2007年 12月 02日 ( 2 )


チャールズ・ブコウスキーの作品は12年前「町でいちばんの美女」を読みました。無頼派ですが、翻訳はなんとなくおしゃれに。
13年前には池袋のシネマ・セレサで「つめたく冷えた月」を観ております。原作は「町で―」に収録の「人魚との交尾」。これもおしゃれな印象。

本作もマット・ディロンだから、というわけでもないのにおしゃれな。

酒に溺れるわ博打にのめり込むわ定職に就けないわ生活は破綻するわ。
住所が無いから仕事にありつけないと日雇い斡旋所に行くも叩き出される様は、我が国なら格差社会の象徴のように奉られるでしょうけど、飄々と「太陽がのぼった」と詩的に吟じるところが無頼派のかっこいいところ。

シアターキノにて   ■ 公式サイト
 
[PR]
コンサドーレJ1復帰。

この道内の慶事でも朝日は1面トップが「東シナ海ガス田問題、首相訪中前に決着」。人物紹介は、J1優勝・鹿島の監督。スポーツ面でさえコンサドーレの扱いは小さく。
こうした空気の読めないところが、朝日の部数頭打ちの要因であり、クォリティーペーパーの面目躍如。国民と共にとは言えても、道民と共には道新にお任せ。
【土曜日】
午前 ビッグイシュー卸。mixiを通じての方が、今日は3名も。
    労福からの方もいて、にぎやかな卸でした♪
午後 出社。会長と外出。
夜分 会長とagogさんで懇談。
【日曜日】
午前 合同茶会
に行こうと思ったら、茶道会館ロビーがすでにおばさま方でいっぱい。待合に入る前の待合まで並んでいるのを見たら、お茶2杯と引き換えに体調崩しそうなので、引き上げました♪
    出社。
午後 カエルヤさんにてビッグイシューでお世話になっている方とお茶。
 
[PR]