水曜日の動静/幼馴染の送別会

ホームレスの現状市民で知ろう
 来月から実態調査 札幌のNPO法人募集

 札幌のNPO法人「さっぽろ自由学校『遊』」が公募した一般市民が五月から約一年にわたり、札幌市内のホームレスの実態を調査する。ホームレス一人一人を訪ね歩き、生活の様子や、路上で暮らすようになった理由などを聞き取る。ホームレス問題の“素人”たちが行う同種の調査は珍しいという。
 「遊」事務局によると、「格差社会が広がりホームレス問題はひとごとではなくなっている。普通の人にも考えてほしい」と発案した。「遊」がホームレス自立支援雑誌「ビッグイシュー」の道内の卸元となり、ホームレスの人たちが事務所に出入りしていることもきっかけの一つになった。
 五月九日の学習会を皮切りに、八月まで四回、ホームレス支援に携わる研究者らの話を聞き、調査手法や内容を検討。この間、炊き出しなどの支援にも参加する。九月から本格的な調査を実施、来年三月までに結果をまとめて発表会も開く。
 厚生労働省によると道内のホームレスは今年一月で百四十五人。うち、札幌では百九人が暮らしている。
 調査に協力する、ホームレスの自立を支援するボランティア団体「北海道の労働と福祉を考える会」の代表で、北星学園大社会福祉学部の木下武徳准教授(公的扶助論)は「関心はあっても支援に参加する機会がなかった人たちにとって、調査がきっかけになれば」と話している。調査への参加希望者は五月二日までに、「遊」(電)011・252・6752へ。

【28日付 道新夕刊

NPOとか市民団体っていろんなことやっててスゴいなぁ。

と感心している市民は多いことでしょう。いろんなことの一部は「やってないこと」をやっていると言っている(或いは伝えられる)だけなのだ。

と改めて考えさせられる記事です。
道内の卸元は、「遊」ではなく「ビッグイシューさっぽろ」です。「遊」は卸場所の提供者で、卸は行っておりません。つまりこの記事は、誤報です。
「遊」側からは早々に事情説明がありました。普段の付き合いから「遊」がそんな売名行為をするとは思えず、記者の勘違いだろうとは推測しておりました。
であるなら、道新との付き合いはどうなっているのか。
販売開始以来、札幌圏のひとりの記者が取材を担当しています。その方なら「遊」との関係もよく理解しています。つまり別の記者が、関係を把握せずに書きやすいように書いたのでしょう。大通地下ブース閉鎖を記事にせず、久しぶりにビッグイシューを紙面にみつければ誤報。大丈夫か道新。

札幌のビッグイシューは、受入団体が開始早々、事業を事実上放棄したため、卸がままならぬ状態に陥り、お手伝い要員を主体に「ビッグイシューさっぽろ」を立ち上げ、受皿を継承することになりました。
そんな経緯がありながら、当初の受入団体は最後まで「私たちはビッグイシューをやってますが、大変で」などとのうのうと言うてくれたものです。「やってないこと」を「やっている」とするレトリック。

市民団体は企業を攻撃する際、嘘つき呼ばわりします。食品偽装をしたのに「やっていない」。これは嘘でした。
翻って当の市民団体は、やってないことを「やってます」。どちらも嘘。
「遊」の誤報は、関係者には了解されましたが、事情を知らない読者・市民は「遊」をビッグイシューの受入団体と認知してしまったことでしょう(「ビッグイシューさっぽろ」が新たな受入団体になったことを報じてくれないことで、虚報は二重性を帯びる)。
道新が訂正しない限り、「遊」は嘘をついていることになります。それが判明したとき、「遊」の様々な有意義な活動もほんとにやってるのか疑わしい、という目で見られるかねません。
c0032392_1063173.jpg午前 会長来室。営業部長懇談。
    4月末で退職の社員があいさつに来てくれる。
午後 外出。帰社。来客、地理情報部長と応対。営業部長打合せ。

建築士をしている小中学校の同級生が東京に拠点を移すとのことで夜、送別会(はちきょう)。
山盛りのいくら丼が売りのお店ですが、残念ながら私はイクラアレルギーなもので。
かつてよくお世話になった「やっさもっさ」の系列店。ということに会計時に気付きました。当時の従業員さんが覚えてくれていて。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-04-30 19:01 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8761108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。