木曜日の動静

武者返し : それでも街頭に /熊本
 「お前らに働く資格はない」「ごみでもあさってろ」。暴言だけでない。つばをはかれ、暴行を受けたこともあるという。
 2月から熊本市で雑誌「ビッグイシュー」を売る2人のホームレスに、そんな仕打ちをする人が結構いると聞いた。路上生活から抜け出して自立するため、全国で仲間が雑誌を販売しているが、他市ではそんな卑劣な言動はほとんどない。
 「なぜ熊本でだけ」と考えこんだ。追いつめられた人が多いのか。自分より弱い立場の人に当たり、何かを解消しようとしているのか。
 「歯車が一つ狂えば誰でも同じ立場になる可能性があるのに、関係ないと思う人が多いのでは」と支援する西梅彰容(にしうめあきよ)さん(25)さんは言う。
 「悔しいけど頑張る」。2人は今日も雑誌を手に街頭に立つ。

【13日付 毎日新聞 地方版】

札幌で販売を始めて7ヶ月が過ぎました。これまで7名の販売者が路上に立ちましたが、トラブルがまったく無かったわけではなく、事情を説明に派出所へ走ったこともあります。が、上記記事のようなことは今のところありません。札幌市民が温かく見守ってくれているからか、単に関心が無いのか。前者なら嬉しい。
午前 ビッグイシュー卸。道新新人記者来訪。道庁方面。
お昼 ロータリークラブ例会。ウィンザーホテルの堤田総支配人の講話。
午後 帰社。顧問、会長、業務推進部長、常務が入れ替わり来室。
夕方 ロータリークラブ次年度アッセンブリー(パークホテル)。帰社。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-04-17 20:55 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8679853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。