金曜日の動静/市青年施策のあり方検討委

昨晩の送別会。送られる側が
「自分が大学を卒業して以来会ってきたのは皆、経営者だった。いろんなひとに会ったといっても、すべて社長だった。これからはもっといろんなひとに会いたい」
と語れば、送る側は
「たくさんの経営者を見てきたのだから、きっといい社長になれる。社長になって戻ってきて、また一緒にやろう」とエールを送るひともいる一方、
「私は、社長になれなんて言えない。こんな辛い仕事を勧められない」
いずれにも賛同。c0032392_2054151.jpg
午前 札幌市青年施策のあり方検討委員会市教委会議室)。

初めての会議ですので、教育長のごあいさつ、委員長選出、今後のスケジュールなどを2時間かけて。
委嘱状は教育長名で。これまで地域福祉社会計画策定委員(保健福祉局)と環境保全協議会(環境局)で委員を仰せ付かりましたが、それぞれ委嘱元は市長でした。一方、今回は諮問委員会なので、教育長から「諮問書の手交」があります。
c0032392_1711368.jpg

オブザーバーでレッツ円山の館長も出席。いつもビッグイシューの卸でお世話になってます。
(中央・奥辺りが、私)
午後 北海道経済同友会 例会(グランドホテル)。

講師は藻谷浩介さん。日本政策投資銀行の地域振興部参事役です。「北海道の地域力と活力」との演題。北海道は一次産業の地力があるのだから製造業に乗り出す必要はない。肝心なのは、いい物は高く売ること。東京はすでに生産力のピークを過ぎている。東京の衰退を隠すために全国平均を前面に出している。など過激にハッキリ、具体的数値をもって断言してくださるのでわかりやすく、おもろい。半年前の道新による期待通り。4つしか離れてない同年代というのも驚き。

ビッグイシュー地下ブースで販売者と立ち話していると近くのNTTの店長が「これ配ってください」とポケットティッシュを山ほど置いていく。こちらの商品は買おうともせず。

帰社。会長来室。今月で退職する職員があいさつに来てくれる。

夜分 GSE委員会(ロイトン)。帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-03-28 22:18 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8541766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。