月曜日の動静

高校生6割「宮崎ってどこ?」 地理教育どげんかせんと

 高校生の6割近くが、地図上で宮崎県の場所を答えられず、大学生でも約3分の1が分からない――。日本地理学会は19日、こんな調査結果を発表した。国の位置を問う問題でも、イラクの場所を答えられたのは高校生の約4分の1、大学生の約半数。同学会は「知事が話題となっても、宮崎の場所を正確に知っている生徒は少ない。地理教育の充実が必要不可欠だ」と訴えている。
【20日付 asahi.com

「話を聞かない男、地図が読めない女」宮崎がどこにあるか知らないひとは、宮崎がどこにあるか知らなくても死なない、と開き直ります。
地理が不得手な方は、えてして。
日本の地理に不明なひとほど、働き口を海外へ求める傾向も解明してほしいものです。
松江と松山を間違えるくらいならまだしも、名古屋は愛知県ではなく「名古屋県」にあると信じている方は、出国審査で出国を見合わせてもらわないと国力が疑われます。

この問題は今に始まったことではなく、高校生どころか高校生の親世代でも地名に疎いひとは多いようで。

地図屋の地理についての認識は、一般の方々よりも敏感、というのは間違いないでしょうし、でなければ仕事になりません。
私は就学前、先代の社長(現会長)から47都道府県の県庁所在地を暗記させられました。
今なら「子どもの人権」を声高に叫びながら児童養護施設にでも駆け込むところ。

おかげで「仙台は四国にある」などというイタい子にはならずに済みました。だからといって得したこともありませんが。
午前 業務推進室長と今週の予定打合せ。会長来室。
午後 市内回り。帰社。
夕方 ビッグイシュー地下ブースに立ち寄り。
    売り上げが今号でずいぶん落ち込んでいる様子。
    若力会役員会)。
今期最後の懇親会。宴もタケナワになると、子どもの頃に見たテレビ番組の話題に。
役員のなかでは昭和43年前後で記憶に大きな隔たりがあることが発覚。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-03-24 18:53 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8511843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by madwax at 2008-03-24 23:12 x
コメントありがとうございます。微力ながら、これからもご協力させていただきます。