金曜日の動静/函館出張

今週は、「釧路川航空写真撮影図化業務」を釧路開発建設部より受注しました。
開発局発注物件は、このところ大型案件を大手に奪われているので、喜びもひとしお。
開発はこれまで、農業部門が主体。今回、初めて河川部門でのお仕事と相成りました。
昨年度は帯広で、これまた初めての道路部門からの受注を果たしました。
これらは実績となり、仕事の幅が広がります。お盆前に嬉しい報せ、でした。
IPS記事より借用午前 朝イチの電車で函館へ。
5時起きでお眠のところ、車内はまたもにぎやか
夏休み、しかもお盆期間の始まり。覚悟はしていたものの、現実は厳しい。
斜め前の一家、お子様がテンション最高潮を維持している。1時間、嬌声を我慢。とはいえ睡眠不足を車内で補おうと朝イチの電車を選んだので、ここで眠れないと今日一日の出張に響く。
坊やにお願いに出向く。「ちょっと静かにしてもらえるかな」。周囲のオトナたちが「ほぉらおじちゃんに叱られた」。
この家族関係がいまひとつつかめないが、保護者として「ほぉら」とはなにごと。公の場で騒ぐ子供を鎮めるのがあなたたちの役目だろう。
とは申しません。静かにしてくれれば寝られるので。
あのご婦人が懐かしい

渡島管内を顧問と回る。
午後 帰札。大山のぶ代
車内はピコピコ音が響く。
斜め前の一家、そろってゲームに興じている。ひとり一台。一心不乱な家族の姿は見ものだが、ピコピコ音はうざい。発信源は、母親。注意するとあっさり謝罪。最初からミュートにしとけよ。オトナなんだから。
その後、前方では朝の再現フィルムのように子供が叫ぶ。「僕、ドラえもん」と大山のぶ代先生の口調で。意味わからない。君の世代は大山先生ではなく水田わさびだろう。
喧騒のなか、長万部でかにめしを食らう。
夜分 帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-08-10 22:12 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/6684670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。