火曜日の動静/道測協総会

AO入試、廃止の動き
 九大・筑波大など 「成績低い」

 面接などを重視して合否を決めるアドミッション・オフィス(AO)入試について、廃止を含む見直しの動きが国公立大で広がっている。九州大法学部は、通常の学科試験を受けた学生よりも入学後の成績が低い傾向があるとして、2010年度入試から廃止する方針を決定。筑波大や一橋大も一部で廃止を決めた。AO入試を導入する大学は私大も含めて増え続けているが、「学力低下を招く」との批判も出ており、AO入試は転機を迎えつつある。
 AO入試は従来の学科試験と異なり、面接や論文、志望理由書などで受験生の個性や、やる気を判断する制度。九州大は筑波大や東北大などとともに国公立大では初めて00年度に採用した。現在は法、理、医、歯、薬、芸工、農の各学部と21世紀プログラムで実施している。法、薬学部と21世紀プログラム以外では大学入試センター試験の受験も必要だ。

【15日付 asahi.com
北大の入試が1日延期で今日、行われました。

さてAO入試という言葉が、広義に使われています。
上記記事のとおり位置付けられるなら、大阪市立大学経済学部では同様の入試形態を「ユニーク入試」として1988年に導入、私は翌89年にこれを利用して入学しました。つまりは記事中「国公立大では初めて00年度に採用」というのは誤り。
この誤った認識はかなり前から続いています。母校のPR不足。歯がゆい。
事実を誤って伝えたものが定着し、誤りが事実と化すのは、いわゆる「従軍」慰安婦然り、南京千人斬り然り。

AO入試=成績低いと関連付けられるなら、市大のユニーク入試はAO入試とは違う、といってもよいかもしれませんが。
共通一次(死語)のハードルで最低限の学力を担保したのが市大の見識。

ところで当社、しばしばあらぬ中傷を役所で流されたりします。
足の引っ張り合いですので、付き物。ただ、他社はうまく処理しているのが、当社は火消しが追いつかず、誹謗が潰瘍になり腫瘍となって役所のなかにこびりついていることがあります。
悪い噂は早めに摘み取りましょう。

大阪市大で学んだことのひとつに「おもろければ嘘でも事実になる」というのがあります。
おもろければいいけど、おもろないものまで事実になるのはおもろない。
午前 会長同行。
お昼 ランチをとりながら北大・中島先生とビッグイシュー打合せ。
午後 札幌市環境保全協議会 第7回全体委員会(エルプラザ内・札幌市環境プラザ)。

提言案についてを各部会長から報告。私が部会長を仰せ付かっている生活部会は、3人の分科会代表者から説明していただきました。

c0032392_21503948.jpg    北海道測量事業協同組合 総会(厚生年金会館)。

懇親会は、立食。道測協は道央協会の関連なので先週顔合わせた方々が多く、新鮮味に欠けます。

帰りに近くの石渡紅茶でプティ・ショコラのモンブラン。

夜分 帰社。営業部長と情報交換。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-02-26 19:28 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8324421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。