時計台フォーラム「本屋のおやじのおせっかい 中学生はこれを読め!」講演会

朝日サイトから借用朝日新聞北海道支社報道部主催の講演会です。
会場は時計台ホール。講師はくすみ書房の久住邦晴社長。「売れない文庫フェア」を皮切りに、店内朗読会など従来の書店には珍しい取り組みを展開、「中学生はこれを読め!」で全国的に知られるようになった書店店主です。

「時計台フォーラム」は、朝日記者が取材を通じて出会ったユニークな方のお話を、紙面だけではなくご本人から、読者と一緒に聴きたい、というコンセプトから始まった企画だそうです。

書店は、八百屋・電器店とともに「地場では消えていく業種」と言われているそうです。確かに八百屋は大型ショッピングセンターに、電器店もヨドバシみたいな大型店に客を取られています。書店も、老舗のなにわ書房がグランドホテル前の一等地から撤退するほど。くすみ書房もかつては琴似のメインストリートに面する立地で、黙っていても客が入るお店でしたが、札幌駅前の紀伊國屋や三省堂・旭屋に客が流れ、地下鉄延伸に伴うバス路線減や活字離れなどでみるみるうちに売上が減っていきました。もう店を閉めようかと考えたところで「シャクだから」あと1年やってみて、それでもダメなら諦めようと考えたそうです。書店の、これまでの客を「待つ」姿勢から、客を「集める」にはどうしたらよいか、への発想の転換で、従来の書店らしからぬ手法を打ち出していきました。

時計台ホール最近、本を読む機会が増えたところにこうした講演会が企画されたので、本の話を聴こうと臨んだのですが、はからずも経営論として勉強になりました。
久住社長は、西高の先輩にあたります。1時間の講演のあと質問を受け付けたので、先輩に敬意を表して質問したところ、喜んでくださいました。

思えば、私の読書の原点はリーブルなにわでした。教育大学前から市電で西4丁目で下車、地下鉄への乗り換えには玉光堂とこの書店を通り抜けることになります。三角帽子で目立つ小学生が、小難しい本の並ぶ書棚でたむろしている様はかわいげがなかったことでしょう。オトナの視点からその光景を見たいものですが、あいの里へ移転してからこの書店を「通り抜ける」後輩の姿は無くなりました。久住社長の「そういえば中学生が最近本屋に来ないなぁ」との思いから生まれた「中学生はこれを読め!」フェアも、その点で共感できます。

余談。本日の主催は朝日新聞社。当然、配られる粗品は今日の夕刊。
トップ記事は「林道の調査業務で談合容疑 農水省所管法人などを検査」。当社は林道も扱ってるのよねぇ~(汗)発注機関自体が私らみたいな地場中小は入れてくれない敷居の高いところ。談合に関りはないけど、測量・調査みたいな地味な業界がいきなりトップ記事に載ると、他人事ながらドキドキします。山陰中央新報サイトより借用
ところで今週の朝日、小さく訂正記事が出てました。「川田工業に開発局のOBが入社と書きましたが、実際には存在しません」旨。ちゃんと調べろよ。とは言わないで、若手記者さんと和やかに名刺交換。一応朝日では先輩だし♪
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2006-10-31 20:43 | 読/見/観 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/4855976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みつ at 2006-11-01 21:02 x
くすみさんは、
小さな”町の書店”としては新しい試みも多く、
たびたびメディアに取り上げられていますよね。
Commented by top_of_kaisya at 2006-11-01 21:05
西高の先輩として誇らしいお話でした♪
Commented by コタ at 2006-11-02 00:09 x
 何を隠そう琴似小学校卒業生ですので、くすみ書房は馴染みの店です(僕は紀伊國屋書店派でしたが)。札幌では琴似が一番好きなまちで、ずっと琴似を西区・手稲区の文化的な中心地だと誇りに思っていました(屯田兵が入っているから琴似は歴史が古い)。拓銀、ダイエー、紀伊國屋書店、地下鉄琴似駅バスターミナル、(そしてケンタッキーフライドチキン)。小学生時代、僕の世界の中心は、ここだった。紀伊國屋書店がなくなって琴似の文化的ステイタスは僕の中では大きく低下しました。自分にとって本屋というのは文化の象徴なんだなぁと改めて感じました。くすみ書房をどうやって生き残らせるか、その営業戦略を考えるのは面白いかもしれない。
Commented by top_of_kaisya at 2006-11-02 10:09
紀伊國屋の撤退についても言及されていました。
琴似はBowling場も無くなりました(よね?)し、でもコンカリーニョの復活で観劇好きには嬉しい話題もあり、まだまだ元気な街ですね。
Commented by コタ at 2006-11-02 19:02 x
 神社横にあったBowling場は随分前になくなりましたよね。サンコーボウルはまだ頑張ってますけど。
 JR琴似駅周辺は、琴似としては最も再開発(?)が遅れていたエリアですが、ここ数年琴似の重心はあっちの方に移ってますね。