7番が効果的。
映画(撮影現場)の時代がかったところや病院自体のひと昔前の意匠(レントゲン技師のものものしさ)と、「物語」の登場人物の衣装の鮮やかさの対比も楽しみどころ。
本当の半身不随、と共演者・スタッフを騙して撮影したリアルさも。

ロケーションの、街の持ち味をそのまま「作り話」の舞台に仕立てているのがまた素敵。

シアターキノにて
 
[PR]
23日の朝日新聞CM不況で民放苦闘なる記事が掲載されていました。
〆はこんなフレーズで。
 民放の制作現場に詳しい砂川浩慶・立教大准教授は「会社や商品の知名度をあげるのに最も効果的な手法がテレビCMだったが、出稿元となる新しい産業が出てきていない経済構造を反映して広告費が落ち込んでいる。制作費が削減されると、番組の質が下がる恐れがある」と視聴者にツケが回る危険性を指摘する。
この「ツケ」とは、「視聴者がちゃんとテレビを見て、最新商品を買ってやらないと、大企業は広告費を捻出できないから制作費が削られて、番組の質が下がるのよ」とも読み取れます。先生のコメントは正論なのに、「ツケ」なんてつけるだけで急に上から目線。CM NOW 2008年9月号 / 玄光社
emoticon-0149-no.gif以前は馬鹿馬鹿しくて笑える番組がありましたが、最近は馬鹿馬鹿しくて見ていられません。
ニュースも、よけいなコメンテーターのよけいなコメントが耳障り。
おどろおどろしい効果音。誤字脱字で画面いっぱいのテロップ。30代加害者の、小学校卒業文集に寄せた「将来の夢」。胸元しか映らない関係者インタビュー。マイ箸で環境を論じる、箸の持ち方がおかしいタレント。無闇なCM跨ぎ。
emoticon-0149-no.gif番組の質はすでに下がっているし、それは制作費の削減が始まる以前からの傾向。不況は関係ない。
午前 座禅。出社。地理情報部に契約社員をひとり採用、その方があいさつに。

マンションのガス工事に立会い。建物周りの修繕やら個人宅のリフォームやらで今日はいろんな業者さんが動いてます。

ついでに雑務を処理。帰社。業務推進部長と情報交換。地理情報部長から報告。営業部長と入札について。常務と出張打合せ。
お昼 Piazza Darlyで。
COUPLE’S LIFE 02 holiday / デザインエクスチェンジかつてSOSO CAFEがあった三誠ビルです。
500円ランチはお得。それだけに混みます。
いつもは時間をずらして行くのに、今日はランチタイムど真ん中。
2人用のテーブルしか空いておらず、申し訳ないけどひとりで座っていると、近隣にお勤めらしき若くてきれいな女性が相席を求めてきました。
躊躇する様子無く。慣れているのか。

若くてきれいな女性と差し向かいでお昼ごはん、なんて状況は前回いつだったか。
そんなシチュエーションがオプションで付くと、とりあえず500円では済まされないでしょう。
emoticon-0152-heart.gif不意を突かれた偽装ランチデートは、緊張するので食べた気がしません。
傍目からは、まるっきりよくできたカップル。ランチを申し合わせて一緒に食べに出てきたような。
仮に私にカノジョがいたとして、或いは奥さんがいたとしたら、ものすごく誤解を受ける外観。
そういう心配をせずに相席を楽しめる境遇だったのは、幸い。
emoticon-0152-heart.gif彼女は、食後についてくるコーヒー(これで500円だから安い)が運ばれる頃には席が空き始めたので、移動しました。ちゃんとお礼を言って。よくできた娘さんです。

午後 道庁。雨降る直前に帰社。営業部長と打合せ。会長来室。業務推進部長と来週の話。
夕方 agogさんとこで社長と懇談。
  縁人会#2(創作和食 うにまる)。珍しく二次会に参加。
[PR]
秋の全国交通安全運動が日曜から始まりました。
当業界では翌月曜に、街頭啓蒙活動に協力しております。そんな折ですが昨日、知人がチャリで通勤中にはねられました。

一時停止を見落として侵入した車に側面から追突されたそうです。
こちら(チャリ)に気付かずにトロトロと侵入してくる車には、よくお目にかかります。
道交法ではこちらが優先の道も、気付きが鈍そうな車の登場では徐行を課されます。
で、多くは、案の定、チャリの通過に驚きの表情を見せます。まったく気付きませんでしたぁ!という顔。
徐行せず、道路標識を信用して走行する知人ほど、事故にまきこまれます。

動きの怪しいチャリもいるので、車ばかり批難できるものではありませんが。
来月にはチャリ乗りにとって厳しい気候になります。寒いのに怪我はしたくないものです。
午前 座禅。

隣の住職が風邪ひかれたようで、鼻をずるずるいわせてます。
鼻からの呼吸が大事な座禅に鼻がつまっては、大変。急に冷えてきたので体調崩されたのでしょうか。我が身も作務衣に裸足、下駄履きで毎朝、チャリでお寺まで通ってますが、そろそろ靴下くらい履かねば。

出社。会長来室×2。営業部長と打合せ。顧問から出張と昨日落札の件。
お昼 ロータリーの臨時理事会。続いて例会。
午後 帰社。
夕方 中小企業家同友会地区例会担当副会長として何もしてないのが申し訳ない
テーマは「あなたの考える良い経営者とは?」。グループディスカッションで進めます。
「良い社長」と「いいひと」は同じではない。
社長は結局、割りに合わない仕事。
グループの参加社長全員が同意した点ですが、前者は難しい。
終了後、事務局隣のビルの居酒屋「まごころ」にて懇親会。
 
[PR]
道新ぶんぶんクラブ主催の西部劇トークショー。
作家の逢坂剛氏と洋画家の山野辺進氏による掛け合いを聴いたあと、上映会に入ります。

西部劇はしっかりと観たことがありませんでした。
先日、ロータリーの例会で先輩(50代目前)と短編映画祭の話になった際、先輩が映画なら西部劇だと熱く語り出したのが驚きと共に興味深く。

トークショーでもコーディネーター役の女性記者が「埃っぽい西部劇のどこがいいのか」を尋ねたところ、おふた方が「どれほどいいのか」をこれまた熱く喋り出しました。
それほど西部劇は良いものらしい。大いなる西部劇 逢坂 剛 /  / 新書館

本作は、そんな西部劇の代表例として上映されたのでしょうが、水戸黄門のような安定感とワクワク感が一緒くたになった感は確かにあります。ハッピーエンドにしてはちょっと渋い〆め方でしたが。

■ 道新ホールにて
 
[PR]
酒の用心棒 お試しタイプ (2入り) / メダリスト昨日はせっかくの祝日、二日酔いで昼まで起きられませんでした。
以前、飲んでも酔えない時期がありましたが、ショックで体質が変化してもやがて元に戻るようで、飲むと具合が悪くなるようになりました。
酒に逃避しようにも酔えないのでは逃げようがない、というのと、1杯で具合悪くなり2杯目で吐く、というのとではどちらにしても効果が無い。
午前 座禅。出社。室長から今週の報告。
午後 市役所。測友会 理事会(経済センター)。帰社。
[PR]