月曜日の動静

ある喫茶店でのこと。
ある女性が、新聞を下敷きに履歴書を書いています。

その新聞、朝日といいまして私はとっても嫌いな新聞ですが、どんな悪いことを書いているか毎日確認しなければ気が済みません。
個人的不買運動中につき、喫茶店で読むことにしています。
こうすることで購読料をコーヒー代に落とし込み、同時に「お前に130円を出す価値は無い」と貶めるわけです。

その中年女性、身なりはこぎれい、整った顔立ち。にしても、お肌に艶がありません。
丁寧な履歴書作成を心がけているのか、敷かれた朝日新聞はなかなか棚に戻りません。
テーブルは木製、木目にはまらぬよう下敷きは確かに必要。
それが朝日である必要性はあるのか。店内には道新もスポーツ紙もご用意しております。

もしかしたら彼女も朝日憎しで、朝日を下に敷くことに興奮を覚えているのか。であれば、同志。
思わず握手の上、そのコーヒー代は私が持ちましょうと伝票をかっさらいたい。

そんなわけない。
下敷きならなんでもいいはず。道新を手土産に交渉、無事交換してもらいました。
誰かがこの新聞を読みたがっているかもしれない、と気を回せない彼女の気質が、その履歴書に反映されているようにと祈念しつつ。
午前 常務らと協会や団体の挨拶回り。帰社。来客。会長来室。
    常務打合せ。業務推進室長打合せ。
お昼 agogさん本日から営業なのでごあいさつに。
午後 会長の付き添い。駅でチケット手配。帰社。
    営業部長・地理情報部長・管理部長に集まってもらい会議。

咳がおさまらないまま、明日は稚内です。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-01-07 18:50 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/7925578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。