水曜日の動静

道内社長じわり高齢化 平均59歳7カ月

 道内企業の社長の平均年齢は2007年末時点で59歳7カ月と、前年同期に比べて3カ月“高齢化”していることが帝国データバンク札幌支店の調査で6日分かった。後継者難で、世代交代や事業継承が進んでいないことが背景にあると同支店は分析している。

 調査対象は57,446社。帝国データバンク本社の全国調査では、平均年齢は59歳2カ月と、道内よりも5カ月若い。また、前年同期からの上昇幅も全国は「2カ月」と道内よりも高齢化が緩やかだった。
 同支店の柳沢康行情報部長は社長の高齢化が進む道内特有の理由について
《1》 産業の歴史が浅いため創業社長が多く、会社を後進に譲ることへの抵抗感が根強い
《2》 不況が長引くなど全国的に見ても経営環境が悪く、「世代交代よりもまず現状維持」という考えに傾きやすい-ためと指摘する。
 一方、道内企業の社長の出身地は、地元の北海道が89.94%を占め、二位の東京都(0.89%)など他の都府県を大きく引き離した。
 学歴では、出身校が確認できた12,317人のうち、1位は日大の7.66%で、北海学園大(6.82%)、北大(6.36%)と続いた。業種別では、1位が木造建築工事の5.61%、2位が土木工事の4.14%と産業構造を反映した結果となった。
道新 2月7日付】


平均年齢を下げている若造社長です。上記《1》《2》共に理解できる分析です。
全国と比較しても結局は平均59歳台。若手企業家・起業家が目立つようになり、それでも還暦あたりが平均とは。

39歳なので、あと20年経ってようやく平均年齢です。今、子どもを産んでおけば(私が産むわけじゃないけど)その子が成人する頃には私も一人前の社長サン♪

京都きもの友禅」のCMで成人式を迎えた娘役の戸田恵梨香が「ママも私のママになってハタチだね」というのがあります。還暦のときには愛娘に言われたいものです。


午前 会長来室、諸事打合せ。来客。
お昼 地下鉄でとんありのおねぇさんと乗り合わせる。
    ついでにビッグイシュー地下販売ブースの場所へご案内。

午後 札幌市環境保全協議会 部会(市役所)。

部会長としての担当業務について会議終了後、副会長と市庁舎最上階の喫茶店で打合せ。
帰りにビッグイシュー大通地下販売ブースに立ち寄る。なかなか不調。
ロータリーでご一緒の会員が通りかかる。馴染みの道新記者も通りかかり、立ち話。

夕方 吹雪のなか帰社。会長来室。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-02-13 19:02 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/8222859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。