木曜日の動静/室蘭出張

天窓割れ小6転落死
 体験授業中、12メートル下へ

 十八日午前九時二十五分ごろ、東京都杉並区和田三、区立杉並第十小学校の三階屋上で、六年生の中村京誠(きよまさ)君(12)が、明かり取り用の強化プラスチック製の天窓に乗ったところ、天窓が割れた。中村君は内側にあるガラスも突き破って、約十二メートル下の多目的ホールの床に転落。全身を強く打ち、約四時間後に死亡した。
 警視庁杉並署は、学校や区側の施設管理に問題がなかったか、関係者から事情を聴いている。
 同署や区教育委員会によると、天窓は直径一・三メートルのドーム状で厚さ四ミリの強化プラスチック製。内側には厚さ七ミリの金網が入った平面状のガラスが敷いてあった。
 中村君は当時、歩数から歩幅の平均値を計算する算数の体験授業で、他の児童と屋上に出ていた。授業が終わって教室に戻る途中、中村君が天窓に乗ったという。屋上の出入り口付近には指導していた女性教諭(49)がいたが、三階の教室に戻る児童を誘導していて転落の瞬間は目撃していなかった。天窓は三年に一回、目視で点検する決まりだが、二〇〇六年十月の点検では異常はなかった。同区教委は天窓のある同区内の小中高校計十三校に緊急点検を指示した。
【本日付 東京新聞
毎年札樽若力会が開催する小学校測量体験学習会では「20m歩測」を行います。上記記事の算数の授業はまさにそれ。体験授業・歩数から歩幅・小学6年生…来月の学習会と同じキーワードの多さに驚きます。
痛ましい事故です。当会の学習会は無事故のまま13回目を迎えようとしています。器材の尖った部分からハンマーの取り扱いまで、怪我をさせないよう細心の注意を払っています。それでも注意は怠れない、という教訓をこの事故から得られます。
午前 胆振方面へ出張。準備であわただしいところへ室長が打合せに。
午後 顧問と東室蘭駅で待ち合わせ、胆振支庁ほかを回る。
 JRで帰札。雨の中、チャリこいで帰社。営業部長と情報交換。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-06-19 19:48 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/9073578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。