【読後感】 ボブという名のストリート・キャット

ボブという名のストリート・キャット ジェームズ・ボーエン / 辰巳出版

著者がイギリスでビッグイシュー販売者をやっているというので読んでみました。
猫好きにも届く作品。
路上はいろいろあるし、クスリも大変だし、いろんな切り口で読めます。
図書館で借りました

[PR]
by top_of_kaisya | 2016-10-04 16:09 | 読/見/観 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/26033656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。