<   2007年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧

【土曜日】
ビッグイシューの卸を終えて、空港へ直行。
仙台へは平成7年以来。その前年にも来ています。2回共、出張。2回共、新幹線で東京から。空路では初めてのようなものです。
そのうちの1回は、入社試験の試験監督でした。
c0032392_19122770.jpg
夜の大阪市立大学同窓会東北支部(東北有恒会)総会まで時間があるので、ホテルのチャリで市内を回ってみました。
勾当台公園では仙台放送の感謝祭をやっていたので覗き、
玉澤総本店で、通りを見下ろしながらお菓子を食し、
壱弐参横丁のニューエレガンスでイノダコーヒーを堪能。

本道の六花亭もそうですが、しっかりしたお菓子屋さんは、店員さんの対応が素敵です。
壱弐参横丁は、渋いなかにも新しさが同居していて素敵です。
仙台のアーケードでは、ルーズソックスをはいた高校生を発見。
そのアーケードが土曜日だからか、とってもにぎやか。夕暮れ時には街角でクラリネットの演奏が始まったり。味わい深い。

ホテル白萩での同窓会は、大阪の事務局長と私を加え11名。
冒頭、物故会員への黙祷。先々週読んだ「地元学のすすめ」の著者、下平尾先生は福島県在住で、前回の総会には来られたそうですが、先日お亡くなりになったとのこと。お会いできず残念。
東北地方に精通している先輩にいろいろ相談。
【日曜日】
c0032392_1910411.jpg今日は札幌へ帰るだけ。今週は体調すぐれないので、食べ歩きは控え、まずはエビアン 東一北店で珈琲。老舗ですが、こぎれいなお店です。
お昼はきすけ駅前中央店で牛たん定食。AS TIMEで珈琲。地下のしぶい雰囲気のお店です。
空港へ向かう前に、JRで宮城野原駅下車。「フルキャストスタジアム宮城」を見に行く。楽天はお留守。この球場名は、来月でおしまいなので。球場脇でソフトバンク戦のテレビ中継を見入るファンのみなさんを尻目に、球場の看板を見たら満足。
 
[PR]
泣きっ面に8連敗…CSマジック消えた
【本日付 デイリースポーツ七回、今岡は中村紀の三ゴロを処理する際に右足を痛め顔をゆがめる=甲子園

リーグ優勝目前まで行っただけに、残念。
こうなれば3位死守、CMで逆転、シリーズ進出を。
午前 会長来室。来客。
    業務推進部長と情報交換。
午後 地理情報部長から諸事報告。
    営業部長からも諸事報告。
    会長しばしば来室。
   会食(ロイヤルホテル・龍園)。
[PR]
パール判事 ― 東京裁判批判と絶対平和主義
 中島 岳志 / / 白水社

いつもビッグイシューでお世話になっている中島先生の最新刊です。
先日もスタバでゆる~く冬場の販売についてなどをお話しましたが、こんな本を書いているとは思えぬゆるさ(笑)。インドご出張中に、週刊誌や新聞の書評で大きく取り上げられていました。原先生をして「高校生が進学に迷っているなら北大をすすめる」と言わしめるほど。

講談社学術文庫の「共同研究 パル判決書」は12年前、上下巻とも読みました。読破というよりは乱読。理解するつもりは毛頭なく。東京裁判でひとりだけ、裁判そのものが成立していないと反対意見を出した判事がいたということで、内容を読んでみようと。一度読んでわかるような簡単なものではなく。今なら、「パール判事」を読めばよくわかります。

