水曜日の動静/七夕ローソクもらい

昨日までの3日間は、父の同期ガバナーの皆さんとの旅行でした。
思えば5年前、月信のガバナー所感は毎月、私が書いていたのでした。
当時から代理をしていたのが、とうとう旅行も代わりに(笑)

2008年8月号は、こんな内容。
これだけは書きたかった。
母と6日に一緒にいるのは高校以来でしたが、その話に触れることもなく。
8月病の予防

 8月になりました。新年度も、もう1ヶ月。会長・幹事さんにおかれましては、例会の進め方もスムーズに馴染んできたところでしょうか。新鮮な緊張感を維持しているうちに、もうすぐお盆休み。多くのクラブで例会をひと休みさせることでしょう。
新年度がスタートして、1ヶ月経ったら全国的なお休み。ゴールデンウィークもそうですが、ひと息つけるようにうまくできております。
「5月病」は新入社員に蔓延しがちです。ロータリー年度では、さながら「8月病」。今月が会員増強月間なのは、仲間を増やして「8月病」を忘れましょう、とのRIの意向かと。お盆明けも引き続きロータリーを楽しみましょう。

 さて、8月に特別な思い入れのある方は、特に私の世代には多いことでしょう。私は11歳のとき、地元の岐阜で終戦を迎えました。
 この稿を借りて、妻を紹介させてください。


 妻の父親は、広島で被爆し、翌日亡くなりました。
 優秀な医師だったそうです。岡山県内で開業していましたが、出向いた先での被爆でした。母親はその前に亡くなっているため、昭和20年8月7日から妻たち4人の兄弟姉妹は、親のいない苦労を背負うことになりました。
 だからといって妻は、原爆を落とした米国を悪く言うことはありません。それどころかロータリー青少年交換事業では、米国からの受入学生のホストファミリーを積極的に引き受けてきました。驚くほどの溺愛ぶりで。

 妻にとって、原爆を落とし、父親を奪った敵国の娘たちです。彼女たちは「お母さん」の生い立ちを知りません。交換学生といっても高校生。話せばショックは如何ばかりかとの配慮かと思っていました。が、「ただ話すのが面倒だっただけ」と妻は片付け、それよりも翌日学校へ持って行く弁当のおかずに頭を悩ませます。

 妻は、英語が不得手です。それを有効活用し、原則、日本語で話しかけます。大きな声で、はっきりと。日本語がわからないはずの学生に、これが不思議と通じます。日常生活は、それで不自由しません。意思の疎通も図れます。同時期に来日した学生のなかで、我が家で預かった子がもっともきれいな日本語を話したことも。中途半端に英語を使われるよりも、より多くの日本語を覚えることができたと、このホストマザーの評判は頗るよかったものです。

 私も、英語は不得意です。これまで百数十カ国・地域を訪れました。英語が喋れれば、現地の様子もより深く理解できたかもしれません。では英語が流暢ではないから危険に晒されてばかりかといえばそうでもなく、うまい具合に毎回安全に帰国しております。
 英語がわからないというのに、GSE委員や国際友好委員長など海外と接する役回りを仰せ付かってきました。英語が使えれば、委員会活動にもっと貢献できたかもしれません。が、こうした委員会には必ず語学堪能なロータリアンがいらっしゃるものです。英語ができないなりに、国内向けの仕事もまた委員会にはたくさんございます。微力ながらお手伝いできる場面は意外にあるものです。英語ができなければ国際奉仕や財団の活動には寄与できないという先入観は、おかげで取り払われました。

 ガバナーは英語が喋れなければ務まらないという思い込みも、サンディエゴの国際協議会で払拭できました。でも、やはり、喋れるに越したことはありません。世間話程度でいいので。

 先月、洞爺湖でサミットが開かれました。交通規制で動き辛かろうと、公式訪問は思い切って大幅にずらしました。そのため、例年地区大会までに終える行程も、年末近くまでずれ込みます。あわてて回るよりも、ゆっくりみなさんとお話できるよう、スケジュールを組んでみました。
 多くのガバナーが安堵感からか、地区大会を終えた直後に体調を崩すそうです。大会後も公式訪問が続く今年は、体力維持が個人的重要課題です。74歳の年相応にケアしてはきておりますが、身体によい取り組みがございましたらガバナー事務所までご一報ください。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午前 会長、かなり長話。経理。会長、再びかなり長話。
午後 営業課長、技術次長。
桑園連合町内会「七夕ローソクもらい」。

帰社。
 
秋田の旭南高砂堂「山ぶどうせんべい」、湯沢・くらたの「小豆小町」 と 金萬
夕方 会長。

[PR]
by top_of_kaisya | 2013-08-07 18:26 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/20594845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。