水曜日の動静

「物音うるさい」マンション階上の女性刺す 愛知

 24日午後3時過ぎ、愛知県東浦町藤江のマンション「キャノンピア東浦」に住む男から「人を刺した」と110番通報があった。半田署員が駆けつけたところ、男の住む部屋の真上の8階の部屋で、女性が腹などから血を流して倒れているのを見つけた。女性は同県半田市の市立半田病院に運ばれたが重傷。同署は110番通報をした会社員大浜知弘容疑者(38)を殺人未遂の疑いで逮捕した。大浜容疑者は「物音がうるさかった」などと話しているという。
 調べでは、刺された女性は、同室に住む運送会社員平野友久さん(39)の妻、裕美さん(35)。
 同署によると、大浜容疑者は24日午後3時ごろ、平野さん方を訪れ、玄関先で「お前の部屋の物音がうるさい」などと苦情を言い始めたという。裕美さんは「ごめんなさい。ごめんなさい」と謝ったが、大浜容疑者は「うるさい」などと言いながら袋から包丁を取り出し、裕美さんの腹部を数回刺した上、うずくまった裕美さんの背中や後頭部を刺した疑いが持たれている。包丁は大浜容疑者が自宅から袋に入れて持ち出したという。
 大浜容疑者はそのまま自室に戻り、110番通報した。裕美さんも自宅から119番通報したという。
 大浜容疑者は一人暮らしで、平野さん方の1階下の部屋に住んでいる。平野さん方は、裕美さんと友久さん、子供3人の5人家族。事件当時、友久さんは仕事に出かけ、子供たちは外に遊びに出て、平野さん方は裕美さんが1人でいたという。
 平野さん方では、これまでにも大浜容疑者と「物音がうるさい」などとトラブルになったことがあるという。大浜容疑者は調べに対し、「毎日のように天井から音がする。昼間でも足音がうるさい。辛抱できなかった」などと話しているという。

【24日付 朝日新聞

年末の不幸は、通常の不幸よりも重い気分になります。
クリスマスイブの午後の不幸なら、ますます。
お子さんが3人。30代の夫婦なら、末の子はまだ幼いことでしょう。
同時に、相当な足音も想像できます。
我が上階の子どもの足音は、ひとりでも相当なもの。クリスマスは3割アップでした。
常日頃、イライラさせられます。でもクリスマスは、クリスマスだから子どもも浮き足立つだろうと、なんとなく許せました。ファーデルクリスマス。

刺した男も、刺された奥さんの夫も、私も、同い年前後。

下流社会」の37歳は犯罪に走りやすいと指摘されています。
階下の独り暮らしの男が、幸せな家族を妬んで…というわかりやすい構図も描けます。
併せて、子どもの足音は犯罪につながるという点も喚起していただきたい。天井の子どもの足音ほど不愉快にさせるものはない。
本件は奥さんが「ごめんなさい。ごめんなさい」と謝っているので、刺した方を糾弾。
我がケースでは奥さんが開き直ったし、謝らない事例が多々あるやに聞きます。

ところで一昨日の「明石家サンタ」。奥さんにお尻を包丁で刺された夫が登場しました。不幸を笑えるのは、強い。
c0032392_17293496.jpg午前 市役所等市内回り。
    途中、築造中のビッグイシュー地下ブースへ。
お昼 帰社。
午後 営業部長と打合せ。会長来室。今度は車で市内回り。
    途中「遊」でビッグイシューのパネルを借りたり
    Let's円山の館長さんにごあいさつしたり。帰社。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-12-26 18:46 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/7830390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 横田 at 2007-12-27 07:23 x
ホームレス雑誌の件はデイノス映画担当・佐藤君に伝えてあります
映画は1月11日まで条理です