水曜日の動静/測友会新年会

経営(社風)改革セミナー
企業に蔓延る垢をなくし生き残れる企業へ
札幌の某経営コンサルタント会社から時々届くDMです。

貴社の現状を従業員から問題点を洗い出す!
社風の改革から経営を変える技術をお教えします!
原文ママ。日本語たどたどしいし。逆にこちらからお教えしましょう。
宛名が間違っています。
住所・社名が正解なので配達されていますが。
なんぼDMだからといって、これから顧客になるかもしれない社長名の誤記は失礼では。

俺は経営コンサルだ。
おたくの会社はこんなに間違っている。俺のアドバイスに従えば売り上げ倍増だ。
社長名の誤字?そんな小さいところにこだわるから売り上げが伸びないんだよ。

なんて横柄な経営指導が目に見えるようです。
会場は「札幌中心部のホテルを予定」。会場未定といってるようなもの。
こんなだらしない経営コンサルが6,000円も巻き上げて教えてくれるというセミナー、かえって興味がわきます。

御社と北海道経済の発展に少しでも貢献できますよう」とも。
北海道を元気にしよう!というフレーズを多用する経営コンサルで、道内経済の問題点を見事に指摘している方にお目にかかったことはありません。
北海道という土地をキャッチフレーズに商売しようという姿勢は、北海道産とつければ客ウケがいい農産物と同じ。

間接的ながら、他人の会社を元気にすることで北海道を元気にさせたい。そんな意気込みとノウハウがあるなら、いっそご自身で起業すればいい。直接北海道を元気にしてくれたら、道民は助かります。
リスクをかぶらないで「北海道を元気に!」などと熱く語られては、暑苦しさしか伝わりません。

「感動をもらいました」に似て、実体の無い対象物を扱ういかがわしさ。
元気の無い北海道を、あんたは見たんか。
農地が疲弊して元気が無い、というなら土質改善・土地改良を施しましょう。その点でほんとに北海道を元気にしているのは、私が在籍した農学部の講座とそれを発注する道庁・開発局。
経営コンサルのひとつおぼえ「公共事業に頼ってはいけません」は、暗渠1本の前で無力です。
本日の電子入札で室蘭開発建設部発注物件を落札しました。
沙流川総合開発事業の平取ダム豊糠地区外地形図作成業務です。
本年1発目の受注。幸先の良いスタートです。
午前 地理情報部長・業務推進室長・営業部長・常務それぞれ打合せ。
お昼 丸井さんで今日から始まった「加賀老舗展」。

c0032392_2053889.jpg金沢プレミナンスの「うわさのオムライス」を食してみる。
薄い卵が上品。
ミス百万石が会場入口でお出迎え。これまた上品。
ミスに縁があるのは仕事だけ(仕事上のミスとかけている)などとおっさんのようなことは言いたくないけど、日常的に身近にミスはいないので、ミスはきれいなひとであって欲しいという願望と金沢の女性はきれいであるに違いないという妄想は深まり、それらが能登の卵に溶け込んだらこんなオムライスに仕上がります。

午後 市役所回り。

合間にビッグイシュー地下ブースを覗く。
販売員さん交代時間にかかっていたので足掛け二人に休憩がてら付き合ってみる。
10分程度のあいだに
ロータリークラブでご一緒の北電常務と、同じく北電のキーマンネットワーク主宰者
測友会・道央協会の理事会でお世話になっている千廣測量の社長
裏参道の韓国料理「とんあり」のおばさん
が通りかかる。

夕方 札幌市測友会 緊急理事会。測友会新年交礼会ニューオータニ)。
c0032392_21131343.jpg昨年まで長らく毎年ロイヤルホテルで開催していたもので、勝手が違います。
今年も福引きの司会を仰せ付かりましたが、会場の広さが異なるだけで当たったひとの動きがつかめなくなるもの。
どんなホテルでも変わらぬペースで仕事ができるフリーの司会者って、すごい。

来賓の副市長にごあいさつ。とおりいっぺんの仕事の話よりは、とビッグイシューの地下販売について触れてみたところ、理解あるコメントを頂戴しました。行政のviceを任じる方の見識に安心しました。

夜分 帰社。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-01-09 21:46 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/7942535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Nakapya at 2008-01-09 17:44 x
明けましておめでとうございます。

年明け早々からの電子入札の落札おめでとうございます。
気持ちの良いスタートですね!!

新年のご挨拶が遅れて申し訳ございませんでした。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。