木曜日の動静

先住民族マオリ女性の入浴拒否
 北海道・石狩管内の温泉、顔の入れ墨理由に

 ニュージーランドの先住民族マオリの言語指導者で、日高管内平取町で6日まで開かれたアイヌ語復興を目指す講習会の講師を務めた女性が、石狩管内の民間の温泉施設で顔の入れ墨を理由に入館を断られていたことが11日、分かった。講習会関係者は「入れ墨はマオリの尊厳の象徴であり、大変残念」としている。
今日の道新
いつもながら「多様な文化」を受け入れない日本は遅れている、との論調。
一生に一度来るかどうかの海外観光客に合わせる。
常日頃訪れる日本人利用客は離れる。
施設閉鎖。という顛末が想像できます。
人権や国際化で煽るメディアと識者はそこまで責任持つわけもない。

今回の場合、拒否が予想されたのだから「同行したアイヌ民族関係者」が客の少ない時間帯を前もって予約するなど調整できることはあったかと。
記事からはそういう経緯は読み取れず。

ここで前例にしたら、全国の浴場で刺青文化を主張する日本人が入場を要求するでしょうね。
そういう対策なのよ、と説明するのが日本側「関係者」の役目でしょうに。
一緒になって「深い悲しみを感じ」てどうする(-_-)
海外目線を優先させたら、TPPもこんな感じ。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 経理。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 帰社。母来社。来客、会長と応接。
[PR]
by top_of_kaisya | 2013-09-12 18:09 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/20725135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まきぱぱ at 2013-09-13 08:12 x
私も同感です。
エスコートする人達の段取り不足かと。

石狩管内の民間の温泉施設に同情します。
Commented by top_of_kaisya at 2013-09-13 12:27
ね~(^.^)
なんか問題を起こすことが目的じゃないかとさえ…
Commented by 中島 伸一 at 2013-09-13 18:47 x
文化相対主義といっても、どんな文化も認めるというのは行き過ぎだと私は考えています。温泉施設に同情します。大阪在住ですが、たまに風呂屋にゆくと立派な彫り物のある人がいたりします。よく見ると私の行く風呂屋には「入れ墨の方お断り」の項目自体ありませんでした。
Commented by top_of_kaisya at 2013-09-14 09:33
断られないお店もあるのですね~

道新系列TVが街でインタビューしてましたが、ルールは守った方が…という答ばかりでした。メディアの思惑は時として通用しないもので♪