月曜日の動静/サポステ受入初日

午前 常務と打合せ。業務推進室長と今週の予定すり合わせ。

CSR(企業の社会的責任)働く意味を問う(日本経済新聞出版社)北海道若者サポートステーションの館長さんが来社。先月から札幌市教委の「青年施策のあり方検討委員会」でご一緒してます。今日から始まるインターンシップは、その館長さんとの話から出たものです。

CSR(企業の社会的責任)が強調され続けるのは日経紙上くらい。そこからもCSRが大企業の取り組みということが窺えます。バブル期のメセナみたいなもので。
経済学者には怒られるかもしれませんが、広義に捉えれば「一定期間無業の状態にある若者の職業的自立の促進」(サポートステーション)の一助としての受け入れもCSR。地場中小企業として、地元の若者に働く機会を供給できるのは嬉しいことです。それが雇用という形で貢献できないのは心苦しいけど、このご時世、その辺は莫大な利益をあげている大企業にお任せしましょう。
私共の身の丈は、職場の雰囲気を味わってもらうこと。就職できるようになったら、札幌市の労働力人口がひとり増えます。地域活性化の一端を、当社地理情報部のテーブルが担うわけです。結構素敵な話かと。

お昼 ランチは三國屋-cha*でしょうが焼き。
午後 協会。市役所。
    ビッグイシュー大通地下ブース立ち寄り…という一文も本日で最後です…
    帰社。会長来室。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-04-14 19:11 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8657267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さねっち@札幌 at 2008-04-14 13:46 x
大変素敵なお話です!

それに就労支援を受けている青年の中には,働きたい気持ちと同じぐらい,失敗への恐怖心が強いものです。
リハビリのような形で,少しずつ,職場に慣れていき,自信を回復させるプロセスが大切なのですが,なかなか適した場が少ないというのが現状です。

支援の立場から見れば,まさに絶好の場。
社長さんをはじめ,職場の皆様方のご尽力に感謝の気持ちで一杯です!
Commented by MIT2809 at 2008-04-14 14:37 x
サポートステーションに直接の形でご支援申しあげるような
ことも可能でしょうか。
Commented by top_of_kaisya at 2008-04-14 17:15
さねっちさん恐縮です♪
今回受入の方はある程度のスキルを持っているので、お互いにためになればさらに良いかと期待しております。

MITさん
プログラム内容には企業から講師が派遣されてお話することもあるそうです。詳しくはHPをご覧ください♪
Commented by mit2809 at 2008-04-15 15:46 x
ありがとうございます。
見に行ってきます。