金曜日の動静/札樽地区測量設計協会総会

平成18年度発注機関別受注ランキングが発表されました。
道庁(農)は21位。受注件数は前年度と変わりません。前年比受注高は99%。予算減少のなか、健闘しているように見えます。が、上位20社中、前年を上回っているのが15社もあります。つまりパイはまだ残っているわけです。
かつて当社はここで首位を独走していました。トップ20のボーダーをウロウロするような企業格ではありません。19年度スタートの4月〆では30位。前年実績維持は上出来の時代ですが、あえて上を目指します。
開発局は99位ですが、16年度の2本から17年度に7本、昨年度が8本と受注件数は堅調に伸びています。ただ、内容が伴わず、前年比受注高は60%。OBを擁する他社と伍するには、情報量で圧倒的に不利ですが、主流になりつつあるプロポーザルでポイントを上げられるようがんばりましょう。
午前 地理情報部長と業務打合せ。担当部長と測友会記念誌評。
    設計部フロアで歓談。道庁ほか発注機関回り。
お昼 帰社。
午後 来客。市内回り。札樽地区測量設計協会総会(厚生年金会館)。
若力会副会長として事業説明。
懇親会では土現幹部の方から「彼のホームページは面白いんだぁ~」と評され、嬉しく、また建設新聞を購読している社長さん方からは「変わったこと始めたらしいね」と声かけられ、効果の感触を味わえました。

札幌土現を退職した知人がススキノでお店を今夜、オープンしたのでお祝いに行ってみました。呑み屋だけど珈琲も出してくれるというので。土現関係の協会総会の後というのも奇遇。北海道建設部有志一同からのお花も届いていました。
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-05-11 23:02 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/6056193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。