火曜日の動静/環境保全協議会最終回

「学習」休刊を検討
 学習研究社は9日、小学生向け教育雑誌「学習」の休刊を検討していることを明らかにした。昭和21年に創刊され、付録教材が好評な人気雑誌として長年親しまれたが、少子化などの影響で発行部数がピーク時の1割以下に落ち込んでいる。学習は姉妹雑誌の「科学」とともに、宅配で販売されてきた。ピーク時の54年には両誌合わせて毎月630万部を発行していた。学習よりも落ち込みが小さい科学は存続させる方針。【10日付 産経新聞
世代によっては大事件なのだけど、地元紙は報じてませんでした。
付録に宅配。懐かしい。近年では申込もネットでできるようになったようで。「科学」を任じているのにネットを無視はできないか。
でも付録のnostalgieはネットこそ似合いません。中央ピンクの女性の右隣が私
午前
暴風雨のなか、チャリで直行。2回目の札幌市青年施策のあり方検討委員会市教委会議室)。

実は同じ時間に同じ建物で札幌市環境保全協議会 最後の全体委員会が行われております。両委員会とも、当初の開催予定日がずれて、偶然同日同時刻に。救いなのがこれまた偶然開催場所が同じ建物。環境保全協議会が30分ほど遅れて終了するので、青年施策委閉会後、2フロア駆け上がります。ちょうど環境都市推進部長が約2年の任期をねぎらう挨拶をされているところ。
最後まで部会長としての務めが至らず、部会のみなさんに閉会後、謝りに回ります。市長への提言書はこれから製本ですが、とりあえず委員会はこれで満了。

午後
暴風雨のなか、チャリで帰社。さすがにチャリで出直す気力はそがれ、地下鉄ですすきの。
新体制で初の若力会 役員会(土地家屋調査士会館)。小学校測量体験学習会担当副会長なのでその打合せを。

夜分
懇親会(みうら)。帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-05-20 22:50 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8893414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakajima at 2008-05-21 16:16 x
昭和45年に小学校に入学した私にとって学研の「科学」と「学習」といえば懐かしいものです。購入してもらっていたはずなのですが、具体的な内容はすっかり忘れています。時代の流れでしょうか。そのうち、旺文社の「蛍雪時代」も休刊になるのでは、という気もします。高校教員で進路指導部という分掌に属していますが、旺文社の凋落ぶりをひしひしと感じます。ベネッセは元気がいいですね。
Commented by top_of_kaisya at 2008-05-21 20:40
私は昭和50年入学です。30年以上昔の話だ…(汗)
蛍雪時代は当時でもひと世代前の雑誌という印象でした。
中一コースとか中一時代とか。ぅゎ懐かしい。
Commented by mit at 2008-05-23 00:15 x
「学習」はブリュッセルにも運んでもらっていました~(涙)。
(「科学」は、薬品などの輸出許可の問題で付録が抜かれた状態でやってくるので残念ながら断念)

当時公的には、小学生が日本を身近に知る唯一の雑誌でした。
現代の小学生よ。ゲームの攻略本ばかり眺めていないで、
学研の科学と学習で学習しろと。
Commented by top_of_kaisya at 2008-05-23 10:06
付録のワクワク感
というのは最近の子どもはどうなんでしょう。
あまりそういう感慨は持ってないのかな…
でんじろう先生のイベントの盛り上がりからはまだ完全に消えていないと期待したいもので…