水曜日の動静

入札制度改革 小林郁子(市民ネット)
 【平成19年度第1回定例札幌市議会 代表質問】
 予算の効率的な運用のためには、入札制度改革の影響は大きいものがある。一般競争入札について、平成19年度からさらなる拡大が必要と考えるが、いかがか。
 価格と品質で総合的に優れた調達を目的とする総合評価入札方式や、工事成績の優良な建設業者のみを対象とする成績重視型競争入札が取り入れられているが、このような多様な入札方式は、今後も導入件数を増やしていくべきと考えるが、いかがか。
 平成20年度中の電子入札の導入に併せて、地元中小企業の受注機会の確保に配慮しながら、250万円を超える工事の入札は、原則として、一般競争入札とすることとしている。このため、平成19年度には、さらに一般競争入札の適用範囲を拡大する。
 公共工事の品質確保に効果的な総合評価落札方式や成績重視型競争入札の実施件数を拡大するとともに、そのほかの入札方式についても一層拡充したいと考えている。
目新しい話ではないし、無難な質問&答弁です。
仕組みが変わっていくのは確かだし、変わらなければおかしいし、変化に合わせて企業態勢の見直しもかけていく必要があります。ただ、斬新な取り組みなど話題づくりのために突拍子も無い制度を作られないよう、チェックの目を光らせてもらいたいものです。日曜日に決まる新しい市議さん方には、それを望みます。
午前 病院。
午後 市内関係各所回り。帰社。業務打合せ。

風邪気味なので帰ります~
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-04-04 19:14 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/5836716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。