火曜日の動静/ワイン会

公契約条例 官民挙げ制定に努力を

 札幌市が「公契約条例」の制定に向けて再び動き始めた。
 昨年2月に市議会に条例案を提出したが、企業負担が大きいなどの理由で建設やビルメンテナンスの業界が強く反対し、継続審議となっている。事実上頓挫した状態だ。
 市は一部を修正して9月定例市議会への再提案を目指している。
 条例は市発注事業の受注業者で働く労働者の賃金下限額を定めるもので、「官製ワーキングプア(働く貧困層)」の防止が目的だ。

【19日付道新社説】
ぉぃぉぃお前らメディアが「公共事業不要」をわめき立てたから官庁ビビって仕事が減ったんだろうよ。
他人事みたいに書いてんじゃねぇよ。
この条例通ったら、若干の負担増なんてもんじゃ済まねぇんだよ。
月1回で済む給与計算を毎日やることになるんだよ。
受注額の底上げをせずに、人件費の底に規制かけて、さらに管理費のための人員を増やせという悪法だよ。

反対する企業を抵抗勢力みたいに仕立て上げやがって。
経営側の環境にまったく触れないで中立面してんじゃねぇよ。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午前 会長。
お昼 ロータリークラブ周年記念行事実行委員会(第一ホテル)。
午後 帰社。公文教室。帰社。来客。経理。
  キムラワイン会プロヴァンサルキムラ)。

[PR]
by top_of_kaisya | 2013-08-20 18:30 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/20643334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。