金曜日の動静/後輩の事務所開き

ロータリー財団のGSE委員会で御一緒している堀内委員が昨晩、事故で急逝されました。
小樽の堀内水産食品の社長です。まだ53歳。委員会では私の次に若い方です。年の開きはありますが。
そんな若手同士ということもあって、御年配には任せられない会場設営などの力仕事を一緒にしてきたものでした。気のいい方で、なんでも「いいですよ。やりましょう」と引き受けてくれるタイプ。
来週水曜日は月例の委員会でまたお会いできるはずだったのに。
秋のマレーシア受入に向けて、コンビで苫小牧を挨拶回りする予定だったのに。
ロータリークラブはご老人が多いので、大往生でのお葬式にはよく参列します。そんななかで若いロータリアンが亡くなるのはひときわ、つらいものです。
合 掌
午前 来客。
午後 北海道商工会議所連合会創立60周年記念「北海道経済再構築シンポジウム
    (パークホテル)。
基調講演は日本総合研究所の寺島実郎会長。続くパネルディスカッションは吉見北大教授がコーディネーターで、パネリストは近藤副知事・横山北海学園大教授・田中トヨタ自動車北海道社長。肝心のソメスサドルの染谷社長は急遽欠席。
夕方 市内某所で知人が後援会長を務めるところの集まり(遠回しな言い方)。

  小樽市議会議員に立候補を予定している高校の後輩が今夜、事務所開きをするということで、小樽まで車を飛ばして駆けつけました。
一票を投じられないのでお役に立てませんが、枯れ木もナントカのにぎわい。
現役院生で、スタッフも学生ばかり。党代表の代理として来られた方は、神棚も無ければ、大安などの日取りも考えず、普通は午前中に開くものなのに夜の8時半とはすべて型破り、と逆に感心してました。
最後は牛乳で「がんばろう!」。
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-03-09 23:20 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/5683263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。