木曜日の動静

内閣支持率と企業経営

 経営者が持つべき最も基本的な要素は会社をどうしたいのかという明確な考えを持ち、一貫してそれを主張し続けることと、ゴール達成に向けての強い意志と実行力だと思う。これを欠くと会社はばらばらの方向に動き始め、経営者が尊敬されなくなる。揚げ句の果てには、ちょっと要領のいい官僚的な人間が跋扈することになる。

【本日付 朝日新聞 経済気象台】
経営者の尊敬というとカリスマ性を想起します。松下幸之助、本田宗一郎、稲盛和夫…
かなわない。
成功した事業家 = カリスマ性を持つ経営者、であるなら、最近のIT関連企業の社長さん方はみなさんカリスマ社長になりますが、そうでもない方も見受けられます。捕まったり。
経営者として尊敬を集める方法論のひとつとして、会社の方向性を明確にし、実行する…つまりは「生き残る」「生き残るための方法を考え、実行に移す」と捉えれば、今まさに当社が取り組んでいるところ。むだや 人事カップ (20個入り)
私が尊敬されるかどうかは別にして。
本日から2月でございます。
本日付で人事異動を発令しました。

 地理情報部
        部長を参事に
        次長を部長に

参事からは業務や長年のノウハウを新部長に引き継ぎ、社名でもある看板業務の「航測」技術を充実させてもらうよう期待します。
これで半年のあいだに営業・技術の3部門長が新しくなったことになります。一気に社風が変わるような勢いですが、業界を取り巻く環境はもっと勢いが激しいので、これくらいがちょうどよいかと。当社としてもここをターニングポイントに、さらななる40年に向けて飛躍したいものです。
午前 辞令交付。社内打合せ。小樽方面出張。
午後 会長と銀行へ。
夜分 帰社。
オーマイニュース
昨晩OhmyNewsに書いた拙稿が、今朝には掲載されていました。やはり時事モノは鮮度の関係上、載るのも早いとみた。「少子化対策における『認識の地域格差』」です。




少子化対策における「認識の地域格差」
 産みたくたって、これじゃ産めない! 育てたくたって、これじゃ育てられない!

 厚生労働大臣が華やかなる首都・東京で失言を追及されているとき、私は出張で過疎で悩む街・北海道日高管内を歩いていた。

 過疎には医師不足がつきもの。この町の悩みは、産婦人科医の不在。「少子化って言うけどさぁ、産みたくても産むところが無いってのは困ったもんだよ」。もうすぐ還暦を迎える住人が嘆いていた。

 「給与体系もおかしいんだよな。一番子育てに金がかかる年代が給料安くて、子どもが巣立って夫婦ふたりで一息つくころが高いんだから。どうせ生涯賃金が同じなら、30代で手厚くして欲しいよな。60歳近くなったらそんなに使わないんだし」

 そんな彼の賃金体系に関する気遣いは杞憂に終わるかもしれない。なぜなら産婦人科がないほど子どものいない地域には、当然、小児科も無い。子どもの病気に不安を抱えるような暮らしをしたくない若夫婦は、小児科のある地域に住みたがる。

 「それで結局、札幌一極集中だよ。役所のやることは、育児手当だの、なんとか手当てだの、場当たり的な少子化対策ばかり。見当違いだよな。札幌や東京に住んでる役人には、地方の実態がわからないんだろうな」

 こうした少子化問題を考えなければならない厚生労働大臣の「女性は子どもを産む機械」発言を巡って国会が紛糾し、審議が止まろうとしている。政争の期間分だけ、問題の解決も延期され、生まれるべき子どもも生まれない。

©2007 OhmyNews
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2007-02-01 22:01 | 社長の孤独な仕事 | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/5414284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 国際航業株式会社について.. at 2007-02-18 22:51
タイトル : (株)東京都データシステムズはリストラ箱
(株)東京都データシステムズはリストラ箱として、利用した賢いミナミ。 国際航業と東京都が出資した会社で、身体障害者をバカにしている。 障害者雇用のために設立されたはずの会社なのに、東京都はバカ? どう思う?... more
Tracked from 国際航業株式会社について.. at 2007-02-18 22:51
タイトル : 何もしないで業績好調?なのにリストラ!
第一4半期業績好調。 企業努力は全く無し。社員教育はほったからし。 営業施策いまだ実行されず如何して受注が上がっているの? 営業事業部っていらないね。 関西事業所(尼崎)にリストラ外注会社立ち上げて、未だにリストラ社員空間事業部15名程度? 動かせないのは? 社長の嘘の説明による御用組合との調整の為。 昨年も黒字の会社が、リストラ!リストラ!と大騒ぎして、今年も業績好調なのに。 解雇4条件の理由に困って、行き詰まりか? 個々の切り崩し政策施行中か? 退職役員、管理職の顧問雇用、嘱託再雇用、社員に隠れて...... more
Tracked from 国際航業株式会社について.. at 2007-02-18 22:51
タイトル : 国際航業のこの経営は許されるのか?
環境施設や農業土木など、部門廃止を次々に行い、子会社を作り送り込む準備ができた。 リストラの方策として、組合員以外の管理職から出向させ、来年度早々には組合員を出向させ、構造改革の3ヶ年の内に転籍(退職)させる。 うまい方法を実行しようとし始めたが、その前に、営業部門のリストラを行いたいが、今だ実行できない模様である。 子会社を作ったは良いが、組合の反対に遭い、社員のリストラがうまくいかず、今では、外注会社に仕事を出さず、其の代わり外注会社の社員を出向受け入れの形式を使い、 安い賃金で受け入れ、次に自社...... more
Tracked from 国際航業株式会社について.. at 2007-02-18 22:52
タイトル : 株主総会に向けてのこの会社の今後の姿勢は正されるのか
1.役員はこれまで無配当を続けたが、経営の責任を全く取らなかった件。 a.構造改革の成果の出ない責任 b.本業(官公庁受注高)の営業受注高が、官公庁の発注高に順応しただけの無策の成果でしかなく、営業利益を固定費削減で捻出し業績回復の見せ掛けを創出してきた営業責任。 c.技術部門の生産体制の創出は、2年前に関連会社整理をしたにも拘らず、今年度子会社(KDS)設立し再び統合(TDS)する未熟なな会社運営に関する責任。 d.成果の出せない執行役員、上級管理職を長期に放任し、任期後に社員(関連会社)に組み込...... more