図書館で借りました
[PR]
建設コンサルタント(株)構造技研(北海道札幌市豊平区)
事業停止、負債15億円

平成19年9月25日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。当社は東京都にて設立。その後、東京都千代田区にて橋梁・河川・道路等の工事における設計、施工管理等の建設コンサルト業を行い、全国に拠点を置き、国土交通省等の官公庁から受注を得、ピーク時の平成14年3月期には、23億9,000万円内外の売り上げを計上していた。
しかし、公共工事の削減に伴い受注量が減少、借り入れも年商に匹敵する財務内容となり資金繰りが悪化、このため平成18年には、本社を北海道札幌市に移し、経営再建を図っていたが、業績の低下に歯止めが掛からず、平成19年3月期には12億円台にまで下落、ついに支えきれなくなり、今回の事態となった。
事後処理を樋川 恒一弁護士(札幌市中央区大通西10丁目、電話011-271-8844)に一任、近日中に破産手続開始を申し立てる予定とのこと。負債総額は15億円内外の模様。

【本日付 livedoorニュース

午前 顧問と提出書類について打合せ。
お昼 ロータリークラブ例会。今月末で閉鎖するロイヤルホテルでの最後の例会。
会場出口で前社長ほかスタッフのみなさん総出であいさつをされました。
長年お世話になってきたホテルですが、破綻した企業として物悲しく、こうした光景を見るにつけ、会社はつぶしてはいけないと再認識します。
午後 市役所。マレーシアからのGSEによる市長表敬訪問に随行(形式上、通訳)。
    市長公務多忙につき、総務局長が対応してくれました。
    続いて清田区役所へ清田区長を訪問
   会食(美麗華)。帰社。
[PR]
結婚情報サービス、業者への苦情・不満が多発
…経産省報告

 「紹介されたお見合い相手が希望に合わない」「契約期間が過ぎても一度もお見合いしていない」――。経済産業省がまとめた、結婚情報サービス業者に対する苦情、相談を分析した調査報告書で、サービスの内容や契約について利用者が不満を抱いている実態が浮かび上がった。

 調査は、結婚希望者に異性を紹介する結婚情報サービス業者について、国民生活センターに2005~06年に寄せられた苦情、相談3409件を分析した。
 内訳を見ると、「解約」についての苦情、相談が計42・8%と最も多く、「サービス内容」が計27・2%で続いた。
 解約を巡るトラブルでは「解約金が高い」(8・1%)、「解約したいができない」(7・8%)などの声が目立った。一方、「相手を紹介してもらえない」(13・1%)、「紹介相手が希望に合わない」(8・4%)などサービス面での不満も相次いだ。
 経産省によると、この業界全体の売上高は約500~600億円、事業者数は約3700~3900社に及び、利用者は約60万人に達する。経産省は報告書をもとに、契約や解約手続きなどについての指針を年度内に策定し、優良事業者の認証制度を自主的に作るよう業界を促す方針だ。

【24日付 読売新聞

結婚情報サービスの無法ぶりは「帰ってきたもてない男」に詳しく書かれています。
同書で指摘されるまでもなく、そんなうまい話はないし、どう考えても高額。
でも、幸せそうな広告を見て、我が身を不憫に思えば、登録すれば道が開けるような気はします。
午前 新千歳空港へ直行。来客出迎え。
午後 札幌土現ほか市内回り。帰社。会長来室。
[PR]
日本人の足を速くする 為末 大 / / 新潮新書

世界陸上をお楽しみに!といわんばかりの筆致だけに、予選落ちのあとで読むと、寂しい本です。

私は高校時分、陸上部で走ってました。
爆風スランプの「涙の陸上部」は、プールの横だけを走る情景を描いています。同様に西高陸上部には「女子高ロード」という練習がありました。近くの香蘭女子高(現山の手高)から山をのぼって聖心女子学院、下って北星女子高というルートを、ただダラダラ走る(ほとんど歩く状態)だけのロードワークです。テンションを上げるためのロードだったのでしょうが、上げるのが目的となり、結果に結びつけるのを忘れたものでした。

さて本書では、日本人の体型に適した走り方、練習方法があると指摘しています。
剣道など伝統的な運動には、日本人の運動能力を引き出す練習が秘められているはず、と。
欧米アスリートに対する体型コンプレックスを持っている選手には、励ましの内容です。
札幌の800mで大した成果も出せなかった私には、世界を舞台にしてのコンマ1秒の戦いは想像できませんが。

「ハードルの上で休む」という著者の考え方もあれば、ハードルを蹴倒して走る選手もいて、それでも早ければ勝ち、という勝負ごとの面白さが描かれています。

図書館で借りました
[PR]
札幌圏 本当に不況?

