木曜日の動静/自衛隊見学

午前 設計部長らと打合せ。業務推進部長から業務報告。会長来室。
午後 自衛隊真駒内駐屯地でロータリークラブの移動例会。

ビリー隊長のとこ
には入隊してないけど、見学に筋肉は必要無し。

まずは西食堂で隊員と同じ食事をいただく。ボリュームのあるステーキ。
「たまたま今日はいいメニューです」と広報担当官は説明してくれるが、身体を鍛える隊員のイメージ通り。でも食べやすいし美味しいのは、失礼ながらイメージよりも良かった。
西厚生センターの売店で、迷彩色柄の様々な物品を物色。軍事マニアには垂涎のコーナーなことでしょう。
そのセンター、廊下にはショッピングセンターでカード会員を勧誘するようなおばさんが立っている。出会いの少ない隊員のために結婚相談所が営業しているらしい。「隊員じゃなくて申し訳ないけど、彼も独身なので紹介してやってほしい」とウチの会員が逆に営業を展開してくれたおかげで、パンフレットをいただけた。おばさんもウチの会員も、どうせ営業するなら婦人自衛官との合コンを設定してほしい。

c0032392_16531676.jpg副師団長の講話を聴き、サイロ隊舎(昭和12年建設・石山軟石で造られた道内最大のサイロ)見学のあと、WAPC(96式装輪装甲車)の試乗。実際にイラクで走ったものだが、乗り心地は良い。きれいに舗装された道路だから当然か。車上から見ると、まるでドナドナ(写真)。74TK(74式戦車)を動かしてもらい、最後はLAV(軽装甲機動車)の説明。

顔見知りの不動産業者に賃貸事情についてのレクチャーを受ける。
帰社。地理情報部長からいくつかの案件経過報告。

  歯科定期健診。
オーマイニュース
今朝5時掲載。「朝鮮学校でアンニョンフェスタだよ!」のタイトルですが、出稿時は「アンニョンハセヨ!アンニョンフェスタだよ!」でした。「アンニョン」という出だしと「よ!」で音を合わせるのが狙いで。なのでこのタイトル改変はいささか不満が…




朝鮮学校でアンニョンフェスタだよ!
地域交流はキムチから

 「第6回 アンニョンフェスタ」が9月9日、札幌市清田区の北海道朝鮮初中高級学校で開催された。

 同校が2年ごとに開くイベントだ。主会場は学校のグラウンド。設置されたステージで、生徒たちが演舞を披露し、フリーマーケットや屋台が並ぶ。体育館では、チョゴリの試着もできる。

主会場のグラウンドから校舎を望む(撮影:矢橋 潤一郎) 午前11時の開場前には、校門から長蛇の列ができた。美味しいと評判のキムチ販売の整理券をもらうために並んでいる人たちもいた。そして、駐車場は早々に満車になった。

 「アンニョンフェスタ」は回を追うごとに入場者が増え、先回は2300人に達したそうだ。
 校舎内は、体育館から廊下を渡り、1階のふたつの教室が、見学できるようになっている。廊下には、同校の設立経緯や現状、問題点などが書かれた模造紙が貼られている。

 この学校は、ドキュメンタリー映画「ウリハッキョ」の撮影現場でもある。同校が抱える問題点は、作品のなかでも紹介されている。

 私は1997年に1度、この学校を訪れている。

 同校のはからいで、父兄参観日に混じったので、校舎内くまなく見て回ることができた。参観日ということもあって、生徒らは普段よりお利口にしていただろう。それでも、朝鮮学校のありのままの様子を見られたのはよい経験だった。

 「アンニョンフェスタ」は、学校開放というかたちでの地域交流と、キムチやチョゴリを通しての文化交流が期待できる。だが、普段の授業にこそ、学校本来の姿がある。その姿を映したことで「ウリハッキョ」は評価された。

 グラウンドのお店を回る。

 お昼、まずはチジミを食べる、うまい。クレープを包むような紙で渡される。デザート感覚だ。

 次にキムチ豚丼。最近コンビニでも売っているキムチ豚丼だが、本場のキムチにはかなわない。キムチの整理券を求めて、たくさんの人たちが並ぶのもわかる。

 とどめはコリアンメン(麺)。そうめんを使っての冷麺だ。秘伝のタレに美味さがある、と店員に扮した父兄が呼び込む。確かに、うまい。

 充実した1日を過ごせた。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-09-13 17:13 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/6955247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。