水曜日の動静/社長室ひきこもり初日/設計技術協会総会

c0032392_103736100.jpg朝、6階へ直行。社長室は6階の突き当たり。昨日までの5階のように、総務や営業のみなさんと顔を合わせることもなく自室へ入れます。
当面は、扉は開けっ放しにしておこうかと。閉め切ると、まさにひきこもりみたいだし。冷暖房の関係と相談しながら。
今日は目覚めが早かったので、早朝出勤でした。まれにあります。5階なら、同じ部屋なので出社するひとたちにあいさつもできますが、6階では誰も私がいることに気付かず勤務開始。
ここで思い出したのが「頭のよい子が育つ家」。子どもが自室に入る際、必ずリビングを通らなければ辿り着けない間取りになっていると、家族と顔を合わせる機会が自然に増え、いい子に育つ、ということだそうです。
ということは、これから頭がよくなるのは望めない…
午前 業務推進部長が社長室訪問。
これまでは私の机の前のパイプ椅子に座ってもらいましたが、これからは応接セットがあります。でもカレンダーが無いのは不便だそうです。
c0032392_1951944.jpg続いて総務部長。
置物チェック。

← 2003年、HPリニューアルのために社長室で撮影した画像。
結局ボツになりました。
こんな感じで座ってます。
お昼 銀行。
午後 (社)北海道土地改良設計技術協会 総会(NDビル)。
    終了後、恩師の事務所へあいさつに。道庁へ納品報告。バスで帰社してみる。
    路線を間違える。南3条からてくてく歩く。結局、地下鉄の方が早かった。社内打合せ。
  以前から行ってみたかった「とあん」でごはん。
    mixiでよく書き込んでくださる方のご亭主が作ってくれます。
    ひとりでふらっと立ち寄って満足のお店♪
オーマイニュース2度目のトップ記事です。本日11時半掲載。
前回は掲載現場を押さえられなかったので記念の画像↓
c0032392_18145572.jpg
大阪・学生街にあるまったりカフェの原風景」。先週行った夏爐のお話です。




大阪・学生街にあるまったりカフェの原風景
 あたたかい味がした思い出の「レモンライス」

 大阪市の南端、大阪市立大学の近くに「憩務所 夏爐」がある。32年間、市大生や教職員にとってくつろぎの店だった夏爐が、今月で店を閉める。夫婦でやってきた夏爐は5年前にご主人を亡くして以来、奥さんがバイトの学生たちとがんばってきた。しかし、齢78。身体がきつくなってきたという。

レモンライスにはジュースが付く(左)と、しぶいメニュー(右) (撮影者:矢橋 潤一郎 )

 特に閉店の告示をしたわけではない。だが口コミとインターネットでこの知らせは全国に広がった。かく言う北海道在住の私も、mixiで閉店を知った。mixiでは夏爐のコミュニティーが作られ、同店を訪問しての感想や現況が日々、報告されている。2月から朝日放送と関西テレビ、産経新聞の取材もあった。

 夏爐の名物はなんといっても「レモンライス」。市大生にとってはただの炒飯ではない。その最後のレモンライスを食べようと、全国から卒業生が訪れている。

 私も北海道から駆けつけた。店構えは往時のまま。内装ももちろんだ。気取ったカフェでもかなわない渋みが、この店にはある。亡くなったご主人は生前、レモンライスを食べている私のそばで訥々(とつとつ)と「何か」を語ってくれた。

 北海道の秋冬は一気に陽が沈み真っ暗になるが、大阪はゆっくり陽が暮れていく。それ以上にゆっくりした店内は、まさに「ゆる~い雰囲気」。その緩さにつられるように、1年余分に大学生活を送ったものだ。

「憩務所 夏爐」の外観 (撮影者:矢橋 潤一郎) 奥さんは台所から出てくるなり涙を浮かべて「よう来てくれたなぁ」。毎日のように卒業生らが訪れるので毎日泣いてるらしい。

 最後のレモンライスは、きっと泣きながら食べることになるだろう、と覚悟していた。が、普通においしく食べてしまった。

 うわさ通り、夕方からどんどんお客さんが入ってきた。込み合うのでそろそろ帰ろうとするが、奥さんは「まぁ座って座って」とお茶をすすめてくれる。

 「あんた結局、嫁さん連れて来てくれへんかったなぁ。なんで結婚でけへんのやろなぁ。そのうち北海道行くからな」

 などなどとりとめもなく話しているうちにバイトの学生からさすがに「奥さん、そろそろ」と、台所に促された。きっとほかの卒業生が来てもこんな感じで、変わりなくゆる~く、茶飲み話をしているのだろう。

 そんな奥さんが好きで、市大生は大学よりも夏爐に通っていたのだ。

©2007 OhmyNews
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-03-28 19:10 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/5794824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MIT2809 at 2007-03-30 02:14 x
頭の良い子が育つ家=
子供が自室に入る際、必ずリビング(家人のいる場所)を通る配置。

宅は、防犯+不良化阻止+教育的指導目的で、18才までに
転居した30回近く全ーーて、徹底して↑スタイルでした。

が、できあがったらコレです。
(号泣)→しているのは母かしら