首都圏や愛知県の20~50歳代人口は2000~2005年のあいだに減少している一方、札幌周辺5市(札幌・江別・石狩・北広島・恵庭)では増加。
名古屋都市圏の小売販売額は減っているのに、札幌都市圏はほとんど減っていない―
大丸が、札幌に進出して景気絶好調といわれる名古屋に出店しないのは、そうした分析によるもの、と日本政策投資銀行地域振興部参事役の藻谷浩介氏が23日の道新に書いています。
有効求人倍率や失業率だけをもって「北海道は不況」とは言い切れない、という内容ですが、実際、景気悪いじゃん。
と道民誰しもが思うその悪い話は、別稿だそうですのでお楽しみ♪
景気悪い景気悪い、と嘆くだけでなく、こういう景気のよい話もあるよ、という視点で景気の悪さを乗り切りたいものです。結局景気は悪いのだけど。
午前 業務推進室長から報告。業務推進部長と協会関連の情報交換。
お昼 顧問から報告。
午後 札幌市環境保全協議会 第6回委員会STV北2条ビル)。
    いつもは市役所ですが、今日は庁外での会議です。
    部会長として環境生活部会の中間報告を行いました。
    中島先生とビッグイシュー打合せ(グランドホテルのスタバ)。
    暴風雨のため、今日はチャリではなく地下鉄で帰社。会長来室。
 
[PR]
土曜日の道新朝刊に、昨日の交通安全旗振りの様子が載っています。札幌圏の紙面、中央区のトピックです。昨日の夕刊には白石区の交通安全運動の様子が載っていたので、今回は記事にならなかったかと覚悟していたところ。昨年は夕刊、今年は朝刊。ありがたい♪
【土曜日】
午前 地理情報部で課長と雑談。
    ビッグイシュー販売会議さっぽろ自由学校「遊」)。
佐野代表来札。今後の販売について、販売員と支援者とで意見を出し合いました。中島先生はインドから帰国後久々の登場。mixiを通じての見学者がまたひとり増えたのも嬉しい♪
午後 GSEプレゼンテーション発表会・GSE委員会
    (北翔大学北方圏学術情報センター「ポルト」)。
    会長がガバナー・エレクトなので、来賓。
    これからこういうパターンは増えます。
   GSE派遣チームとの懇親会菱箸 南4条店)。
【日曜日】
お昼は、牛丼。キャンペーンで2杯食べたので、3杯目の今日は100円。
チャリで石山通のお店へ走り、食後は来た道を辿り、さらに西へ。円山公園まで

  友人の転勤に伴う送別会十方夷第)。
【月曜日】
午前 会長夫妻とagogさんでお茶(偶然)。
   桑園のジャスコをウロウロしていたらふく亭が弁当を半額にし始めたので、買う。
 
[PR]
中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて
島田 裕巳 / / 亜紀書房

オウム真理教がサリンをまいたのは、中沢先生の著書が遠因。
憲法九条を世界遺産に」の太田は、中沢先生の代弁者。
中沢先生はあちこちであることないこと吹聴して回っている。

要約すると、こんな感じの内容。

宗教のお話もあって(というか宗教学がメインのはず)、お得。
中沢先生の半生をたっぷり紹介しつつ、島田先生ご自身の功績もたどりましょう。図書館で借りました
 
[PR]

先回に続いてまたドキュメントです。
ヒロシマナガサキ」につながる作品といえます。
CGを挟む意味合いはよくわかりませんが、生き残った方が米軍機と空中戦を経て「特攻する気が無くなっちゃって『帰ろうか』『大賛成。帰ろ帰ろ』ということで引き返した」と話す際にかぶせる意味合いは、ありました。ここだけは場内、笑いが漏れます。

インタビューに答えた方々、みなさん肌つやがいいのには驚きます。

シアターキノにて   ■ 公式サイト
 
[PR]