水曜日の動静

午前 座禅。
禅寺では「生かされている」との文言があちこちに掲げられています。
茶禅一味の実践者であるウチの家元も、著書のタイトルにつけてらっしゃいます(→)。
言わんとするのは、人はひとりで生きているのではない、様々な力によって生かされているのであり、それは喜ばしいこと、と。

生かされている喜び 千 玄室 /  / 淡交社悲観的に読めば、死にたくても死なせてもらえない、つまり「生かされている」。
身体中の穴にチューブをつながれ「生かされている」患者もいれば、なにやってもうまくいかなくて「あぁ死にてぇぇ」と思っても死に切れないとか。

瑞龍寺に入るところにそのポスターがあって、そういうことを考えながら座禅を組んでみました。
帰り際(会社に行くひとは7時半の切りのいいところで退室)、住職と廊下で会い、「来週から参禅が30分前倒しになったから」。つまり8時だったのが7時半になったと。だから君もできるんだよ、と。ぃょぃょ禅問答♪

銀行直行。の前にreverse。帰社。会長と再び銀行。帰社。
お昼 食欲無し。それでも近所のcafe ICHIDAでデコレーショントーストを。
午後 室長から出張報告。幹部招集の会議。業務推進部長から報告(割と希望の持てる話)。札幌土現。札幌開建。帰社。会長来室(仕事の件で)。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-10-15 19:54 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/9934756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。