水曜日の動静/釧路出張

本日のサプライズ
朝. 丘珠空港で小中学校の同級生とバッタリ会った
昼. 釧路合同庁舎でエレベーターを降りたら大学院の先輩方とバッタリ会った
晩. 地下鉄で幼馴染とバッタリ会った。お互い降りるまで気付かなかった
サプライズどころではない驚き
釧路行きの航空券が片道しかないことが早朝の丘珠で発覚。代理店の凡ミスだが、最近のチケットレスはこういうことに客自身もわからないのが怖い
さて釧路といえばこんな出来事が
「釧路パシフィックホテル」民事再生法適用を申請
 釧路市内で現存するシティホテルでは最古の「釧路パシフィックホテル」(中村正嗣社長・資本金2億3100万円)=釧路市栄町2=は19日までに、釧路地裁に民事再生法適用の手続きを申請した。負債総額は18億1858万円に上るとみられる。代理人は稲澤優弁護士。帝国データバンクと東京商工リサーチの両釧路支店が明らかにした。関係筋によると営業権はある大手企業と売却交渉中で、まとまらなければ1月末で営業を終えることになる。
【本日付釧路新聞
奇しくも先週発売された「財界さっぽろ」新年号の特集が「釧路”地盤沈下”」。記事のひとつが「大手チェーンが続々、釧路でなぜかビジネスホテルラッシュ」。企業が経費削減で釧路から支店を撤退させ、出張に切り替えたため宿泊施設の需要が増えた、という内容です。安くて新しいホテルが増えると地場シティーホテルは苦戦しそうと思いきや、早速。
c0032392_11335998.jpg
お昼休み、喫茶店で新聞を読みながら、せっかく釧路に来ているのだし、近ければそのホテルの様子を見てみようと思い、店主に場所を尋ねました。「パシフィック?う~ん、どこだっけ」と客に振ります。「橋の手前の…」とお客さんが答えたところで店主もあぁあれか、という表情で行き方を説明してくれました。

c0032392_11331541.jpg新聞によれば同ホテルは老舗で、天皇陛下もいらっしゃったとか、社長は先代から釧路市議をやってるとか、典型的な名士。喫茶店から歩いてみれば5分程度。新聞を賑わせている割には地元の方々の話題にものぼっていない様子。
新館玄関には釧路ロータリークラブの例会場プレートが掲げられています。
[PR]
by top_of_kaisya | 2006-12-20 19:43 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/5175683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sono at 2006-12-21 12:01 x
うれしいサプライズと残念なサプライズが。。。。

うれしいのが続くのは、いいことですね。

釧路パシフィックホテルは、幼少の時何度か泊まった覚えがあります。

残念ですネエ。

札幌も、地元の老舗ホテルはお家事情は大変みたいです。
それで、大々的な改装をしたみたいですよ!

Commented by 匿名希望 at 2012-11-20 19:50 x
釧路パシフィックホテル、倒産してから6年経ちますが、元々は姉妹ホテルだったパシフィックインとともに営業権を売却する形で営業を続ける予定だったものの決裂、年が明けて破産宣告という最悪の結果になってしまいました。
釧路を中心とする釧根地区は、大手ビジネスホテル進出が一段落するも、支店訪問できない顧客の営業から手を引く企業もあるようで、今度はホテルが多数共倒れする心配が出ています。経費削減、ここまで徹底しているようです。