月曜日の動静

サイトより借用土曜日から花フェスタが始まりました。初日に早速、会場の大通公園へ。それほどの花好きでもございませんが、花だらけの空間を歩くだけでも癒やされます。

この日は環境総合展最終日でもあります。当初はそちらへ行く予定でした。例年開催されている環境広場さっぽろを、洞爺湖サミットに合わせて膨らませたようなイベント。会場も札幌ドームという贅沢さ。

最終日の土曜日ならひとでいっぱいだろうし、ドームは広いし。
そういう想像からテンションを下げたのもあります。が、トドメは先週お会いした、さる高貴な方からの「環境総合展で勉強するくらいでなければ」とのお言葉。

趣旨は「本業だけでは視野が狭まる。他分野のひとの話を聞くのは必要だ」。
この方のグループは以前、私がロータリーや同友会に参加している話を鼻で笑ったものです。
そんな金にならないことに首突っ込んでどうする。そんな時間があるなら役所へ行って名刺を置いてこい、と。

今さらながら「環境がナウい」とお気付きになったのか、カンキョーカンキョー。
言われるまでもなく私は市の環境保全協議会で提言しており、今次は非力ながら部会長を仰せ付かりました。ドームでカンキョーの重大さに感動したようですが、私はそれ以前から「金にもならない」環境に関する展示会などには「首を突っ込んで」います。

この業界を引っ張ってきたリーダーであれば、時代に迎合することなく、最期まで「金にもならないしゃあないもの」と言い続けて欲しかった。
談合を批判されても臆することなく「役所へ行ってひたすら名刺を置いてこい」とのアドバイスを与え続けて欲しかった。
変節するなら、己のなかでそっと行って欲しかった。「自分は前からそう思ってた」みたいな顔するから腹立たしい。変節宣言は申し訳なさそうでちょうどよい。

と、昨日「キューポラのある街」の東野英治郎を観て思いました。鋳物職人の矜持はかくあるべし。
その酒と博打に溺れて会社を辞める!と駄々をこねた東野さんも、後に黄門様として全国の悪代官をこらしめに行脚するわけですが。かっかっか。

いずれにせよ、ドームの室内で環境の素晴らしさを説かれるよりも、陽気の気持ちよい大通公園で値段と品種の折り合いがついてるのか定かではない花々を愛でる方がカンキョーを満喫できたかと。c0032392_10423470.jpg

帰りにモリヒコ。40歳2週目の終了を記念してvanilleをごちそうに♪
午前 営業・総務の部屋。石狩支庁で受注のごあいさつ。
午後 帰社。地理情報部長と打合せ。顧問と懇談。明日の出張準備。帰社。顧問懇談。会長来室。
 会食(やっさもっさ)。移転後初めて。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-06-23 18:56 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/9097674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。