水曜日の動静/留萌出張

米高速橋崩落事故で工事の建設会社から聴取
米当局
 米ミネソタ州ミネアポリスの高速道路橋崩落事故で、米国家運輸安全委員会(NTSB)は5日、橋の補修工事を請け負っていた建設会社社員から当時の作業状況などについて事情を聴いたことを明らかにした。
 事情聴取により、事故当時の工事車両や資材の位置、重量などを把握。橋のメンテナンス関連書類にも目を通した。6月から削岩機などを使って行われていた補修工事が崩落のきっかけとなった可能性も視野に入れ、慎重に調べている。

日経ネット 7日付】

徳島新聞サイトより借用
当然「日本は大丈夫だろうか」という話題になります。
橋崩落からしばらくは報道番組各局、丹念に、我が国の橋梁事情を調べてくれました。
結論は、日本は米国よりも危険、早期に全国規模で改修すべき、とまとめてくださいました。
したり顔で。
先週まで公共事業を目の仇にしていた人々が。
反米を唱えながら、米国並みの競争原理を導入せよと叫びながら、競争が格差社会を生み出すんだと支離滅裂なコメントを垂れこぼす人々が。
そんな節操の無い人々が無責任に世論を右往左往させるために、発注官庁は萎縮し、受注企業も影響を受けます。
コスト削減で公共事業費はまだまだ削れると信じ込んでいるオンブズマン原理主義者のみなさんが、橋を落とすのです。
BGMはもちろん、マザー・グースの「London Bridge is falling down」。
午前 常務と打合せ。業務推進部長から昨日の入札結果報告。
    業務推進室長から業務報告。来客。顧問と留萌へ。
午後 留萌支庁ほか関係機関回り。
夕方 帰社。顧問と出張打合せ。
夜分 協会の方と会食(花ごころ 南1条店)。
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-08-08 18:13 | 社長の孤独な仕事 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/6662780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 都営住宅のメリットとデメ.. at 2007-08-15 22:38
タイトル : 都営住宅のメリットとデメリット
都営住宅は公共事業の一環として、東京都の代表的な事業です。都営住宅の入居の応募は通常5月と11月の2回、各区役所で受け付けています。... more