月曜日の動静/大丸女性店長の講話

岩手・宮城の被災地のみなさまには御見舞い申し上げます。asahi.comより借用
昨年も書きましたが、被災地救助・支援が最優先なのはいうまでもありません。
同時に、現況調査も必要になります。
写真のような広範囲に渡る斜面崩落の場合、現地調査には二次災害の危険性があります。

このような際に、当社が所有する航空レーザが性能を発揮します。
航空機からレーザを照射するだけですので、崩落現場での地上作業は必要ありません。
高さデータの取得により、立体的な地理情報を、素早く提供できます。
復興には欠かせない現況把握に、当社技術がお役立ていただけます。

特に仙台空港を擁する宮城県は、撮影起点としてお世話になっている地域。
岩手にはかつて盛岡営業所があるなど、少なからずご縁があります。
お手伝いできることがあれば積極的に取り組みたいものです。
c0032392_22134664.jpg午前 会長来室。室長打合せ。道庁方面。道中、神宮の神輿渡御で横断歩道が封鎖(→)。
産経新聞札幌支局。来月のロータリー例会卓話の打合せに出向きましたが、話題は当社で部屋を貸しているG8市民メディアセンターに。すでにご存知でした。さすがマスコミ。
午後 帰社。顧問と懇談。会長来室(再)。来客。
小学校測量体験学習会で近隣建物の高さを測ります。星置東小の最寄では手稲山がランドマークですが、霧がかかる恐れがあるので無難に近くのマンションにしました。屋上で計測するため、管理組合の了承を求めに出向きます。そのあと小学校で先生方と打合せ。
 キーマンネットワーク例会(後楽園ホテル)。大丸札幌店の柚木店長にお話を伺います。女性店長さんです。
帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-06-16 23:50 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/9056385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。