火曜日の動静/朝から小樽

開発局の談合 トップが主導したとは
 開発局の官製談合事件が国交省の北海道局長に及んだ。農業土木をめぐる幹部らの逮捕から、一気にトップの逮捕にまで至った衝撃は限りなく重い。
【今日の道新社説】
北海道局長と北海道開発局長との違いがわからない方が、業界にもいます。
山梨県と愛知県の区別がつかない(with 7月号)ひとが多い世の中で、どれくらい官公庁の組織が把握されていることか。

逮捕されたのだからとりあえず悪いことをしたらしい。
それが役人だから居酒屋タクシーと根源は同じ。
と責め立てている構図です。

市下水道同様、記者が理解して取材しているのかも怪しい。日経は農業土木を「農林土木」と表記してるし。

公取ではなく検察が動いたのを訝しく思っておりました。
かつての事務次官級を逮捕、それも守屋前防衛次官のような個人的なものではなく、組織的な立場。ここから何故検察か、が見えてきます。

開発局は、こんなに腐ってます!
農業も河川も悪いことしてました。道路もきっとやってます!
特定財源で問題の道路です。国民のみなさん、怒りましょう!
こんな腐った開発局は必要ない。ちょうど道州制も議論が落ち着いたことだし、ついでに開発局改廃して道庁にくっつけちゃって、道州制のモデル地域にして様子を見ましょう!!
これで世論の誘導は充分。
あとは拓銀、夕張のあとを継ぐ破綻のテストケース。いつまで経っても北海道は「試される大地」。
開発庁を国交省に売り渡したときの、道内メディアの薄情ぶりの再放送です。
午前 小樽直行。土現へ若力会幹部で就任あいさつ回り。
    開発建設部ほかを回り、帰社。営業部長と打合せ。
午後 測友会事務局。銀行。帰社。会長来室。
夕方 会食(博多 ぶあいそ別邸)。北大南門の古い民家です。
    店名に似合わず店員さんが愛想よいし、もつ鍋はおいしいし。
 帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-06-17 21:34 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/9062431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。