火曜日の動静/ISO更新審査中日

女性専用 道内拡大の動き
「異性の目 気にせず済む」 売りは「気軽」と「安心」
女の魂 青井昭子 /  / スバック昨日の道新夕刊の記事です。ホテル、フィットネス、整体で導入した「女性専用」の評判がよいのだとか。その辺はご商売ですから、需要があるなら応えるべきでしょう。
JR北海道バスの取り組みも紹介。朝、4路線で女性ドライバーによる女性専用バスを運行しているそうで。いただけないのは同社のコメント
男性に気兼ねなく、化粧直しや居眠りもできると評判
居眠りはわからないでもないけど、公共交通機関が車内化粧にまで配慮する必要があるのか。大手バス会社とはいえ限られた台数で路線を構成しているはず。この4路線を利用する男性客は、化粧する女性のために乗車機会を逸していることになります。

天然女子高物語 ドラマCD feat.Aice5 ドラマCD /  / キングレコード記事は、地下鉄の女性専用車両を「逆差別」と批判する声もある、というところで〆ています。先日読んだ本の著者は、女性専用車両を「男に対し、失礼」と憤っていました。
痴漢が要因なら、その冤罪もあります。オッサンの加齢臭に困るなら、オバサンの香水は頭痛を招きます。対立項はキリがありません。
ネーミング自体も「失礼」。「女性専用」があるなら、「男性専用」はなぜ作らないのか。つきつめれば男女共同参画の世の中で、女子大・女子高が存在するのもおかしいし、それを糾弾しないそれ系の市民団体もおかしい。
個人的には、女子高には存在意義があると思うけど♪
午前 雨の中、座禅へ。出社。品質管理責任者と今日の進め方について。部門長会議。品質管理責任者から進捗状況報告。
午後 道庁ほか。雨なので車で。帰社。会長来室。agogさんの社長と打合せ。会長打合せ。ISO審査員の方にごあいさつ。品質管理責任者から今日の審査について。
  知人と会食(月の中)。「つきんなか」と読みます。ハンズ裏のペンシルビルの最上階です。心なしか時々揺れてるような気がしますが、ユニークなお店です。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-10-07 18:10 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/9876172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。