雨宮処凛 × 中島岳志 「生きさせろ!」

北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター主催の講演会「生きさせろ! ― 若者の声から格差社会の法と政治を考える ―」が北大人文社会科学総合教育研究棟2階の教室で開催されました。
講演会というよりは、対談。作家・雨宮処凛氏と、北大公共政策大学院の中島岳志准教授の掛け合いに、後半では雨宮氏持込のDVDを鑑賞。


雨宮さんの著書では「自殺のコスト」を1年半前、読みました。今、生きているのは雨宮さんのおかげと言っても過言
…かもしれませんが、この当時の著書には言い回しに世捨て人の面白さが滲んでいます。
その後、あちこちでお姿を見かけるようになり、往時の毒が消えたようで寂しく感じておりましたが、今夜のナマ雨宮は面白さ健在。

一方の中島先生。先般中央図書館での講演会には所用で行かれず残念でしたが、「中村屋のボース」の著者として知られた先生です。

75年の早生まれという共通項を持つお二方が、団塊Jr.としてロストジェネレーションの語り部として、ワーキングプアについて話してくれました。
後半には雨宮氏持込のDVDを2本鑑賞。「自由と生存のメーデー07」と「松本哉 杉並区議会選挙」。
質疑のコーナーで口火を切ったのは、斜め前に座っていた山口二郎先生。こうしてみると贅沢な取り合わせ。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-07-06 20:10 | 読/見/観 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/6453878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。