火曜日の動静/北大農学部卒業祝賀会

雇用側もワーキングプア
道内零細建設業 半数所得300万円未満

 不況が長引く中で、道内の零細建設自営業者の半数が年間所得300万円未満で、200万円未満も25%を占めることが北海学園大の川村雅則講師(労働経済論)の調査で分かった。国は建設現場などで働く季節労働者について、失業時の給付金などを減らす一方、建設業者らによる通年雇用を増やそうとしているが、雇い主自身も「ワーキングプア」(働く貧困層)とほぼ変わらない実態が浮き彫りになった。

 川村講師は「これまでの公共事業のあり方を見直し、道路をつくるなどの大型開発から、学校の修繕や福祉施設の建設など住民に本当に必要なリフォーム型、生活福祉関連型へと変えるべきだ。そうすれば、大手だけでなく地域の中小業者も受注でき、雇用効果も高まる」と話している。

【3月12日付 道新夕刊】

ここまで経営者の実態を知らしめてくれたことには、感謝。
これだけの記事を朝刊ではなく夕刊に格下げした道新は、きっと不本意なのでしょう。経営者たるもの、もっと労働者を搾取してくれなくては社会主義の存在意義が問われてしまう、くらいに。

惜しむらくは〆のコメント。いかにも学者が現場を見ずに出したお言葉。
道路=大型開発の前提で間違っているので、地場中小の方向付けがぶれます。
校舎修繕・福祉施設建設なら地場中小はすでに手がけています。そこに大手がダンピングで介入してくるから社長の給料を減らすハメに陥る、という現実を川村センセイには見ていただきたいものです。

午前 朝イチで軽く嘔吐。地理情報部長と打合せ。会長来室×2。
午後 来客。テナント打合せ。営業部長と立ち話。
    道庁別館西棟の道立市民活動促進センター
    閲覧用にビッグイシューを置いてもらったので販売の相談。
    北大農学部農業土木コース卒業祝賀会(KKRホテル札幌)。
    大学院修了時に学部を卒業した同じ講座の方と9年ぶりに再会。



 
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-03-25 22:09 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8519143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。