水曜日の動静/別海出張

随意契約で第三者機関 省庁ごとに設置し監視へ
TBSサイトより借用 政府は30日、中央省庁や出先機関が行っている随意契約の適正化を図るため、契約内容を監視する第三者機関を省庁ごとに設置することを決めた。福田康夫首相は同日午前の閣僚懇談会で「行政に対する国民の信頼を取り戻すため、政府の無駄を徹底して排除する必要がある」と述べ、設置を指示した。

 随意契約は不透明さが問題視され、守屋武昌前防衛事務次官の業者癒着問題をめぐっても、背景に次期輸送機(CX)エンジン納入に関する随意契約があるとの見方が出ている。政府は1月の「公共調達の適正化に関する関係省庁連絡会議」で、2007年度中に随意契約の約6割を一般競争入札などに切り替えることを決めたが、条件設定が厳しく「事実上の随意契約になっているケースがある」との批判があった。
 国土交通省などには、既に公共事業の契約に関する第三者機関が設置されているが、監視対象を物品購入などすべての契約に拡大する。

【昨日付 東京新聞

随契って、次官にお願いしなければいけないものだったのね。
「東京以北唯一の航空レーザ」、当社にしかない機材なのに随契にしてくれなかったのは、次官を接待しなかったからなのね。

そうとわかれば国土交通省の事務次官を接待だ!農林水産省の事務次官も接待しなくては!
ゴルフやったことないけど、「ファー」くらいなら言えるぞ!食欲無いけど焼肉食べるぞ!

それにしても山田洋行、えげつないですね。
防衛施設庁のお仕事もなかなかもらえないうちに施設庁自体消えちゃったけど(笑)防衛モノはそこまでしないと受注できないとしたら、怖いものです。食い込めばゴルフ・焼肉で充分ペイできるおいしい仕事なのでしょう。
午前 別海直行。
    このたび受注した別海農業振興地域整備計画基礎調査等委託業務について。
午後 帰社。来客。
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-10-31 19:43 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/7301819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。